弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

「売却後、6ヶ月以内にエンジン、ミッションが壊れた場合、お客さまに損害賠償がいきます。これは瑕疵担保責任といって法律で決まっています。」というのは間違っています。

売買価額は安くなりますが瑕疵担保責任を免除した売却することは可能です。弁護士はだいたいそのような買い取り業者を知っています。要は,基本的には売買契約の条項次第で瑕疵担保責任の範囲を決める事ができますが,車専門の買い取り業者は,契約の内容を変更するのがいやなので,「これは瑕疵担保責任といって法律で決まっています。」と言っている可能性が高いです。

2016年07月02日 10時45分
井野邊 陽
井野邊 陽 弁護士
ありがとう
ベストアンサー
この投稿は、2016年06月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

問題解決に向けた次のステップはこちら

すぐに弁護士が必要な方はこちら

相談内容

中古車の売主の売却後の車故障に関する責任について

私は車を売ろうとしている個人です。 ある車買取業者に車を売ろうとした時、 「売却後、6ヶ月以内にエンジン、ミッションが壊れた場合、お客さまに損害賠償がいきます。これは瑕疵担保責任といって法律で決ま...

2016年06月20日 11時22分 相談内容を詳しくみる