個人間取引の現金の売買について

メルカリ等の現金出品の違法性について質問があります。
現在、メルカリなどのネットで個人が出品してクレジットカード決済ができるようなサイトで現金もしくは換金性の高い商品を出品すると運営側が削除している状況があります。
もし罰せられるとしたら個人の出品者はどのような法律に抵触するのでしょうか?
また、一企業として現在流通している紙幣や硬貨をクレジットカードで決済できるような会社を設立することは可能でしょうか?また、可能だとして違法行為にはなりませんか?
くらすんさん
2017年05月06日 21時50分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ありがとう
> もし罰せられるとしたら個人の出品者はどのような法律に抵触するのでしょうか?

通貨の売買自体について、それを違法とする法令はないと思います。

> また、一企業として現在流通している紙幣や硬貨をクレジットカードで決済できるような会社を設立することは可能でしょうか?また、可能だとして違法行為にはなりませんか?

通貨をクレジット決済等により販売する会社を設立することは、違法ではなく、可能だろうと思います。

2017年05月19日 07時42分

この投稿は、2017年05月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 輸入した商品をオリジナル商品として売ることは可能か。

    中国やアメリカから輸入した商品に、独自で商品を名付けて商標権を取得し、 パッケージに名付けた商品名のシールを貼り付けたり、日本語で作成した説明書を付けたりして、オリジナル商品として売ることは可能でしょうか? 先日ネットで購入した商品が同じパターンの商品でした。 パッケージに独自の商品名のシールが貼ってあり、中...

  • 情報商材 クーリングオフについて

    2日前に大手の情報商材サイトで2万円ほどの商材を購入しました。 その商材自体は悪いものではなく、値段においてもまあ相応かと思いました。購入する前に説明事項はすべて読んだ上で少し思っていた商品との違いがありました。 希望としてはクーリングオフをしたいと考えているのですが、可能なのでしょうか?またクーリングオフを...

  • 海外ネット販売で支払い済み商品の受け取り拒否

    大きなショッピングサイトで国内・海外にブランド品の販売をしていますが、先日アメリカ人から商品を発送後に商品の内容を勘違いしたからキャンセルをしたいとメールが来ましたが、すでに海外発送済み商品につきキャンセルは不可。と伝えたところ、商品を受け取り拒否すると言われ、ショッピングサイトの規定でも返品・交換・注文後のキ...

  • ブランドの服が全部偽物でした

    誰でも知っているショッピングモール楽●に出店するアパレルのネットショップでイタリアンブランドの服を数点購入しました。 確かに価格が安すぎるなとは思ったのですが、堂々と正規品と表示していた事と楽●で商売をするショップなら(楽●のチェックが厳しい為)と考え何も疑わず購入してしまいました。 先日、同ブランドの直営店に行...

  • 商標権をたてにした独占的販売について。

    現在、主にネットショップにおいて転売で生計をたてているものです。 最近、中国製品において日本国内・国外を問わず商標権をたてにライバルを排除する動きが目立ちます。 手口は2つです。 1)商標権を独占販売権として濫用し商品の出品を妨げる行為 以下運営会社から通じて送られたメールです。 関係各位: 私たちは...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。