犬の譲渡トラブルについて

公開日: 相談日:2021年08月25日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
 仕事で関わりのある方に、金銭的に余裕がないので犬を飼えなくなった。保健所に電話をしたけど引き取り費用が払えないため飼ってくれる人を探して欲しいと頼まれ里親を探しました。引き取る日時を決めていましたが直前にやっぱり渡したくないと言われ、今後飼っていけるのか話し合いをしました。(犬種はトイプードルですが、ガリガリでシャンプーもトリミングもされておらず毛は伸びて絡まっていました)そうしたら、怒りだしもうこれから引き取って、と言いゲージに犬を入れ外に出されました。感情的になっては後で後悔すると話をしましたが、その方はもう家に犬を入れる気はないので保健所に連れて行くか里親に引き渡すかして。どちらもしないならそのままずっと外に出しておく。と言われ、私ともう1人とで話をしましたが気持ちが変わらず、血統書等も渡されたため、後でやっぱり返してと言うのは出来ないことも話してその時は納得されました。後日、やっぱり返すかお金が欲しいと言われ、後で言われても難しいことを話し納得されました。また、里親を教えて欲しいと言われましたが、教えることは出来ないと言いました。(金銭の要求をするのが目に見えているため)後日、その犬は里親の元、かわいがられていることは確認しています。それから5ヶ月立ちましたが、里親の連絡先を教えないなら私を訴えると言って連絡がありました。

【質問1】
里親の連絡先を教えないといけないでしょうか。また、訴えられたら譲渡契約書を作成していないため不利になるのでしょうか。今になって本人は犬を預けただけだと言っています。

1058112さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県2位
    タッチして回答を見る

    里親の連絡先を教える義務があるかどうかについては微妙な点もありますが、少なくとも教えないからと言って損害賠償請求等が認められる可能性は低いと思われます。

    事実関係からすると、元飼主が質問者様に、「保健所に連れて行くか里親に引き渡すかして」と述べて、里親を探して犬を譲渡することを委任したと考えられます。
    その後、里親を見つけて引き渡したことで、犬の所有権は里親に移り、質問者様と元飼主の委任関係も終了したことになると考えられます。
    委任を受けたものは、依頼したものに報告義務があるので、里親の連絡先を報告するべきではないかとも思われますが、飼い主のこれまでの態度からすると里親の連絡先を教えることは報告義務の内容に含まれないという主張が可能です。
    具体的には、犬を大事にしており、現状をどうしても直接里親に聞きたいというのであれば、報告するべき義務がある可能性がありますが、今回の飼い主はそのような態度ではないので、報告義務の内容も限定されると考えられます。


    法律的にどうなるかは微妙な点はありますが、元飼主の態度や犬の状態から考えると、結論としては元飼主の主張は認められないのではないかと思います。
    訴えると言っても、費用と手間に見合うような高額な請求は、そもそも成り立たないので、実際に訴訟まで起こしてくる可能性は低いと予想されます。

この投稿は、2021年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから