弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

通信販売・オークション

①この行為は法に触れますか?
②この他に注意せなあかん事はありますか?

(1)迷惑防止条例において乗車券、コンサートチケット等の不当な売買行為(ダフヤ行為)を禁止しています。これにあたらないように注意しましょう。
 なお、条例に違反したといえるためには、乗車券等を「転売する目的で得た」場合に限られますが、そのチケットが転売目的で入手されたものなのか、それ以外の目的であったのかを客観的に判別することは困難ですから、法に抵触しないように、全面転売禁止にしていることが多いと思われます。条例違反にならなくても、オークション約定違反となり制裁を課される可能性はあります。
(2)転売禁止は、著作権的な面で価値があるものが多いようです。パソコンソフト、CD等中身をコピーされてから転売されれば、著作権料が入ってきません。転売は著作権法違反となる可能性もあります。

2016年02月20日 06時45分
西田 広一
西田 広一 弁護士
ありがとう
ベストアンサー
この投稿は、2016年02月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

問題解決に向けた次のステップはこちら

すぐに弁護士が必要な方はこちら

相談内容

仕入れサイトからフリマアプリへの転売は違法か?

質問させていただきます。 私はネットで何かビジネスがしたくて、仕入れサイト(ネッシー)から仕入れた物をフリマアプリ(メルカリ)で売ったら儲けが出るのではないかと思い仕入れサイトに登録しました。しかし、...

2016年02月19日 23時28分 相談内容を詳しくみる