出会い系サイトへの買春書き込み(成人同士)をしたが、すぐに消した場合

成人同士の売買春に限定しての質問です。

2015年07月07日 13時18分のタイトル「出会い系サイトへの買春書き込み」
では「処罰されません」と記載があるのですが
売春防止法には以下のようなことになっているのですが罰則にならないのでしょうか。

第五条 売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、
六月以下の懲役又は一万円以下の罰金に処する。
 一 公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように
勧誘すること。

第六条2項の3には以下のようになっており
広告その他これに類似する方法により、売春の相手方となるように誘引すること。


私もエッチをするような内容でかつ金額がわかるようなことを掲示板に書き込みしてしまいましたが
1日も経過しないうちに削除しました。(児童買春は記載してません)
今はもう退会済みです。

これは罪になるのでしょうか。
また罰則をうけるのであれば、警察に直接出頭した方がいいのでしょうか。

宜しくお願いします。
EIJIさん
2015年12月01日 11時15分

みんなの回答

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6
ベストアンサー
ありがとう
 文面からでは買う方なのか売る方なのかが判然としませんが、売春勧誘罪は、売春(お金をもらって性交する)しようとする者が、買う方の人を勧誘した場合に成立する罪です。

第五条 売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、
六月以下の懲役又は一万円以下の罰金に処する。
 一 公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように
勧誘すること。

 売る方の人が、上記のような書き込みをすると、処罰される危険があります。

2015年12月01日 19時11分

この投稿は、2015年12月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 民法第6条1項に関して

    民法第6条1項は「一種又は数種の営業を許された未成年者は、その営業に関しては、成年者と同一の行為能力を有する。」と規定しているのですが、「数種の」とは具体的にどのような場合が考えられますか?

  • 少年法第37条が削除された理由とは?

    少年法第37条が削除された理由とはどのようなものだったのでしょう? また、どのような規定だったのでしょうか? 第三十七条  削除

  • 投資詐欺の疑いが濃厚です

    こんにちは。 今回、相談したい事があり、初めて投稿します。 私の知人が投資詐欺に遭ってしまったようです。 ある企業に誘われて、まとまった額(恐らく数100万円)の投資をしてしまったようなのですが、いかにも怪しい内容なのです。 その企業は、以下のような条件で出資を募っています。 -- ・その企業の社長個人として出資者と...

  • 20歳前傷病による障害基礎年金にかかる所得制限について

    20歳前傷病による障害基礎年金を受給中です。普段は年収が3604000円以下なので特に 気にした事はなかったんですが去年は株で利益が出たので越えてしまいました。 国民年金法 第36条の3 及び国民年金法施行令 第6条 によると地方税法の規定による非課税所得以外の所得が対象と あったので地方税法を参照しました。 源泉徴...

  • 刑訴法284条について

    50万円(刑法、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪以外の罪については、当分の間、5万円)以下の罰金又は科料に当たる事件については、被告人は、公判期日に出頭することを要しない。ただし、被告人は、代理人を出頭させることができる。 上記に該当するのは 過失傷害罪「30万円以下の罰金又は科料...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。