現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
横山 清亮弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

千葉県4

( よこやま きよあき ) 横山 清亮

エバー総合法律事務所

現在営業中 09:00 - 18:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,952 件/匿名回答数:0件

実務的観点からは,特に問題にならないと思います。 過度に心配する必要はありません。 理屈上,損害賠償の問題になるとしても,損害額は段ボール原価,数十円です。

回答日 2021年04月02日 13:59

実際のところ,友人の父,という関係だけで,一線を超えていないにしても 頻度が多ければ,それだけ疑念,疑惑が生じると思います。 テレビ等でも芸能関係者と反社の人物の関わりが取り沙汰されているよ...

回答日 2021年04月02日 13:32
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

ご記載のやりとりの範囲内であるならば,直ちに犯罪が成立することはないと思います。 マスコミといっても様々ですから,いろんなことを書き立てる輩もあろうかと思います。 名誉毀損が成立したとしても...

回答日 2021年04月02日 11:40
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

1 遺産分割は全員の合意によってはじめて成り立つ手続ですので,「可能」かどうかは相手方次第です。遺産によっては,その性質上,取り合いとなったり,押し付け合いとなることがあり,自分がいらないものは他人...

回答日 2021年04月02日 11:35
この回答がある質問
相続手続き

その場で切符切られなかったのであれば,「注意」で終わった可能性があります。

回答日 2021年04月02日 11:26
この回答がある質問
スピード違反

1 パチンコ屋の私有地内での撮影行為に関しては,そのパチンコ屋の承諾の有無にかかわってくるかと思います。また,台の知的財産権等を侵害するようなことがあればメーカーの承諾の有無も問題になろうかと思いま...

回答日 2021年04月02日 11:24
この回答がある質問
インターネット

1 そのような統計を持ち合わせている弁護士はほとんどいないと思います。   かつて弁護士会役員として登録拒否に関わったことがありますが,守秘義務がありますので   残念ながら具体的なお話はできま...

回答日 2021年04月02日 11:10

たとえ相手に非がある事案であったとしても,その主張に終始していれば,相手方は反感を覚えるだけですから,円満回復の見込みは少なくなってしまうと思います。 円満調停では,相手に譲歩を求めるのではなく,...

回答日 2021年04月02日 10:54
この回答がある質問
面会交流

抽象的に論じることはできませんが,過去の出来事,というのであれば,捜査機関も立件しにくく,事情聴取される可能性は否定できませんが,直ちに逮捕される可能性はあまり高くないように思います。

回答日 2021年04月02日 10:49

警察がどのような情報を取得して,どのような情報を開示するかは,外部からわかりかねます。 例えば上場企業で新入社員を雇用する際,個別に信用調査を行うことは少ないと思いますし,警察が直ちに開示する可能...

回答日 2021年03月25日 17:30

共同経営ではなく,雇用関係にあるにすぎないのであれば,警察も直ちには暴力団関係者と見ないと思います。よくも悪くも実態どおり「暴力団関係の店で働いていた従業員」ということでしょう。 警察が情報をどこ...

回答日 2021年03月22日 17:10

1 ご自身が地主の立場で土地の貸借をお考えとのことだと思いますが,期間に関してはここで抽象的に当不当の判断はし難く,ご自身の経済的利用等を考えてご判断すべきでしょう。なお,ご自身が同時にアパートに関...

回答日 2021年03月22日 17:03
この回答がある質問
使用貸借

1 請求の根拠があるかというと,離婚後は相手方には扶養義務がなく,また協議(合意)によって請求しないことの確認があり,さらに,相手方の態度からも,残念ながら否定的に考えざるをえません。 2 法...

回答日 2021年03月22日 15:50
この回答がある質問
協議離婚

事件として立件されてからです。 正直なところ,交通事件の場合,違反速度で形式的に判断されることが多いので,それらは情状としてあまり意味を持たないと思います。取り調べの際に直接反省の情を示すとよいで...

回答日 2021年03月22日 15:43
この回答がある質問
物損事故

囲繞地地通行権の問題ではなく,修繕に必要な範囲で「隣地使用権」が認められると思います。 もし相手方が合理的理由なく拒絶する場合には,裁判所に隣地使用の仮処分を申し立てて工事をすることが考えられます...

