現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
石井 康晶弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

離婚・男女問題18

企業法務・顧問弁護士27

千葉県3

( いしい やすあき ) 石井 康晶

エバー総合法律事務所

現在営業中 10:00 - 21:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名9,995 件/匿名:0件

まずは調停で離婚の話し合いをすることになります。あくまで話し合いですので相手方が拒否すれば訴訟に発展します。その場合,貴女の場合は「婚姻を継続しがたい重大な事由」が認められるかどうかが大きな問題にな...

回答日 2015年12月02日 16:04
この回答がある質問
離婚届

先の話になりますが,縁組をしない場合は再婚相手の財産をお子さんが相続できません。

回答日 2015年12月01日 17:28
この回答がある質問
離婚・男女問題

身を守ることが最優先かと思います。警察に行かれるべきです。 解雇されるかどうかなど,不確定な事柄を心配していたら一歩も踏み出せません。 弁護士探しですが,暴力団関係者とのつながりを誇示しているなら,...

回答日 2015年12月01日 15:16
この回答がある質問
恐喝

罰金の可能性が高いと思われます。執行猶予は懲役刑になることが前提でして,その場合は正式裁判か即決裁判にかかりますが,可能性は罰金と比べて高くないと思います。 罰金には分納という手続が一応ありますが,...

回答日 2015年12月01日 14:59
この回答がある質問
盗撮・のぞき

収入に照らして負債が過大であり,支払不能であると判断されれば破産は可能です。その場合でも抵当権は実行され,土地は処分されることになります。

回答日 2015年12月01日 14:51
この回答がある質問
自己破産

調停委員がなぜ急かすのか判りませんが,応じる必要などありません。嫌なものは嫌と言えば良いのです。仮に訴訟になっても,わざわざ見に来る人などそう多くいるものではありません。 裁判所や相手方の声に惑わさ...

回答日 2015年12月01日 14:29
この回答がある質問
調停離婚

まず懲戒事由を定めていらっしゃいますか。定めていなければ今後対処できるように懲戒事由を定めましょう。 定めている場合であっても,いきなり解雇するのはリスクを伴いますので,軽い処分から段階を踏んで進め...

回答日 2015年11月30日 17:34
この回答がある質問
懲戒解雇

法的に増額を請求する権利まではないと思われます。逆から言えば相手に応じる義務はありませんので,取引上の力関係によって決まってしまう側面があると思います。

回答日 2015年11月30日 17:31

間違ってはいません。認知した以上養育費は支払う義務があります。話し合いで埒があかなければ調停を申し立てましょう。

回答日 2015年11月30日 15:57
この回答がある質問
養育費

心裡留保で無効である,という主張には相手方が真意を知り又は知ることが出来たという主張がセットでついてきますから,詐欺にはなりにくいのではないかという気が致します。

回答日 2015年11月30日 15:41

その場合ですと兄が相続人となります。

回答日 2015年11月28日 18:39
この回答がある質問
相続人

受付けはすると思いますが1回で終わるか,取り下げを促されるのではないでしょうか。そのような実例は知りませんが実益がないとは言えます。

回答日 2015年11月28日 18:34

結論から申し上げれば,いずれの方法も効果を期待できないというのが率直な意見です。 まず,特別抗告は憲法違反を理由とするもので現実味がありません。許可抗告は解釈上重要な問題をはらむようなときに限って許...

回答日 2015年11月28日 18:03

協調性欠如が具体的に何を意味するのかわからないので断言はしませんが,争う価値はあるでしょう。比較的早期に決着することが期待できる手続として労働審判があります。

回答日 2015年11月28日 17:56
この回答がある質問
解雇

請求額は500万円ですね。慰謝料は精神的苦痛に対する支払ですが,苦痛の程度は人によって違う上,形となって見えないものですから,裁判の公平を期するためどうしても「相場」というものが出来てしまいます。残...

回答日 2015年11月28日 17:39

車を売ったことは,運転自体見合わせるという意思の表示にはなりますので多少有利に働くでしょう。しかし,肝心なのは無免許運転をしたこと自体に酌むべき事情があるかどうかだと思います。違反歴も積み重なってい...

回答日 2015年11月27日 18:38

具体的な審理の日程はケースバイケースですので断定は出来ません。証人を何人呼ぶかといった事情も関わってきますので。 初犯でも猶予がつかないことはあり得ますが,ご相談の事案では付く可能性があるでしょう。...

回答日 2015年11月27日 18:31
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

否認しているとなると,(自称)被害者や目撃者の証人尋問を行う可能性があり,裁判が数ヶ月に及ぶ可能性もあります。判決で無罪が出れば当然家に戻れますし,有罪でも執行猶予が付けば戻れます。

回答日 2015年11月27日 16:52
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

弁償代にせよ迷惑料にせよ,財産分与や慰謝料の中で考慮するのが通常かと思われます。独立した費目を立てる実益は特にないでしょうから,その弁護士の意見に間違いは無いと考えます。

回答日 2015年11月27日 12:49
この回答がある質問
不倫慰謝料

決まった書式はありませんが,用紙のサイズはA4であるといいでしょう。署名・押印・作成日もつけてください

回答日 2015年11月27日 12:44
この回答がある質問
インターネット

立ち退き料を支払うことを条件にすることは実際によくあります。もっとも話し合いベースで決めることになりますが

回答日 2015年11月26日 18:48
この回答がある質問
退去

法テラスは猶予や免除の相談を歓迎しないかもしれませんので,対応に不満があれば担当弁護士にそうだんしてくださいね。

回答日 2015年11月25日 17:09
この回答がある質問
協議離婚

事前に了承があったから良いとは必ずしもなりません。 そもそも,そのような合意自体が公序に反して無効と判断される可能性がありますし,婚姻生活は通常長い期間にわたるものですから,時の経過によって気持ちが...

回答日 2015年11月25日 17:07
この回答がある質問
離婚慰謝料

法律上は書面が必要なわけではありませんが,通常は書面で通知すると思われます。ただ,退去は賃貸借契約の終了が前提となる行為です。契約がなくなったから住む権利がなくなった⇒でていってもらう,というわけで...

回答日 2015年11月25日 17:01
この回答がある質問
退去

出て行く必要はありません。ただ,猫の面倒を今もみてらっしゃるのでしたら,止めた法が無難でしょう。契約上のルール違反が長期間続けば,後々不利になる可能性があります。 修繕費の要求を恐喝と捉えのは一般的...

回答日 2015年11月25日 16:50

警察にいくほかないように思います。

回答日 2015年11月25日 16:33
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

相手が嫌で別居しているのではない,という点では仕事も子どもの通学等も同種といえるでしょうね。事情があっての別居ですので。 別居がいつからか,というのは「結婚当初から」ということになるでしょう。しかし...

回答日 2015年11月25日 16:31
この回答がある質問
別居

損害賠償請求は,金銭的な損害が発生していることが前提ですので,会社に損失がなければ賠償請求は認められません。実際には契約締結費用ぐらいは発生しているとは思いますが,訴訟などやっては赤字になるでしょう...

回答日 2015年11月25日 16:26
この回答がある質問
労働

通常であれば月5000円から1万円の範囲で分割返済し,相手方から受け取ったお金があればその中から返済(3年以内の期間で)することになりますが,法テラスの援助開始決定後に生活保護を受給開始したのであれ...

回答日 2015年11月25日 16:05
この回答がある質問
協議離婚

調停が不成立の時は審判に移行します。そこで改めて判断します。

回答日 2015年11月25日 12:40
この回答がある質問
養育費

9,661 - 9,690 件を表示/全 9,995 件

現在営業中 10:00 - 21:00

石井 康晶弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5280-7278
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 21:00
  • 土日祝10:00 - 21:00
定休日
なし
備考
・平日18時以降及び休日のお電話は事務所不通のため,折返しの対応となる場合があります。
交通アクセス
駐車場近く