オークションにて落札した物が偽物だった場合

公開日: 相談日:2016年11月19日
  • 1弁護士
  • 1回答

ヤフーオークションにて高級ブランドの時計を落札しました。
しかし質屋に持って行った所、落札した商品は偽物でした。
出品者の説明には、「時計好きな知人から貰った物なので恐らく本物だと思う。この点において不安な方の入札は控えて下さい。」と書いてありました。
偽物であったため、出品者に返金して頂きたいのですが、「確実に本物であるとは書いていない。不安な方の入札は控えて下さいと書いた。」と言われ返金して頂けません。


1、このような場合、返金してもらうことは出来るのでしょうか?

2、返金出来るとすれば、どのような対処をとればよろしいのでしょうか?
もし、警察に相談すれば警察は動いてくれるのでしょうか?

502778さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    そもそもニセモノを本物として売ることは犯罪ですから、
    「恐らく本物---------」とか書いてあっても、本物として売ったということになり得ます。
    ニセモノを本物と勘違いして買ったということで錯誤(民法95条)を理由に錯誤無効を主張し、商品を返還し、代金の返還を要求することが可能です。
    買主の錯誤に過失があれば錯誤無効を主張できませんので、「恐らく本物------」とあったことから、買主に過失があったと認定することが不可能ではありませんが、もともと売主が買主の錯誤を誘引するような広告を出していたのであり、そのような広告を出していた者がその広告による買主の錯誤に過失があったと主張するのは信義則違反・権利濫用(民法1条)なのでできないというような解釈も可能です。
    最終的に裁判になれば裁判官が判断することになるので勝てると断言できませんが、任意の交渉段階では自分に有利な法律や法解釈を主張して構いません。

この投稿は、2016年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました