お気に入りに追加
金原 光俊弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

交通事故9

千葉県3

( きんばら みつとし ) 金原 光俊

佐野総合法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

相談者様としてご納得されないのでしょうから、まずは裁判官に聞いてみてはいかがでしょうか。我々弁護士は、どうしても依頼を受けている事件ではない以上は、空想上の議論をすることしかできませんので。

回答日 2020年03月08日 16:30
この回答がある質問
通常訴訟

警察が動く可能性を完全に否定することができる弁護士は存在しないと思われます。 お困りのことかと思いましたので、一般論の限りで恐縮ではございますが、回答させていただきました。

回答日 2020年03月08日 16:25
この回答がある質問
犯罪被害

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 良い解決になるよう祈念いたします。

回答日 2020年03月08日 16:17
この回答がある質問
無免許運転

>うっかり失効が認められる可能性が高いケースなのでしょうか? →判断権者があくまで捜査機関ですので責任は持てませんが、うっかり失効に必ずならないわけではないとは思われます。 ご不安な気持ちは...

回答日 2020年03月08日 15:48
この回答がある質問
無免許運転

暴行罪には2年以下の懲役刑も法定刑として存在しますので、刑訴法217条の軽微事件には直ちに該当しません。大変失礼いたしました(先程の回答は訂正いたします。)。 もっとも、無用なトラブルを避ける...

回答日 2020年03月08日 15:34
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

一つ付言しておくと、相談者様と相性の合う弁護士に出会うためには、他の方を見ていますと、1回の無料相談だけでは足りないように思います。せっかく相談者様は弁護士ドットコムに出会えているのですから、弁護士...

回答日 2020年03月08日 15:26
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

お気持ちはお察しいたします。 不当調停を理由とする損害賠償請求は理屈上不可能ではありませんが、大変なハードルかと思われます。したがいまして、本当に迷惑料を請求したいのであれば、お近くの弁護士に直接...

回答日 2020年03月08日 15:06
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 良い解決になるよう祈念いたします。

回答日 2020年03月08日 14:55
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

>1,反省文を自分なりに作成し、検察庁へ提出した方がよいのでしょうか? →反省文を提出して良い評価になる保証はできませんが、頭の整理にもなりますから、やらないよりかはやってもよいでしょう。 ...

回答日 2020年03月08日 14:52
この回答がある質問
窃盗・万引き

既に回答がありますとおり、こちらから案を出して、相手方のアクション待ちにしておくのが無難なのではないかと思われます。 費用対効果の問題はありますが、あまりにご不安であれば、お近くの弁護士に直接面談...

回答日 2020年03月08日 14:51
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 良い解決になるよう祈念いたします。

回答日 2020年03月08日 14:49

既に回答がありますので、私からは補足で申し上げます。 期間は長すぎるわけではありませんが、少し遅めな気がします。 弁護士に依頼しているのであれば、相手方保険会社に催促してもらうよう依頼してく...

回答日 2020年03月08日 14:47
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

既に回答がありますとおり、あくまで調停当事者は加害者本人です。 また、調停ともなれば第三者が介在しますので、相手方が誰であるかはさほど気にされなくても良いように思われます。 お困りのことかと...

回答日 2020年03月08日 14:46
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 相談者様にとって相性の合う弁護士に出会えることを祈念いたします。

回答日 2020年03月08日 11:27

>①被害回復をしていると示談交渉はもう出来ないのでしょうか。 →できないわけではありませんが、相手方次第なところがあります。 >②今から詐欺被害者の保険会社と窃盗被害者の方に示談をする事が出...

回答日 2020年03月08日 11:22
この回答がある質問
詐欺

既にあります回答に補足しますと、そもそも調停までこちらから提起せずに放っておくことも選択の1つです。あくまで債務額確定調停は最終手段とお考えいただいた方が良いでしょう。

回答日 2020年03月08日 11:21
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

既に回答があるものに補足致しますと、犯行原因を徹底的に分析させて、どうしたらそういった原因に至らないようにするのかを考えることが肝要です。そのような思考を助けることも弁護人の仕事と考えます。

回答日 2020年03月08日 11:19
この回答がある質問
窃盗・万引き

>ちなみにその段階で私は保険料支払いも無くなりますよね? →これも望まれている回答なのかはわかりませんが、新しい買主の自賠責保険料まで負担することにはならないと思われます。あくまで事故時に存在した...

回答日 2020年03月08日 11:09

この度は、大変な思いをされていることをお見舞い申し上げます。 アルバイト先から休業損害証明書を書いてもらえれば、治療のために休業した日数を補償してもらえる可能性があります。金額につきましては、アル...

回答日 2020年03月08日 11:07
この回答がある質問
休業損害

和解案を提示している状況であれば、ある程度心証は形成しているでしょうから、ある程度は答えてくれるとは思います。もっとも、それが相談者様の望む回答になる保証は誰にもできません。 お困りのことかと...

回答日 2020年03月08日 11:03
この回答がある質問
通常訴訟

この度は、大変な思いをされていることをお見舞い申し上げます。 正当防衛に当たる可能性もありますので、逮捕されるようなことがあればすぐに当番弁護士の派遣を要請し、そうでなくとも、場合によってはお近く...

回答日 2020年03月08日 11:01

既に回答がありますとおり、まずは交渉にて解決を探りますが、どうしても交渉となると、慰謝料は裁判基準満額とはならないことも多くございます。 あとは、満額をめざして訴訟をしていくか、早期解決を求めて示...

回答日 2020年03月08日 10:58
この回答がある質問
交通事故

既に回答がありますとおり、理由書を取得してください。 その上で、事前認定の結果に対する異議申立てをすることも考えられますから、お近くの弁護士に直接面談にて相談の上、信頼できそうな弁護士に依頼するこ...

回答日 2020年03月08日 10:55

>これは事故当日を含めて翌々日に整形外科を受診した期間ということの3日間という意味なのでしょうか? →実際の資料を拝見しないとなんとも言えませんが、その可能性もあると思われます。 >このよう...

回答日 2020年03月08日 10:49

過失割合については、図面やミニカー等を用いて詳細に事情をお聞きしなければ、正確な判断をすることはできません。 お書きになった主張をすること自体は違法ではありませんので、主張されると良いかと思われま...

回答日 2020年03月08日 10:47

この度は、大変な思いをされていることをお見舞い申し上げます。 さて、過失割合については、図面やミニカー等を用いて詳細に事情をお聞きしなければ、正確な判断をすることはできません。 もっとも、直ちに...

回答日 2020年03月08日 10:44
この回答がある質問
過失割合

既に回答がありますとおり、拘置所には拘置所のルールがありますので、無駄にならないためにもお電話で問い合わせてみると良いと思いますよ。恥ずかしいことではありませんので、堂々とお聞きになってくださいね。...

回答日 2020年03月08日 10:42
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

>① 今回の場合 うっかり失効が検察官にも認められて無免許運転では無く一時停止の罰金や処罰だけで済む可能性が高いのでしょうか?それともやはり無免許運転の処罰になるのでしょうか? →お書きになってい...

回答日 2020年03月08日 10:41
この回答がある質問
無免許運転

>1)警察への報告義務ですが、事故現地の警察署に連絡をすればよろしいでしょうか。また、住んでいる県の警察署にも届けた方が良いのでしょうか。 →事故現地の管轄警察署にご連絡ください。住んでいる県の警...

回答日 2020年03月08日 10:38
この回答がある質問
器物損壊

望まれている回答なのかは分かりませんが、人身事故を起こした後に車を売却したとしても、適用される自賠責保険は相談者様の自賠責保険となります。 お困りのことかと思いましたので、一般論の限りで恐縮で...

回答日 2020年03月08日 10:32

91 - 120 件を表示/全 8,157 件

金原 光俊弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5289-9806
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
・電話が繋がる時間は、平日9時~17時となります。
・申し訳ございませんが、電話での法律相談は受け付けておりません。
・メール及びline(アカウント:@eca2777x)でのお問い合わせも可能です。
・事前にご予約戴ければ早朝・夜間・休日の相談もお受けできますが、初回相談でも相談料を戴きますので、ご了承ください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム