弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

車 : 車の購入に関する契約トラブル対処法

中古車買取業者へ車売却後の返金要求

先日中古車業者へ自分が所有している車を訪問査定により売買契約書を締結し30万円で売却、売却代金を受領しましたが、契約締結2日後中古車買取業者から「オークションの査定で左センターピラーの曲りと左助手席ドアに修理あとがあり事故車であることがわかったので12万円返金してほしい」と連絡がありました。
車は6年前に事故歴なしの中古車として購入したものですが、所有してから一度左後部座席ドアを事故修理しており、訪問査定の際、左後部座席ドアを交換した旨業者へ申告しています。
売買契約書の裏面約款に瑕疵担保責任条項と契約解除及び損害賠償条項があり、商品に隠れた瑕疵があった場合は買取業者は瑕疵の補修または売買代金の減額請求が可能であり、また、事故歴・修復歴等の申告をしなかった場合は買取業者は契約解除と売買代金の返金と損害賠償を請求できるとなっています。
本件の場合、買取業者からの売買代金減額請求に応じる必要があるでしょうか?
尚、売却した車はオークションで既に売却されていると聞いています。
以上、よろしくお願いします。
これは資料のないネット相談では判断が困難です。
ただ,ご投稿の事情からは「左センターピラーの曲りと左助手席ドアに修理あと」はご申告がされている「左後部座席ドア」とは異なりますので,「隠れた瑕疵」として代金減額請求ないし損害賠償請求には応じなければならない可能性が高いと思います。

とはいえ,12万円という金額が妥当かという問題がありますし,左助手席ドアの修理についてあなたが関与しておらず,前の持ち主においてなされたものであるとすれば,あなたの方で前の持ち主に対して瑕疵担保責任(民法570条)を追及して損害の一部負担を求めるといったことが考えられます。時効期間は10年間,瑕疵を知ってから1年間です(購入が6年前ですので,実際には購入時に瑕疵があったという証明が難しく,裁判上の請求は難しいと思いますが・・・)。
鐘ヶ江先生

この度は、大変参考になるご意見をいただき、ありがとうございました。
ご意見を参考に、自分なりに考えをまとめて行きたいと思います。
今後共よろしくお願い致します。

ochinusamaさん
2013年03月30日 14時08分

みんなの回答

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1
ありがとう

2013年03月30日 15時54分

ochinusama さん (質問者)

2013年03月31日 10時44分

この投稿は、2013年03月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • レンタル落ち商品 中古販売店に売却

    中古価格で手に入れたレンタル落ち商品(CD・DVDなど)を、中古販売店に売却するのは「問題あり」でしょうか? 販売店からはどこでも流通しているし全く問題ない、とのご返事をいただいております。 確かに、レンタル落ち商品は、中古販売店・オークション、ましてや某大型ネットストア加盟店、某有名ネットストア中古市場にて、と...

  • 車の売却について

    別居中。車についてです。 婚姻期間中に車を夫名義で購入。 夫名義でローンを組み、 現在その車は夫が使用しています。 残りのローンよりも売却価格のほうが少ない金額です。 維持費や売却価格の下落などの問題もあり、 早急に車を売却したいと夫は考えています。 この場合、妻に告げず、夫が勝手に売却してよいのでしょうか? 妻の同意...

  • 車の売却について

    先月、息子(23歳)が私に無断で軽自動車をガリバーに売却しました。所有者名義は私なのですが、4月17日に店舗から通知が届くまで知りませんでした。車を売るつもりはないので、すぐにその旨を伝えたところ、既に売却されているそうです。いくら身内でも、名義人でもない者が簡単に売却できるもんなんでしょうか? ガリバー側の説明では...

  • 中古車の契約解除と他への売却についてです

    中古車の契約解除と売却についてです 7/7に査定だけと思い、買取り業者にきてもらいました その場で契約するか判断してくださいとのことで、契約してしまいました 9月の車検満了までに次の車が見つからなかった場合のみキャンセル可能でした 後日、査定会社とは別の所で車が見つかったのですがそちらの方が査定が高く、7/11に先日の査定...

  • 土地売買契約書、瑕疵担保責任の記載がない場合

    土地の売買契約についてご相談します。 法人(不動産業者ではない)が売主、個人が買主で、買主の立場です。 仲介業者は入れない方向で進めています。 売主の作成した売買契約書には、瑕疵担保責任の条文がありませんでした。 免責の記載もありません。 この場合、民放の原則に則って、「瑕疵を知った時から1年間」 損害賠償を...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

消費者被害の弁護士相談ガイド

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。