現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
吉浦 勝正弁護士

( よしうら かつまさ ) 吉浦 勝正

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:85 件/匿名回答数:0件

慰謝料の金額は様々な事情を総合考慮して検討しますので一概には言えませんが、一般的な金額としては高い印象を受けます。

回答日 2020年04月30日 14:11
この回答がある質問
不倫慰謝料

期限は判決文には記載されません。 弁護士に給与差し押さえの手続きを依頼することは可能です。

回答日 2020年04月27日 17:05
この回答がある質問
給料

住宅ローンの契約内容次第ですが、債務者(借主)がローン対象の住宅に居住していない場合、これまで通りの分割払いではなく、残額一括払いになるという契約条項が入っているケースが多いと思います。

回答日 2020年04月27日 15:08
この回答がある質問
別居

離婚の際に住宅ローンの支払いについて一度は合意した以上、相手方の同意があれば新たに合意書を作成する等して変更することも可能ではありますが、現実的にはなかなか困難なのではないかと思います。 一方...

回答日 2020年04月24日 10:42

回答せずにいた場合、訴訟等の法的手続きを執られると思いますので、一度電話をして弁済したという事情を伝えた方がいいと思います。

回答日 2020年04月23日 17:07

労働者には退職の自由がありますし、解約の申し入れ後2週間で終了するとの民法の規定に違反する就業規則は無効であるとする裁判例もありますので、退職が難しいということはないと思います。 確かに1月以...

回答日 2020年04月23日 12:04
この回答がある質問
窃盗・万引き

就業規則で特段の定めがないのであれば、期間の定めのない雇用契約については、解約の申し入れ後、2週間で終了することとなっており、会社の同意がなければ退職できないというものではありません。 一切引...

回答日 2020年04月23日 10:38
この回答がある質問
窃盗・万引き

そうです。法テラスや弁護士会の法律相談でもいいと思います。

回答日 2020年04月21日 15:08
この回答がある質問
不倫慰謝料

当人同士のでやりとりでも問題はないのですが、金額が妥当かどうか、合意するにしても合意条項に問題がないかどうかを、念のため事前に弁護士に相談して確認した方がいいと思います。

回答日 2020年04月21日 11:56
この回答がある質問
不倫慰謝料

取り消される可能性はあると思います。 もっとも、その場合、過去の貸付に関する個別の返済義務は残っておりますし、過去の貸付について取り消されたとしても、法律上の原因なくお金を受け取っていることになり...

回答日 2020年04月20日 13:45
この回答がある質問
契約・借用書

反復更新の実態などから、実質的に期間の定めのない契約と変わらないといえる場合や、雇用の継続を期待することが合理的であると考えられる場合、雇止め(契約期間が満了し、契約が更新されないこと)をすることに...

回答日 2020年04月20日 13:39
この回答がある質問
解雇

東京都では各区が設けている緊急融資があると思います。また社会福祉協議会による貸付や、中小企業庁のセーフティーネット、現在検討中の持続化給付金を受け取れる可能性もあると思います。 日々情報が更新...

回答日 2020年04月20日 13:28

まずは警察に相談してみるといいと思います。 また、電話番号が分かっていれば、弁護士に依頼してその契約者を特定できる可能性があり、損害賠償請求等を行える可能性もあります。

回答日 2020年04月19日 18:47
この回答がある質問
インターネット

相続財産を「処分」すると法定単純承認となり、相続放棄が出来なくなってしまいます。 相続財産から葬儀費用を支出することは社会的見地から不当なものではなく、ここに言う相続財産の「処分」にあたらないとし...

回答日 2020年04月17日 16:37
この回答がある質問
相続放棄

中絶は、女性が直接的に身体的及び精神的苦痛にさらされるとともに、その結果から生ずる経済的負担をせざるを得ないことになりますが、男性が女性と共同で行った性行為でこのような結果に至っていることから、男性...

回答日 2020年04月17日 13:23

親権を渡したくないのであれば、離婚したいなら親権を譲るよう交渉すべきだと思います。 奥様の不倫が原因で夫婦関係が破壊されたのであれば、奥様は有責配偶者となります。判例上、有責配偶者からの離婚請求は...

回答日 2020年04月17日 11:09
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 罪名というのは刑事事件において成立する犯罪を意味します。刑事事件については検察官が起訴する権限を持っておりますので、当事者であろうと刑事事件を起こすことは出来ません。 それを前提として、あり...

回答日 2020年04月17日 10:36
この回答がある質問
労働裁判

これ以上の金銭的負担を防ぐという意味では、まずは現在依頼している弁護士に作業を促した方がいいでしょう。弁護士が放棄という状態とのことですが、執行先を特定するためには依頼者からの情報がないとなかなか難...

回答日 2020年04月16日 11:51

民事執行法が改正され、人の生命若しくは身体の侵害による損害賠償請求権についての債務名義を有している債権者が裁判所に申し立てることによって、裁判所が、市町村、日本年金機構または厚生年金の実施機関に対し...

回答日 2020年04月14日 18:14

親権は、どちらの親が育てた方が、より子供が健全に成長できるかという観点で判断されます。 そのための考慮要素として、どちらの親がこれまで子供をより主体的に監護していたか、どちらの親が育てた方が子供の...

回答日 2020年04月14日 09:00
この回答がある質問
親権

障がいがあったとしても、これまで主として子供を監護し、離婚後も子供を監護養育することが出来るのであれば、親権が認められる可能性は十分にあります。 夫との共同生活が耐えられないのであれば、子供を...

回答日 2020年04月13日 14:30
この回答がある質問
親権

診断書や損害の見積書であれば、コピーであったとしても問題はないと思います。

回答日 2020年04月10日 12:00
この回答がある質問
通常訴訟

「被告が提出時期を1週間早めてくれたら、次回期日までに原告からの反論も提出できるが、いかがなものか」との意見は当然のものですので、不作法ではありません。 期限を守らない(特に期日を飛ばす)こと...

回答日 2020年04月10日 11:55
この回答がある質問
準備書面

①②について 再婚し、再婚相手とお子様が養子縁組をした場合、お子様の第一次扶養義務者が実父から養父になります。実父に養育費を請求できるのは、養父が無資力その他の理由により十分に扶養義務を果たせない...

回答日 2020年04月09日 18:24

夫が離婚訴訟をしてきた場合、財産分与や養育費についても請求の内容となっているのであれば、訴訟の中で解決することになります。もし請求の内容に含まれていなければ、奥様からも離婚訴訟を提起していただく必要...

回答日 2020年04月08日 17:04
この回答がある質問
財産分与

弁護士に依頼することにより、婚姻費用の減額の幅を小さくするといった成果が生じることはありますので(例えば、婚姻費用を下げるためにあえて仕事を辞めたケースなどでは、場合によっては減額が認められないこと...

回答日 2020年04月08日 17:01
この回答がある質問
婚姻費用

いずれも証拠になると思います。 もっとも、今回のようなケースは、仮に裁判で勝ったとしてもどうやって回収するかが問題となるでしょう。 本来相手方の親は何ら義務を負わない立場ですので、そのよ...

回答日 2020年04月08日 16:47

1について 有責配偶者(夫婦関係が破綻したことについて責任のある配偶者)からの離婚請求は原則認められませんので、積極的に申し立てていないのかもしれません。 2について 罪にはなりません。 ...

回答日 2020年04月07日 18:14
この回答がある質問
調停離婚

地方自治法153条1項という法令の根拠に基づき、弁護士でない職員が代理人になることが認められております(法令による訴訟代理人)。 弁護士代理の原則が問題となるのは、このような法令による訴訟代理...

回答日 2020年04月07日 14:17
この回答がある質問
行政事件

代理人の人数制限はありませんので、行政側の指定代理人が7人いたからといって民法90条違反にはならないと思います。 一般に、市や国を訴えた場合は多数の指定代理人が就きます。

回答日 2020年04月07日 11:48
この回答がある質問
行政事件

31 - 60 件を表示/全 85 件

吉浦 勝正弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5258-8780
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前にお問い合わせ頂ければ、平日の早い時間、夜間や休日の対応も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
新型コロナウィルス対策のため、初回から電話・オンライン相談も可能です。
メールフォームからは24時間ご予約を受け付けております。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談