スマホアプリの売買について

公開日: 相談日:2015年12月13日
  • 2弁護士
  • 3回答

不特定多数の方と取引し多量のスマホアプリのiDとパスワードをネット上で売買する場合、公安委員会への届け出と古物商の免許が必要になるのでしょうか?対価は電子マネーや現金です。

408221さんの相談

回答タイムライン

  • 甲本 晃啓 弁護士

    注力分野
    詐欺被害・消費者被害
    タッチして回答を見る

    多くのアプリでは、IDを特定の個人が利用することに前提に設計され、売買が約款で禁止されいると思います。そうすると、他人のIDを取得してログインすれば不正アクセスになりますし、RMT(リアルマネートレード)であれば詐欺としていずれも刑事犯罪になるので、そのようなID売買をすることもおそらくそれらの犯罪の幇助・教唆行為として処罰対象になると思われます。

    従って、免許・届出という次元の話ではないと考えられます。
    (あくまで一般論です。ID売買を許可しているようなアプリがあれば別です。)

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位
    タッチして回答を見る

    ご質問の内容から,アプリのアカウント売買を念頭に置いているのではないかと拝察しますが,アカウントの譲渡や貸与は利用規約により禁止とされているサービスが大半であり,その意味でアンダーグラウンドな取引であり,公安委員会による許認可以前の問題となります。法的に明確な規制がないのはそのためです。
    個々の取引について検討すると,売買対象となっているアカウントがサービス事業者との利用規約に違反するものであるか否かや返金の条件などについて調査・明示していなければ,買主との間で瑕疵担保責任や詐欺取消し,錯誤無効のトラブルが生じ得ることになります。

  • 相談者 408221さん

    タッチして回答を見る

    お二方の弁護士様 回答ありがとうございます。
    スマホの課金アカウントを所有者の財産とみなして同意を得て売買した場合でも、不正アクセスや詐欺などの罪名が付き逮捕されてしまうのでしょうか?ゲーム会社の約款違反にあたることは理解出来ますが刑事罰の対象になるということでしょうか?

    現実問題としまして、多くの情報交換サイトや、某大手オークションサイトでは、有名アプリ、パ○ドラや、モン○ト、白○、fat○、などなど、自らのゲームアカウント財産を他者に譲る行為が公然と行われている現状があります。
    出品数も何千件単位とあります。
    背景には何十万円、時には何百万円、何百時間をかけたアカウントを放置しておくのはもったいないとの認識があるようです。

    仮にaさんが所有しているゲームアカウントをbさんに一万アマゾンギフトカードで売る契約をし、bさんがその契約を履行せずに、第三者であるcさんに転売しcさんが他者dさんに詐欺被害著しくは契約不履行アカウントと仮定を販売しそのアカウントがaさんの申告によりゲーム会社の措置で停止された場合、瑕疵担保責任を求められるのはこの場合、cさんでしょうか?
    またこの場合、知らずにアクセスしたcさんやdさんが不正アクセスになるのでしょうか?
    bさんは契約不履行で不正アクセス及び詐欺罪になるとの理解で良かったでしょうか?

  • 相談者 408221さん

    タッチして回答を見る

    甲本様
    上記のような特殊なケースではなく、単純に利用者が所有していたアカウントidを利用者の承諾を得て現金や電子マネーと交換した場合でも不正アクセスや詐欺罪の刑事罰を科されるのでしょうか?

  • 甲本 晃啓 弁護士

    注力分野
    詐欺被害・消費者被害
    タッチして回答を見る

    はい、そのような刑事犯罪として法に触れる危険性が一般的にあると考えられますので、利用者の承諾を得たとしてもやめておいたほうが賢明です。

  • 相談者 408221さん

    タッチして回答を見る

    甲本様

    お返事ありがとうございます。
    その場合の法解釈や、ヤフオクでの同様取引における判例などご存知でしたら、参考にご教示頂けると幸甚です。

  • 相談者 408221さん

    タッチして回答を見る

    甲本様
    有料コンテンツで上場企業にも関わらず余りにも中途半端な回答しかこないのでビックリしてます。
    ゲーム会社の規約と消費者の財産権どちらが優先されますか?
    何故、購入した物を販売すると刑事罰にあうのですか?
    ブックオフやリサイクルショップもメーカーが転売禁止のものを意図して買取、転売すれば刑事罰の対象になるのでしょうか?
    法理の説明があやふや過ぎて逆に混乱してしまいました。

この投稿は、2015年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す