弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

通信販売・オークション : 通信販売やオークションのトラブル対処法

公務員のフリーマーケット、フリマアプリの利用について

公務員がフリーマーケットやフリマアプリを利用し、家の中の不要品を販売する行為は副業にあたるのでしょうか。
フリマが副業にあたるかどうかの判断はどのようにされるのでしょうか。
また、そこで得たお金を募金するなど手元に残さない場合も同じように扱われるのでしょうか。
おそらく「業として」行わない限り「副業」には当たらないと思われます。

「業として」というのは、継続かつ反復しての事務を意味しますので、毎週必ず出店するというのならともかく、ごくたまのフリーマーケットに不要品を出品して販売することは、副業とは考えにくいのではないでしょうか。

また、業務を商行為的な事務、すなわち「利益追求のための事務」であると考えても、フリーマーケットはもともと商品、すなわち販売を想定して購入したものを出品しているわけではありませんから、「利益追求のための事務」と見ることも出来ないと思われます。

したがって結果的に儲かったからと言って、副業に当たるとは通常は言えないでしょう。

要するに、フリマへの出店が「副業」と解されるか否かは、
 1 反復かつ継続的に出店がなされているかどうか。
 2 販売を目的とした商品を販売しているかどうか。
ではないでしょうか。
回答いただきありがとうございます。
さらに教えてください。

フリマアプリに数ヵ月に渡って登録し、購入者が毎日ではなく時々いて勤務時間外にやりとりし、いくらかの収入を得る場合はどうなるのでしょうか。
もし売上の上限があるなら、いくらまでフリマを行えるのでしょうか。

白い水玉さん
2015年02月19日 14時09分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう

2015年02月19日 18時00分

白い水玉 さん (質問者)

2015年02月19日 18時50分

この投稿は、2015年02月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 公務員(教員)の副業(ネットショップ)について

    公務員(教員)がネットショップを開き、趣味の絵画等を販売することは、副業にあたりますか。副業にあたる場合、禁止されていると考えられますか。状況は以下の通りです。 ・HPで販売している。 ・商品(絵画)は継続的にアップしている。 ・公務員本人の名前で販売している。 販売実績等により、判断が分かれる場合は、その基準...

  • 国家公務員の副業について。

    国家公務員です。5年ほど前にUFOキャッチャーにはまり、同じフィギュアを何個も獲得する事が楽しくて何度も商品を獲得していました。自分用には1つしか必要でないため、ネットオークションにて売却処分していました。あまり上手くないはないので利益は出ていなく、赤字でしたがこれは国家公務員法における副業禁止規定にあたりますでし...

  • 国家公務員の副業について。

    国家公務員は中古販売店で購入した本やCD、ゲームソフトなどオークションやアマゾンで売りに出すことは可能でしょうか? 私は、現在国家公務員として勤務していますが、自分で保有している本やCD、ゲームなどをオークションやアマゾンなどで売ることはできると思いますが、収入を得るために大量に中古販売店で購入し、オークショ...

  • Amazon出品で稼ぐのは副業?

    公務員です。仮の話ですが、現在オークションを利用してのお金を稼いでいるとします。これをAmazonなどで個人出品で利益を上げたとしたら副業となり公務員としてまずいでしょうか?ちなみに純利益で年間100万未満です。

  • 副業の確定申告について

    御質問させて頂きます。 自分の知人に会社の仕事とは別に、副業で月に90万近く収入が有るそうです。 副業とはヤフーオークションで中国から小物を仕入れて販売しているそうです。 およそ2年前から始めたそうです。 その知人は確定申告はしていないと言っていました。 その知人の住所、名前、電話番号が分かります...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

消費者被害の弁護士相談ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  2. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  3. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  4. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...
  5. 墓地を求め、漂流する遺骨…独身中高年「明日...
  6. 認知症の親が通販で買った「不用品」の山、「...
  7. 災害弔慰金の不支給「理由を書面で示して」日...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。