出会い系サイト規制法について

出会い系サイト規制法における違法行為の継続について質問があります。

6条に抵触する書き込みをした際、その違法行為はその書き込みが削除されるまで続くのでしょうか?それとも書き込みを終了した時点で違法行為も終了となるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。
2011年10月13日 20時08分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」第6条の誘引行為に該当する書き込みをした場合は、書き込みをした時点で既遂となります。
そして、書き込みが削除されず何日間も放置されても、新たに犯罪が積み重なることはありません。
しかしながら、違法状態が終了するというわけでもありません。

ちょうど、窃盗が財物を占有し続ける場合、その占有は違法であり違法行為が終了したとは言えないのと同じです。
つまり、誘引罪も窃盗罪と同じく、状態犯とお考えください。
詳しくは、「状態犯」について検索してみて下さい。

2011年10月13日 21時15分

相談者
ご回答ありがとうございます。調べました。色々な種類があるのですね。そこでもう一つ疑問が出てきたのですが、状態犯の場合の公訴時効はどうなるのですか?窃盗なども財物を破棄した時からスタートということになるんでしょうか。そうすると少し違和感があるような気もします。

2011年10月13日 21時25分

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5
ありがとう
ネット上に違法な情報を載せるというのは、名誉毀損でも、わいせつ画像でも、出会い系の誘引行為でも、それがある限り、日々新たに、法益侵害の危険が発生しているので、「状態犯」ではなく、「継続犯」とみるのではないでしょうか。
名誉毀損罪と、児童ポルノ公然陳列罪については判例があります。
公訴時効については、誘引文言が掲載されているうちは、実行行為が終わっていないので、時効はカウントされず、誘引文言が削除されてから、時効がカウントされると考えます。

2011年10月13日 21時55分

相談者
なるほど、判例もあるのですね。では出会い系サイト内のメールで誘引行為を行った場合にそれは違法行為でしょうが、公然と示されてはいないという点で状態犯といえないでしょうか?

2011年10月13日 22時00分

この投稿は、2011年10月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

子どもが出会い系サイトを利用したり援助交際をしてしまった際の対処法

子どもの携帯電話を見たら、出会い系サイトの利用履歴が残っていた。子どもが補導されて警察から連絡が来た。こうしたケースで我が子の援助交際が発覚...

ストーカー行為とは|ストーカー規制法で規制されている行為や罰則の内容

特定の人に執着してつきまとったり、無言電話をしたりするなどのストーカー行為は罰則の対象になる場合があります。どのような行為が罰則の対象になる...

GPSの履歴やサイト内のやり取りは不倫の証拠になる?

配偶者の不貞行為を証明するために、現場の写真は1つの有力な証拠ですが、確保することは簡単ではないでしょう。写真以外では、どのようなものが不貞行...

ライブチャットで不特定多数に裸を見せることは「公然わいせつ罪」にあたるのか【弁護士Q&A】

路上などで裸になったり、わいせつな行為をすることは「公然わいせつ罪」にあたる可能性がありますが、不特定の人が閲覧できるライブチャットなどオン...

この相談に近い法律相談

  • 愛人募集サイトと出会い系サイト規制法について

    トータルの訪問者が300万人を超える誰でも書き込むことができる愛人募集掲示板があるのですが、警察は放置し続けています。18歳未満の書き込みが見られないからなのかもしれないのですが、これは出会い系サイト規制法に違反していないと見なしているということなのでしょうか。つまり、「愛人」というのは出会い系サイト規制法でいう「...

  • 出会い系サイト規制法の時効について

    出会い系サイト規制法の時効は何年でしょうか? 教えてください。よろしくお願い致します。

  • 出会い系サイト規制法の適用範囲

    ブログには出会い系サイト規制法が適用されるのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 利用規約に違反してしまいました。

    法律にご詳しい弁護士様、何卒お願い致します。 私はこのサイトである相談をしましたが、2日後の今日、利用規約に基づき、削除しましたと書いてあり、相談が削除されていました。 利用規約に基づきということは私は利用規約に反したということだと思いますが、利用規約違反は違法行為になってしまうのでしょうか? またそうである場...

  • 出会い系サイト規制法に関して

    出会い系サイト規制法違反の禁止誘引行為とはどのような行為を指すのでしょうか? 最近この法にふれた疑いで二人の中高生が書類送検されたというニュースを読みましたが、恥ずかしながらこのような法律があること自体、知りませんでした。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

出会い系詐欺に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料
弁護士検索へのリンク

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...
弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。