弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

若林 侑弁護士 わかばやし ゆう

若林 侑弁護士

きみさらず法律事務所

千葉県木更津市清見台東3丁目18番6号
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:203 件/匿名回答数:0件

公正証書にするには、双方の合意が必要ですから、頻度で折り合いがつかないのならそもそも公正証書は作成できません。 もっとも、面会交流条項を離婚協議書に入れる場合、「月1回程度、方法等は双方で逐次...

回答日 2015年03月28日 00:53
この回答がある質問
養育費

残念ながら法律上の「不貞行為」にはなりません。 法律上の離婚原因である「不貞行為」は性行為があったかどうかという1点だけです。 もっとも、性行為がなくても「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあ...

回答日 2015年03月28日 00:45
この回答がある質問
不倫

>もし、待ち伏せや強引に子達を連れ去れば、それは犯罪ですか? まちぶせというつきまとい行為が複数回続くのであればストーカーであるとしてストーカー規制法上の警告の対象になりますし(この警告を無視...

回答日 2014年08月28日 15:03

あなたは刑事事件の加害者ですから、刑事事件を得意分野とする弁護士をインターネット等で探すか、あなたが住む地域の弁護士会の法律相談センターにご相談されてもいいと思います。 もっとも、後者の場合は...

回答日 2014年08月28日 14:52
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

そういうのはトラブルのもとですので、弁護士以外の第三者を挟まない方がいいです。親族もできることなら間に入れることは避けた方がいいです。 刑事手続は時間の問題なので、悩んでる時間はありませんよ。

回答日 2014年08月28日 14:15
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

あなたがすべきなのはただ1つです。 弁護士に依頼して、逮捕される前に示談をまとめてもらうこと以外ありません。 強姦罪は法定刑も重いので、このまま被害者の気持ちが変わらないままだとあなたは逮捕...

回答日 2014年08月28日 14:03
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

退職できるかできないかは退職届を出したか出さないかという問題で、離職票はやめた後に失業保険がもらえるかもらえないかという問題で、別個の問題なので、書類の授受はやめるかやめないかという問題には関係ない...

回答日 2014年08月28日 13:59
この回答がある質問
退職届・退職願

法律上は、養育費をもらうことと、面会交流をさせるかどうかの話は別です。 ですので、子どもたちに面会交流をさせたくないのであれば、面会交流禁止の調停を申し立てるしかないでしょう。家庭裁判所の事件...

回答日 2014年08月28日 13:45

別居は勝手にするものですから、あなたが家を出ればいいだけの話です。 婚姻費用については、支払う方ともらう方の年収比で毎月支払われる額が裁判所の相場で決まっています。 適正額にしてもらいたいな...

回答日 2014年08月28日 13:40
この回答がある質問
婚姻費用

私は弁護士の方がいいと思います。 「大筋の合意」というのはどの程度の合意なのかわかりませんが、公正証書を作成するなら「煮詰まった合意」でないと意味がありません。 その煮詰まった合意をすることが当...

回答日 2014年08月28日 13:37
この回答がある質問
婚約破棄

サインをすると言うことはあなたもその書面に書かれた内容に合意すると言うことですから、したくなければしなければいいです。 しかし、守秘義務については一部の情報は労働契約の余後効としておわされるも...

回答日 2014年08月28日 13:30
この回答がある質問
誓約書

法律的には、退職の意思表示から2週間経過すると、退職の効果が生じます。 なので、あなたがやるべき手続きは、退職の意思表示=退職届の提出です。 ですので、すでに退職届が受理されてから2週間経過...

回答日 2014年08月28日 13:05
この回答がある質問
退職届・退職願

私以外の多くの先生方もおっしゃっている通り、インターネット法律相談には限界があり、このご相談はインターネット法律相談では解決することは難しいと思います。 インターネット法律相談で解決できるのは...

回答日 2014年08月27日 15:30

別居期間はあくまで同居期間との比較ですから、あなたが何年同居していたかにもよります。 あなたが同居していたのが2年半以下なら、別居が離婚事由として認められる可能性が高いでしょう。

回答日 2014年08月27日 13:07

その退職時の合意条項が有効か無効かで、あなたが損害賠償義務を負うか負わないか決まってきます。 退職後の競業避止規定の有効性については、裁判例上、(1)使用者の正当な利益の保護を目的とすること、...

回答日 2014年08月27日 12:52

すでに別居はされていて、以前旦那さんと一緒に住まれていた家に残してきた荷物を、現在そこに住んでいる旦那さんに内緒で取りに行く、ということですかね。 もしそうだとすると、あなたはすでに別居をして...

回答日 2014年08月27日 12:19

就業規則>個別の雇用契約>民法です。

回答日 2014年08月27日 10:23
この回答がある質問
就業規則

まず、慰謝料については、相手が行った所為に関して責任をとってもらうものですから、相手の収入は関係ありません(回収できるか、という議論は別です) 養育費については、権利者(あなた)と義務者(旦那...

回答日 2014年08月27日 10:19
この回答がある質問
養育費

具体的な証拠関係の問題なので、それも含めて弁護士に相談すべきだと思います。 参考までに申し上げるとすると、あなたがたにそのようなことを彼が言ったということは婚約があったと推定する1つの事実には...

回答日 2014年08月26日 17:47
この回答がある質問
中絶

現在の労働条件については口頭ではあるものの合意はあるんですよね。 そうすると、今回は労働条件の変更が明らかなので、雇用契約書の有無はこの件に関しては関係ありません。 ただ、あなたもおっしゃる...

回答日 2014年08月26日 16:49
この回答がある質問
労働時間

いくら請求するかも含めて、弁護士にご相談に行かれることをおすすめします。 おうかがいした事情からだと、私も100万円がひとつの基準になると思います。 私が弁護士に相談に行った方がいいのではと...

回答日 2014年08月26日 16:39
この回答がある質問
中絶

(労働契約の内容の変更) 第八条  労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。 とのことなので、あなたが変更を受け入れたくないのなら、合意がと...

回答日 2014年08月26日 16:27
この回答がある質問
労働時間

古川先生のおっしゃる通り、相手方に代理人が就いているのであれば、代理人に連絡でしょうね。 それでも、ダメなら預金を差し押さえたり、何も財産がなさそうなら給料差押えとかをしなくてはいけませんかね...

回答日 2014年08月25日 15:40
この回答がある質問
婚姻費用

>不倫相手の名前や電話番号、勤務先は分かっていて、一人で女性センターの弁護士相談に行った時にメールでのやり取りやプリクラの証拠を見ていただいて、不貞行為は立証できると言われました。 私はど...

回答日 2014年08月25日 13:27
この回答がある質問
不倫

パワハラについての損害賠償、残業代請求など検討できると思います。 最初から訴えるのではなく、普通は示談交渉から始めますから、示談交渉だけ弁護士に依頼されるのも1つの方法かと思います。 示談交...

回答日 2014年08月21日 16:23

誤解を招くような書き方をしてしまいました。 私が回答をさせていただいたのは、質問者の方のお話を前提とすると=事実だったとすると・・・という意図で書かせていただきました。 ですので、慰謝料の減額要...

回答日 2014年08月21日 11:03

いくらくらいというか、あなたがその女性と不倫をした時点で相手女性の家庭が崩壊していたかどうかどれだけ主張立証できるかがポイントだと思います。 それがうまく主張立証できなかった場合、いくらくらい...

回答日 2014年08月21日 10:05

その緊急のことがなんなのかにもよると思いますが、弁護士からまだ受任通知が来ていないのなら、接触はしても大丈夫です。 しかし、直接会いに行くのはトラブルのもとですから、とりあえず手紙を送ってみて...

回答日 2014年08月20日 11:49
この回答がある質問
別居

まず、前提として養育費を上限いっぱいもらうことは(弁護士が入ったとしても)かなり難しいことであることを心得て下さい。 婚姻費用が7万円ということは、おそらくこのマトリックスでいうと相場は6万円から...

回答日 2014年08月20日 11:05
この回答がある質問
養育費

養育費は、お子さんたちのためのものですから、不払い約束があったとしても、請求が認められる場合がおおいです。 >養育費を請求する場合は調停を申し立てれば良いのでしょうか? 元妻が養育費の支払い...

回答日 2014年08月19日 17:28

1 - 30 件を表示/全 203 件

きみさらず法律事務所へ面談予約
電話番号 050-5284-9258

※きみさらず法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
休業日の対応は応相談。
月2回程度土曜営業を行っておりますが(具体的な日にちは当事務所公式HPをご参照ください)、電話受付はしておりません。
平日の営業時間内にご予約をお願いいたします。
対応地域