お気に入りに追加
金原 光俊弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

交通事故9

千葉県4

( きんばら みつとし ) 金原 光俊

佐野総合法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

あくまで交渉次第ですし会社次第というところもありますが、可能性が0というわけではありません。 したがいまして、お近くの弁護士に直接面談にて相談の上、信頼できそうな弁護士に依頼することをお勧めいたし...

回答日 2020年03月15日 11:53
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

そもそも、後遺障害逸失利益の計算方法については、 【基礎収入額×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数】 にて計算するのが一般的です。 基礎収入額については、事故が平成...

回答日 2020年03月15日 11:46
この回答がある質問
逸失利益

勤務中の事故の場合には、全額を負担する必要はありません。だいたい10〜30%相当分といわれていますが、ケースバイケースです。 会社からの請求に対して困惑されているようであれば、場合によってはお近く...

回答日 2020年03月15日 11:15

保険会社の計算方法については、保険会社独自が持っている任意保険基準があるものと思われますので、それに基づいているとしか言いようがありません。また、少なくとも現在どのような基準を用いているかについては...

回答日 2020年03月15日 11:13
この回答がある質問
逸失利益

既に回答がありますとおり、過剰な請求である可能性も否定はできません。 こじれるようであれば、お近くの弁護士に直接面談にて相談の上、信頼できそうな弁護士に依頼することをお勧めいたします。 お困...

回答日 2020年03月15日 11:07
この回答がある質問
休業損害

先方に詐欺の故意が認められれば別ですが、お書きになった情報だけでは、残念ながら虚偽であるとは認定しづらいように思われます。 もっとも、詐欺取消しにより示談金の回収なども場合によっては考えられますの...

回答日 2020年03月15日 11:05

既に回答がありますとおり、非通知ではないのが一般的かと思われますので、非通知の電話はひとまず無視をしておいて大丈夫かと思われます。 土日にもかけてくるかもしれませんので、気が気じゃないとは思います...

回答日 2020年03月15日 11:04

既に回答されている内容に補足いたします。 留保については、提出が極めて直前になった場合にも留保をすることがあります(内容の確認検討ができていないという理由です。)。この場合には、反論書面を事実上提...

回答日 2020年03月15日 11:02
この回答がある質問
準備書面

この度は、大変な思いをされていることをお見舞い申し上げます。 仮にお相手が怪我をしているとすれば、ひき逃げに該当する可能性があります。 今からでも事故現場を所轄する警察署に連絡をするか、ご自身で...

回答日 2020年03月15日 10:55

この度は、大変な思いをされていることをお見舞い申し上げます。 既に回答がある内容に補足いたしますと、ご家族であっても当番弁護士の派遣を要請することは可能ですので、警察署が所在する都道府県の弁護士会...

回答日 2020年03月15日 10:54
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

過失割合については、図面やミニカー等を用いて詳細に事情をお聞きしなければ、正確な判断をすることはできません。 一般論としては、動いている同士の事故ですので過失0は認められづらいと言われてはいますが...

回答日 2020年03月15日 10:51
この回答がある質問
過失割合

>1.家庭裁判暑に行きどのような内容のことを聞かれるのでしょうか →家庭裁判「所」です。警察ではなく裁判所です。裁判所でも事実関係を聞かれることが予想されます。 >2.大学に事件のことを知ら...

回答日 2020年03月15日 10:49

既にある回答に補足いたしますと、利益相反の関係から、これを相手方の代理人である弁護士に回答を求めるのは困難と言わざるを得ません。 また、ネット上の回答ではどうしても一般論としての回答にとどまってし...

回答日 2020年03月15日 10:44

資料がどの程度集まっているかにもよりますが、資料と時間さえあれば、数時間程度で損害額算定は可能です。 もっとも、結局は他の事件との関係でどの程度時間が取れるかによってきます。ご依頼している弁護士が...

回答日 2020年03月15日 10:42
この回答がある質問
後遺障害認定

刑事訴訟と民事訴訟とでは別ですので、刑事上どのような扱いになっているかとは別に、民事訴訟を提起すること自体は可能です。 もっとも、立正の難易や法的な見込み等がございますので、お近くの弁護士に直接面...

回答日 2020年03月15日 10:39

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 良い解決になるよう祈念いたします。

回答日 2020年03月14日 16:12

何度も何度も回答させていただいております。 既に回答がありますとおり、警察に確認をしたのであれば基本的には大丈夫だとは思いますが、どの弁護士も、何度ご質問いただいても、100%大丈夫とは申し上げら...

回答日 2020年03月14日 16:02
この回答がある質問
人身事故

弁護士に依頼しているのであれば、焦るお気持ちは分かりますが、弁護士に任せていただければと思います。当事者様が余計なことをして無用なトラブルになってしまうケースもございますので。 お困りのことか...

回答日 2020年03月14日 15:58
この回答がある質問
物損事故

身元引受人というニュアンスがなんなのかによりますが、恋人の親では身元引受人とならないように思われます。 お困りのことかと思いましたので、一般論の限りで恐縮ではございますが、回答させていただきま...

回答日 2020年03月14日 10:09
この回答がある質問
少年事件

警察の捜査内容については、弁護士が聞いても答えてくれない場合の方が多いので、警察次第としか言いようがありませんが、一般論としては可能性を否定することはできないように思われます。 お困りのことか...

回答日 2020年03月14日 10:01
この回答がある質問
インターネット

午後2時である可能性が高いように思われますが、裁判所の誤記である可能性もありますので、週明けにでも電話で確認されたほうが良いでしょう。 お困りのことかと思いましたので、一般論の限りで恐縮ではご...

回答日 2020年03月14日 09:58
この回答がある質問
調停離婚

過失割合については、図面やミニカー等を用いて詳細に事情をお聞きしなければ、正確な判断をすることはできません。 もっとも、ドライブレコーダー等の証拠があるのであれば、それをもとに理論武装をすることは...

回答日 2020年03月14日 09:52
この回答がある質問
過失割合

大変な思いをされていることはお見舞い申し上げますが、いずれにしてもお子さん次第のところもありますので、お子さんと面会するなどして、状況を把握していくほかないように思われます。

回答日 2020年03月08日 22:32
この回答がある質問
家事審判

相談者様と相性の合う弁護士はきっといるはずです。 良い解決になるよう祈念いたします。

回答日 2020年03月08日 21:47
この回答がある質問
労働

仕方ないことはありません。場合によっては、担当弁護士の事務所に代表者がいればその方に連絡をしてみたり、または弁護士会の苦情相談を受けてみたりすることも検討してはいかがでしょうか。 また、不信感を抱...

回答日 2020年03月08日 21:31
この回答がある質問
労働

>最初から軽度知的や、統合失調症、精神疾患で第三種に送致された場合は移動はありますか。統合失調症も治療が終われば移動になるのでしょうか? →治療が終わったと判断すれば、移動となる可能性はあるでしょ...

回答日 2020年03月08日 20:49
この回答がある質問
家事審判

>追加で質問なんですけど80キロオーバーの場合でもほぼ確定ですか? →職務の性質上「確定」とは申し上げられませんが、刑事裁判になる可能性の方が高いのではないかと予想されます。

回答日 2020年03月08日 20:15
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

この度は、大変な思いをされていることをお見舞い申し上げます。 賠償額を確定するためには、過失割合を確定した後に、実際にかかった治療費や通院期間に対応した慰謝料を算定する必要があります。 そし...

回答日 2020年03月08日 20:09
この回答がある質問
物損事故

自賠責保険は物損には対応していません。 このまま終わることに納得できないのであれば、相談者様も、お近くの弁護士に直接面談にて相談の上、信頼できそうな弁護士に依頼することをお勧めいたします。 ...

回答日 2020年03月08日 19:08
この回答がある質問
自賠責

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 良い解決になるよう祈念いたします。

回答日 2020年03月08日 17:10

61 - 90 件を表示/全 8,157 件

金原 光俊弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5289-9806
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
・電話が繋がる時間は、平日9時~17時となります。
・申し訳ございませんが、電話での法律相談は受け付けておりません。
・メール及びline(アカウント:@eca2777x)でのお問い合わせも可能です。
・事前にご予約戴ければ早朝・夜間・休日の相談もお受けできますが、初回相談でも相談料を戴きますので、ご了承ください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム