現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
芦塚 増美弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

医療問題1

福岡県4

( あしづか ますみ ) 芦塚 増美

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:6,690 件/匿名回答数:0件

後遺障害は最も軽い場合で14級となります。 後遺障害慰謝料は110万円です。

回答日 2021年03月03日 07:15
この回答がある質問
医療

乳児への点滴で、事故もありマスコミ報道されている事例もあります。 乳児の点滴漏れで壊死することもあり、定期的な観察を行うことが要請されています。 小児は、大人より多く観察する必要があります。たと...

回答日 2021年02月23日 07:40
この回答がある質問
医療

不倫では有責配偶者であり、3年での離婚は不可能です。ある程度、長期間の経過があれば、離婚請求も不可能ではないですが、有責では、なかなか、離婚は困難です。 3年の別居で、ただちに離婚成立ではないです...

回答日 2021年02月22日 20:11

被害届が出ていないので警察は捜査できないです。事件直後であれば、いったん、帰ってもらい被害者から被害届が出ることを警察が待つことがあります。 しかし、3週間の経過ですので、もう、警察が捜査する可能...

回答日 2021年02月22日 19:59
この回答がある質問
盗撮・のぞき

肺腺癌は見落としも多い症例です。 しかし、専門の医師であれば、肺腺癌を見つけることが可能です。 2018年、2019年のレントゲンを裁判所の証拠保全で獲得する必要があります。 レントゲンに肺腺...

回答日 2021年02月20日 08:36
この回答がある質問
医療

示談で解決する事例は少なく裁判となります。 裁判は、3年前後となります。 証拠保全の内容は、裁判で使われることもありますが、保全で得た証拠から訴状を作成します。

回答日 2021年02月13日 18:03
この回答がある質問
医療

2時間前に患者の氏名を伝えます。 2時間では、カルテの改ざんは不可能です。 カルテの枚数が膨大であり、裁判で必要な部分を2時間で特定することは不可能です。 医師も、他の仕事をしており、自分の本...

回答日 2021年02月12日 23:24
この回答がある質問
医療

問診票に糖尿病と記載し、採決のデーターも出していますので、医療過誤です。 切断であり後遺障害があります。 損害が多額です。 足指全部の切断 後遺障害慰謝料 8級 830万円 逸失利益 年収 ...

回答日 2021年02月07日 19:14
この回答がある質問
医療

法テラスで司法ソーシャルワークとして支援を行っている県もあります。 「法テラス  司法ソーシャルワーク」で検索して担当の県を探してください。 弁護士が相談に対応している県もあります。

回答日 2021年02月07日 16:41
この回答がある質問
医療

糖尿病から壊疽となっての切断であり、医療過誤の可能性です。 糖尿病は血糖状が高い状態です。血糖が高いので血管障害となり、動脈硬化となります。 酸素、栄養が血管で運ばれることが困難となり壊疽となり...

回答日 2021年02月07日 16:29
この回答がある質問
医療

1時間おきは、不自然です。通常、看護師は、2時間おきに見回りをしています。 2時間おきに看護記録に書く場合が多いです。2時間おきの記録をメモして、1日に、まとめて書くことは可能ですが、1日1回だけ...

回答日 2021年02月04日 20:26

医師は患者と診療契約を締結しています。医師の医療行為に注意義務違反があれば債務不履行となります。 治療後に患者に対して経過観察義務を怠る事例があります。 ガイドラインに違反があれば過失を認定され...

回答日 2021年01月30日 16:58
この回答がある質問
医療

病院は賠償保険に加入していますので、医療裁判では保険会社の弁護士が病院を担当します。 虚偽カルテや隠蔽は、事後の説明義務違反であり、損害賠償の対象となります。 色々な項目は、全部、訴状に記載して...

回答日 2021年01月30日 16:13
この回答がある質問
医療

カルテには加湿の有無、ガーゼ交換の有無等の記載は一切なしとあり、カルテに記載のないときは、医療過誤の可能性です。 医師、看護師は、治療の経過をカルテに記載します。カルテに記載しないときは、適正な治...

回答日 2021年01月30日 08:35

医療事故は、不法行為を理由にする場合、債務不履行を理由にする場合があります。 2020年3月31日の民法改正前までの事故は、不法行為3年、債務不履行10年の時効でした。 2020年4月1日以降で...

