お気に入りに追加
井澤 わかな弁護士

( いざわ わかな ) 井澤 わかな

ANESYS法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

奥様がグループホームに入所されるに至った経緯も大事な気がします。 (その経緯が現在解消されている/解消の目処が立ったのであれば、 在宅に戻ることも選択肢でしょうが、 そうでない場合、そもそも在...

回答日 2020年01月18日 11:52
この回答がある質問
行政事件

◆病気になられたのが、20歳を過ぎてからということなので、 ①加入要件、②納付要件、③障害程度要件を満たすことが必要になります。 本に書いてあったのは、①②の話だと思います。 ①は、初...

回答日 2019年10月22日 10:30
この回答がある質問
医療

延滞税は、「納期限に遅れた場合、法定納期限の翌日から完納する日まで」で計算して課せられる税金になります。 (一方相続税は、本税と言われる、借金でいうところの元本のような部分と思って頂ければと思いま...

回答日 2019年10月11日 08:30
この回答がある質問
遺産分割

詳しくは、社会保険労務士さんか年金事務所にてお尋ね頂くべきテーマだと思いますので、ごく簡単に書かせて頂きます。 >障害年金というのは、年金にプラスして受け取れるものなのでしょうか? ...

回答日 2019年10月05日 06:56
この回答がある質問
医療

現在求職中とのことなので、近いうちに就職先が見つかりそうで、月々の支払の目処が立つようであれば任意整理というのも選択肢かとは思います。 ただ、見つかっても収入額が思ったほどの金額にならないなど...

回答日 2019年09月30日 03:11

◆1、日常住んでいないと思われる住所地に、調停を、申し立てるか、それとも初めから審判にしたほうが良いか、どうか。  ご自身の住所地管轄の家庭裁判所への申立ては避けたいということですし(審判...

回答日 2019年09月16日 04:49

>税金関係や控除の申請ができるものとそうでないもの この辺りは、おっしゃる通り、国保なのか会社の健康保険なのか、扶養に入っているのか入れているのか等々いろんな角度から検討→判断なさる必要...

回答日 2019年08月29日 14:40

成人してしまえば、ご両親はそもそも成人したお子さんの親権者という立場ではなくなります(あくまで「父」「母」なだけです)。 なので、成人後に相談者さんが何か手続きを行うときは、全てご自身で行うの...

回答日 2019年08月28日 08:38

◆公正役場で再婚相手の方にすべての財産を相続させるという公正証書遺言を作成されたということかと思います。 ◆改正前に「遺留分減殺請求権」と言われていたものは、「遺留分侵害額請求権」というものに...

回答日 2019年08月23日 12:06

文字を書けない場合には、金融機関に代書等で可能か確認されてみて下さい。 「書く必要を理解出来なくて嫌がったら?」となってくると、判断能力がかなり低下されているかもしれないので、お母様にも成年後...

回答日 2019年08月16日 08:53

◆・・・母は通帳に80万程の貯金を持っていました。 お母様本人(か、相談者さんが委任を受けて)、金融機関で残高証明と取引明細を入手されるとよいと思います。 ◆・・・父親の貯金は兄が成...

回答日 2019年08月16日 08:03

◆お父様が義母(再婚相手の方)に自分の財産を全て残したいという気持ちで遺言を残されて、亡くなるまでの間に書き換えられたりしなければそのようになります。 ◆もし、全ての財産を義母(お父様の再婚相...

回答日 2019年08月04日 14:38
この回答がある質問
相続 権利

旦那さんの年金の種類等によっては該当しないこともあるので、繰り返しになりますが、詳しいところは年金事務所等で確認されて下さいね。

回答日 2019年07月25日 11:20
この回答がある質問
労災

◆相談者さんが遺族年金を受給できる可能性はあります。 ◆社会保険については息子さんの扶養家族にしてもらっているとのことですが、「主人の労災と障害年金で生活をしてます」ということなので、相談者さ...

回答日 2019年07月25日 07:15
この回答がある質問
労災

◆解雇というのは、使用者側からの一方的な労働契約の解約なので、今回は「退職」を勧められたという段階なので、退職勧奨だったかと思います。 ◆「解雇理由証明書」は解雇のときに請求できるものなので、...

回答日 2019年07月23日 06:28
この回答がある質問
転籍

過去の判例をベースに国土交通省が作成して公表している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」などでも、まずタバコ等のヤニ/臭いは賃借人の負担となるので、支払うという方向になろうかと思います。 ...

回答日 2019年07月22日 06:30
この回答がある質問
敷金・退去費用

◆第三債務者が複数ということで、可能です。 ◆第三債務者が複数の場合の書式のサンプルは、こちらが参考になるかと思います。 旭川地方裁判所・旭川家庭裁判所のサイト↓ http://www...

回答日 2019年07月18日 06:44
この回答がある質問
強制執行

◆出入国在留管理庁のHPのQ&AのQ7をご覧頂くとよいと思います。 ↓ http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyuu/qa.html ◆経済的な...

回答日 2019年07月14日 07:25
この回答がある質問
国際・外国人問題

遺留分侵害額の請求に変わりましたので(以前の遺留分減殺は物権的効力があるとされていましたが)、書かれているようなことにはなりません。 前制度の判例と同じように考えれば遺留分を侵害する限度で失効...

回答日 2019年07月05日 09:55
この回答がある質問
遺言書

◆婚姻期間20年・・・という話であれば、持戻し免除の意思表示の推定のことをおっしゃっているのかなと思います。 ◆婚姻期間が20年以上の配偶者から居住に供する建物またはその敷地の遺贈/贈与がされ...

回答日 2019年07月04日 16:05
この回答がある質問
遺言書

◆2019年7月1日以降に発生した相続については、遺留分減殺請求→遺留分侵害額請求という形に変わります。 もし、御主人のプラスの相続財産が御自宅しかない場合で、妻である相談者さんにその御自宅を...

回答日 2019年07月04日 03:06
この回答がある質問
遺言書

児童扶養手当については、昨年、支給制限に関する所得の算定方法に改正があっています。 なので、一番確実なのは、御実家のある地域の市区町村の担当部署に問合せをされることです(子育て支援課といった名...

回答日 2019年07月03日 05:32
この回答がある質問
扶養手当

◆書かれているとおり、養子養親共に御存命の場合、単独で離縁は出来ません。 協議離縁の場合、養子の方がすでに15歳になってらっしゃるということなので、相談者さんと養子の方で養子離縁届を作成して提...

回答日 2019年07月02日 04:56
この回答がある質問
認知・親子関係

詳しいところは、改めてソーシャルワーカーさん(や主治医の先生等)に尋ねて頂きたいところですが、一応回答致します。 ◆まず、この150日というのは、標準的算定日数のことだと思います。 ...

回答日 2019年06月30日 09:09
この回答がある質問
社会保険

相談者さんの方が祭祀承継者ということなので、それを指定する申立てではなく、まずは第三者を間に入れて何とかお話合いが出来るよう試みられた方がよいのではないかと思います(例えば、代理人を立てて代理人から...

回答日 2019年06月27日 19:28
この回答がある質問
回収方法

◆お位牌は、祭具の一つで、祭祀財産と呼ばれています。 ◆祭祀財産は、「祭祀を主宰すべき者」が承継するとされていて、「祭祀を主宰すべき者」は、被相続人の方が指定したり、ご実家の地域の慣習などで決...

回答日 2019年06月27日 07:48
この回答がある質問
回収方法

◆1について 全額自己負担ではなく、親御さんの受診に当たり 保険で負担した部分の返還を健康保険組合/協会けんぽに求められると思います。 (本来支払う必要のない医療費を支払っているということ...

回答日 2019年06月26日 05:33

◆任意後見監督人の方を解任するということも選択肢とは思います。 ◆任意後見人を解任されれば、関係を切ることは出来ますが、辞任ではありません。 任意後見監督人選任後ですので、本人さんか相談...

回答日 2019年06月24日 10:52

◆成年後見と未成年後見でだけ利用できるものとされていて、保佐/補助/任意後見では利用できないものとされているためです。 家裁のパンフレットはこちら↓ http://www.courts.go.j...

回答日 2019年06月24日 06:29

◆お母様に法律婚をされた配偶者の方がなく、また遺言もないという前提であれば、 お母様の財産は、お子さんである相談者さんと妹が相続人として相続することになります。 (各2分の1ずつです) ◆...

回答日 2019年06月19日 08:12
この回答がある質問
相続財産

1 - 30 件を表示/全 267 件

井澤 わかな弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5438-1355
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
  • 土曜09:00 - 16:00
定休日
日,祝
備考
メールでの問い合わせは曜日・時間を問いませんが、即時返信が出来ない場合もございますのでご了承ください。
電話問い合わせにつきましては、受付時間中に外出や打合せなどで応答できないことが多いので、御用件を留守電に残して頂きますようお願いします。その上で、当方からの折り返しをお待ちください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
対応言語
英語