回答日 2021年03月22日 14:26
この回答がある質問
リフォーム

1 刑事事件は基本受け身の対応ですので,被疑者と扱われた時点かと思います。   ただし,事実関係に争いのない交通事案で弁護士ができることはあまり多くない   ように思います 2 警察から記者発...

回答日 2021年03月22日 14:15
この回答がある質問
物損事故

1 管理権の裁量により,他への危険性が認められる行為に関しては禁止することが可能だと思います。何が危険か,その程度,に関しては,管理者の合理的判断に委ねられることがらです。 2 逆に裁量の範囲...

回答日 2021年03月19日 17:29
この回答がある質問
行政事件

1 お子さんが単独で有効な意思表示をできるわけでないので不要だと思います 2 委任契約に基づく権限でなく,法律に根拠をおく法定代理権ですから不要です

回答日 2021年03月19日 17:23
この回答がある質問
贈与

1 相手方を把握しようがないと思いますので,受け身の対応になろうかと思います 2 防犯ビデオ等でご相談者が乗り込んだ車が判明した場合に,相手方の手がかりになるのは   ナンバーくらいですから...

回答日 2021年03月18日 16:41

本人死亡の戸籍(除籍)謄本等で対応可能なように思います。保険会社に問い合わせるとよいでしょう。

回答日 2021年03月18日 16:17
この回答がある質問
相続

犯罪でないので逮捕されることはないと思います。 道義的に謝罪するかどうかはご自身で判断されればよいですが,今後,迷惑駐車は控えた方がよいでしょう。

回答日 2021年03月17日 19:54
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

スーパーの買い物目的でなく長時間駐車していれば,傍からは事情がわかりませんから,車の存在自体が不審だと思われます。

回答日 2021年03月17日 19:44
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

具体的な事案において,争点となっている部分を厚く論じ,それ以外の部分を簡潔に論じるべきです。 また,一般の方が作成した書面で,情緒的な記載に終始しているものが散見されますが,意見ではなく事実を書く...

回答日 2021年03月17日 19:37
この回答がある質問
面会交流

私有地内の駐車違反であれば道路交通法違反等の罪には問われませんが,民事で不法行為は成立し損害賠償義務が生じることがあります。 また,不審車両であれば,結論として犯罪が成立しないにせよ,通報により捜...

回答日 2021年03月17日 19:33
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

2020年1月以前の個別取引の主張ができないのであれば,ご記載のとおり,取引の始期を特定した上で,前年末時点の残高を摘示して,その後の取引を記載すれば,主張として一応形になると思います。 その後,...

回答日 2021年03月17日 19:28

1 そのとおりです 2 義兄は相続人ではないので,相続は発生しません 3 相続人不存在で,相続財産があるような場合には,利害関係人が裁判所へ申し立てをすることにより相続財産管理人が選任されます。...

回答日 2021年03月17日 19:21
この回答がある質問
相続財産

法的には,不法行為に基づく損害賠償の問題ですが,損害賠償請求に際しては,ご相談者側に損害という結果があるものの,一方の相手方に過失があるかどうかが問題となります。 例えば,スタンドの出し方が不十分...

回答日 2021年03月17日 15:52
この回答がある質問
交通事故

法的に実印である必要はなく,印鑑で誓約の有効性が左右される訳ではありませんが,実印の場合,押印した人の意思が強く推定される,という効果があります。 今後,相手方が誓約を反故にする可能性があるの...

回答日 2021年03月17日 15:34
この回答がある質問
近隣トラブル

ご記載の事情だけからは,違法な行為があったとまでは言えないように思います。 過度にご心配する必要はないでしょう。 ただ結論として問題ないにせよ,トラブルに巻き込まれる可能性は皆無でないので 社...

回答日 2021年03月17日 15:26

目的によって使い分ける必要があります。 紛争及びその解決の対象を特定するためであれば,登記の地番を記載すべきでしょう。 また,誓約当事者の特定のため,署名押印するのであれば,そこには住居...

回答日 2021年03月17日 15:07
この回答がある質問
近隣トラブル

1 - 30 件を表示/全 1,951 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 09:00 - 18:00

横山 清亮弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5281-6790
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場近く