回答日 2021年01月30日 08:26
この回答がある質問
医療

C病院から回答は診療経過の確定に関する書証となりますので甲Aです。 甲Bは、医学文献です。裁判の対象となった事件とは無関係に作成された文献です。 甲Cは、損害を立証する源泉徴収票などです。 裁...

回答日 2021年01月30日 08:11

警察から元交際相手に、不起訴の後に、ストーカー行為をしないように注意がなされています。 元交際相手が、不起訴の後に、ストーカー行為をしたときは、警察が逮捕します。 ストーカー行為があったときは、...

回答日 2021年01月23日 11:36
この回答がある質問
ストーカー

病院が保険に加入していますので、保険会社に一任します。 医師を訴えても、賠償能力があるが疑問もありますが、病院では保険に加入ですので、支払いが可能です。

回答日 2021年01月09日 20:46

医療過誤では、医師個人ではなく、医師の所属する病院を訴えます。 民間病院では医療関係の法人を訴え、公立病院は自治体を訴えます。 被用者としての医師が所属する病院は使用者ですので使用者責任としての...

回答日 2021年01月09日 14:19

末期がんに対する治療が遅れていますので、遅れにより精神的苦痛を受けたことになります。 訴訟を検討することは可能です。

回答日 2021年01月03日 10:00
この回答がある質問
医療

期待権のことは、相当程度の可能性のことと思われます。民法では、医師の過失行為と損害に因果関係がある場合に病院に損害賠償義務があります。医療裁判では医師の過失行為と患者の損害に因果関係を認めることが困...

回答日 2021年01月02日 17:58
この回答がある質問
医療

胃腺腫は、胃がんとは違いますが、早期治療で切除することが多いです。 胃がんと区別できないこともあり、早期に切除方針です。 内視鏡的粘膜下層剥離術、つまり、ESDといって、開腹せず切除する方法があ...

回答日 2020年12月13日 16:23

尋問がなくても陳述書があれば証拠となります。 陳述書に記載があれば、陳述書全体についての反対尋問となります。 最初の尋問で、弁護人が当事者に対し陳述書の確認をしますので、主尋問で陳述書全体を話し...

回答日 2020年12月11日 07:12
この回答がある質問
裁判離婚

相手が主張しているA地点についても、陳述書に記載して、再度、説明をするべきなのでしょうか? 回答 相手が主張しているA地点についても、積極的に反論します。 積極的に相手の主張の矛盾などを反論しま...

回答日 2020年12月09日 21:41
この回答がある質問
裁判離婚

証拠説明書は必要です。 原本は、書証つまり、記載された意味内容が証拠となる場合の文書そのものです。 写しは原本を複写したものです。 領収書は、原本となります。 病院の領収書は作成名義人は病院...

回答日 2020年12月06日 20:53
この回答がある質問
民事訴訟(簡易裁判所)

製造物責任法は、リコールを免責事由としていないです。 リコールがあっても、製造段階で製造物の欠陥があったことには間違いないです。 医療機器も製造物責任法の対象であり、身体に係る被害が生じたときは...

回答日 2020年12月06日 15:40
この回答がある質問
医療

戸籍謄本は、甲Cとなります。相続の根拠となりますので必ず提出します。

回答日 2020年12月06日 15:22
この回答がある質問
医療

枚数が多いときは報告書形式も可能です。枚数が多いと法廷で証拠を確認する時間がないからです。全部をコピーして、ページ数字を記載して、病院代 交通費の報告書とします。 甲10として、それぞれのページに...

回答日 2020年12月06日 15:20
この回答がある質問
民事訴訟(簡易裁判所)

改正前の事故は、改正前の法令が適用です。

回答日 2020年12月05日 19:51
この回答がある質問
医療

後遺障害は、医師でないと判断できないです。 医師に後遺障害診断書の検討を依頼ください。 事前認定が適切と思います。

回答日 2020年12月05日 19:51
この回答がある質問
後遺障害認定

1 - 30 件を表示/全 6,685 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

芦塚法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5288-2341

※芦塚法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
平日午前9時から午後6時までは電話対応可能です。平日は事務が対応します。土日に最初の連絡をするときは弁護士ドットコムのメールに問い合わせしてください。事前に連絡あれば土日祝日に面談可能です。
ホームページ https://ashizuka.p-kit.com/

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談