店名を真似されました。同じ屋号でネット販売をされています。(営業妨害・ネット上で誤認)

ネット通販をはじめて6年目になります。私のはじめた2年後に同じ屋号で(名前をパクって)、他の人が実店舗・ネット販売をされています。ネット上では誤認され乗っ取られている感じになっています。ある通販サイトでは店舗情報に代表者の指名がありませんでした。同じ名前でスタートするのはルール違反(ネットにおいては完全にアウト)というざっくりしたのは知っていましたが。
営業妨害なのか何の罪になるのでしょうか?前々から気づいてたのですが、直接連絡するのは避けた方がよいのでしょうか、手が回らなくてずっと困っています。

1.同じ屋号の使用をやめてもらうのは可能でしょうか?
2.ネット上に同じ名前を一切表示させないにはどうすればよいでしょうか?
3.何の罪になるのでしょうか?
2019年07月23日 23時12分

みんなの回答

甲本 晃啓
甲本 晃啓 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
この状態では、相手の店舗の名前について文句を言うことは困難と思います。
理由は、店舗名で商標登録をしていないこと、時間が経過しており不正競争防止法による対応も困難であることの2点です。

ある名称(標章)を独占したいときは、営業を開始する際に「商標登録」をしておかないとなりません。
「商標登録」をすると、後から同一または類似する商標の使用を開始した人に対し、その商標を使わせないこと(差止)ができます。他方で、登録前から商標を使用していた人には、先使用権が発生しているので、差し止めはできません。

今からあなたが商標登録をしようしても、他人が使っているとできないことがありますし、仮に登録できたとしても、先使用権があり、差し止めはできないかもしれません。また、安易に警告すると、万が一、相手が商標登録をしていた場合に、逆に差し止め請求をうけてしまう可能性もあります。

この問題は、正直申し上げて、かなり専門的なので、一度、商標権に関する実務にくわしい弁護士・弁理士の相談を受けられる必要があると思います。店舗の名前を維持するにしても、変えるにしても、アドバイスは具体的に必要と思います(変える場合は、同じ轍を踏まないために、調査・商標登録をしておいたほうが良いので)。

2019年07月24日 01時36分

相談者
お早いご返事、ありがとうございました。補足をさせていただきます。
まず私が2年早くはじめましたので、商標登録はできないものと考えられます。調べたところ商標登録はされていませんでした。
現在、競合の相手側に連絡を取るのはまずいでしょうか?
「名前を真似して後からネット販売するのはまずいですよ。迷惑ですよ。」と言うのは出来ますでしょうか?
最終的にはお話で説得するしかないのでしょうか?

2019年07月25日 17時44分

甲本 晃啓
甲本 晃啓 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士
ありがとう
個別のケースで、何かの対応が有利になるか、不利に作用するか、その予測については、具体的に、あなたの状況、相手方の状況をよく検討してみないと結論がでない問題だと思います。一般論ではアドバイスしにくいです。

相手に対して要望レベルで希望を伝えたことで、あなたに法的責任が発生するかといえば、それはNOですが、それ以上のことは何も申し上げられないです。なお、登録商標に関して使ってさえいれば、後から他人か商標登録できないと思い込んでいる方も多いですが、実務的には全くそんなことはありません。後から他人に登録をされてトラブルになることは極めて多いです。

2019年07月26日 01時38分

この投稿は、2019年07月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,619名の弁護士から、「詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • ネット通販のレビューでの業務妨害

    ネット通販サイトの多くでは商品に対して5段階の評価とレビューを書き込むことができます。そこで思ったのですが、最低評価をつけ「この品質でこの値段は高すぎる」「〇日で壊れたのでおすすめしません」などの書き込みは、どこまでが業務妨害にはならないのでしょうか レビューとはいいことも悪いことも含めた消費者の感想を書く場所...

  • ネット通販での返品不可表示について

    お世話になります。 2月上旬にネット通販にてある商品を購入しました。 11日に到着、商品を確認し返品を依頼したところ、該当商品は返品の対象外であり返品を受け付けることができないとの回答でした。 サイトを改めて確認したところ、商品ページ部分、商品をカートに入れた際に返品不可の表記がされており、私の見落としであるこ...

  • ネット通販について。その場合、法律上に販売可能でしょうか?

    子宝に恵まれるように男性器を形取った置物(3cm×3cm×3cmの大きさ)やかわいらしい豚の性行為中の置物をネット通販にて販売しようと思ってます。 その場合、法律上に販売可能でしょうか?また、許認可制度であれば、必要な手続き等御教授いただきたくよろしくお願いします。 同サイズのいわゆるわいせつ物ではない猫や蛙と言った縁...

  • ネット通販なども・・・

    借金に時効があるのは分かったんですが、この場合忘れていた何年も前のネット通販の支払いや携帯電話の滞納なども同じような時効というのはあるのでしょうか?

  • ネットオークション イタズラ入札 名誉毀損 業務妨害

    初めまして、 オークションサイトで、一つ業者の出品者に対し、 6件合わせて36万円の商品をイタズラ入札(購入意思のない入札)して、 悪評(内容は:悪評をつけさせていただきます)一つ付きました。 自分の不手際ですごく悔しく、深く反省し、いま出品者との相談した結果、 名誉毀損に当たる悪評に関する慰謝料100000万円、 ま...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。