物損事故で鞭打ち通院中。100対0で全損になり保険支払の差額を加害者に請求拒否、人身に切替すべき?

よろしくお願いします。
7/14、信号待ちから左折中、後続車に追突。
警察を呼び、特に痛みが感じず物損で処理。
次第に背中の圧迫感など身体に変調を感じ、7/16加害者の保険会社に連絡した上で整形外科に受診。軽度の鞭打ちと診断され塗り薬を処方。

その後様子をみていたが、次第に痛みが強くなり、常時背中の鈍痛、買い物袋を持つと腰が痛み辛いなどの症状が出たため、交通事故対応の接骨院に7/29より二日に一度の頻度で受診中です。

私は娘が幼少の頃に離婚し、女手ひとつで賃貸暮らしで娘を育ててきたので金銭的余裕はありません。娘は今大学生ですが、大学の授業料の為に4年以上、本業のほかに副業をして朝から晩まで、休日返上で働いてきました。事故の当日もアルバイト先に入る寸前に追突されました。バイト先に迷惑をかけました。

そんな中、加害者の保険会社から車が古いので15万円しか支払えない、修理費用は40万円になるため全損となるといわれました。12年前の車ですが、生活が困難なので、実家の母親が腰を痛めて乗れなくなった車を借りて8年間乗ってきて、車検ではしっかり整備して、あと4年は乗るつもりでした。

保険会社の提示額では修理も買い替えもかなり足が出るのは確実です。保険会社に伝えても話は平行線なので、修理工場に預けてある事故車両の写真と、修理の見積書、私の家庭の事情を書いて、加害者と保険会社に配達証明で送りました。加害者は21歳の青年で、保険は父親のものです。青年は現場では謝りましたが、病院へ行くと電話をした時は心配の声もなく、親からは電話はありません。

その後、加害者の保険会社から電話があり、加害者の親も悪いことをしたと思うが1円も支払うつもりはない、と全く誠意が感じられず、保険会社も買い替えなら見積もりを出してもらえれば上司にどこまでだせるか交渉するといわれました。

私は痛みを抱えながら生活をしているのに、相手のあまりに誠意のない行動にどうしても納得がいきません。

民事責任では加害者は被害者の全損害を背負うとあります。保険会社の支払いの差額は加害者が身銭を削って払うと。

物損では民事責任を問われないのなら人身事故に切り替えて、訴訟しようと思います。

人身事故に切り替えるべきですか?
訴訟したら相手側に差額を払ってもらえますか?
アドバイスをお願いいたします。
2013年08月12日 11時38分

みんなの回答

酒井 尚土
酒井 尚土 弁護士
ありがとう
追突事故、ご愁傷様です。
さて、物損につきましては、裁判でも経済的全損(修理費用が時価を超えてしまう場合の損害)の場合の修理代相当額の賠償は基本的に認められていないのが実情だと思います。民事の損害賠償の場合、賠償額は、事故と相当因果関係のある損害の額となります(古くからの裁判所の考え方です。)ので、時価と修理費用との差額の賠償を求めるのは困難だと思いますし、加害者側に直接交渉をすることも得策ではないと思われます。
 より現実的なのは、時価の多少の上積みでしょうか。保険会社側は車の時価を、レッドブックと呼ばれている全国の中古車の取引相場を記載した本などに基づいて算定することが多いですが、一般人でも自分の車とグレードや状態の似た車の中古車価格をインターネットで探し出し、それを交渉材料にすると、保険会社も多少の上積みならば応じることがあります。車検後すぐの事故であった場合や車に特殊な部品が付いていた場合などには、それが交渉の材料になることもないとはいえません。保険会社側としては、被害者が応じてくれるのであれば多少の上積みをしてでも解決を図る方が良いと判断してのことです。
 次に、人損(お怪我に伴う損害)ですが、むち打ちと診断され、二日に一度の通院状況にあるのであれば、早期に診断書を発行してもらい、人身事故に切り替えるのが本来だと思います。万一、後遺障害が残るようなことも全くないとはいえませんから(やや時期が経ってから症状が重くなることも稀にあります。)尚更です。また、人身事故への切り替えが遅いと、相手方から事故と通院や人損との因果関係を争われるおそれもありますので、早いほうが良いでしょう。人身事故の場合、後遺障害がなくとも、治療費・交通費、慰謝料、休業したのであれば休業損害等が、賠償の対象となります。人身事故の慰謝料の額については、主に通院の期間や頻度が考慮されることになります(裁判では物損に伴う慰謝料は基本的に認められていないことに留意して下さい。)。
なお、裁判を起こす必要があるか否かは、自賠責保険での補償額(傷害の場合上限は120万円)も踏まえて決めてはいかがでしょうか(一応納得できる自賠責保険金額が支払われるなら裁判を起こす必要性が絶対にあるわけではないので。)。
なお、相談者に過失が無いとの前提で回答しております。

2013年08月12日 17時30分

酒井 尚土
酒井 尚土 弁護士
ありがとう
先ほどの私の回答の一段落目に「賠償額は、事故と相当因果関係のある損害の額となります(古くからの裁判所の考え方です。)ので、時価と修理費用との差額の賠償を求めるのは困難だと思います」とありますが、この点について一言補足です。
 賠償額は「被害者の全損害」とする相談者の記載に対して、賠償額は事故と相当因果関係のある損害の額となる旨お答えしており、それ自体はその通りなのですが、時価を超える修理費用の賠償を求められないのは、修理費用に事故との相当因果関係がないからというよりも、そもそも客観的な損害額が修理費用ではなく時価と認定されるから、と説明した方がより適切かもしれません(抽象的な損害賠償の範囲の問題というより具体的な損害額の認定の問題だということです。)。

2013年08月12日 18時25分

相談者
酒井先生、細かなアドバイスありがとうございます。

この事故に関してはもちろん私の過失は0です。
相手は21歳の若い学生で、その場では謝っていましたが
家族からは一切謝罪はありませんでした。

私には20歳になる娘がいますがまだまだ幼く、子が他人に迷惑をかけたら、親の保険で運転している以上親に全責任があると思っています。

今回、加害者からは何の誠意も感じられず、生活が困難な上に
車を一方的に壊され、同程度の車に乗れるようにするためには
自己負担が当たり前・・・

加害者は保険会社に任せきりで辛い思いもすることなく
この理不尽さにどうしても納得がいきません。

私は本業の他に家庭のためにバイトをしてきましたが、接骨院に通うためにバイトも減らして当面の収入は減っています。

その中での車の自己負担。
何も過失がないのに自分ばかりが痛みも金銭的にも背負わなくてはならなくて、加害者は知らんぷり。精神的にも辛いです。

どうしたら自己負担をなくせるかを考えていたところ、あるサイトの記事をを発見し、報われた思いでいました。

<以下、交通事故サポート.comより>
保険金は自賠責保険や任意保険から支払われますが、加害者が任意保険に未加入の場合や、被害者の損害額が契約をした任意保険の保険金額を上回る場合は、加害者が身銭で支払うことになります。

この被害者の損害額は、私が自己負担するのも損害にはなりませんか?全損だから時価、物損に関しては時価以上は認めないのですか?

また、知人に国内最大手の保険会社の事故処理の方に私のケースについて聞いていただいたところ、訴訟すれば時価を超えた修理費用の差額分は全額、加害者に払ってもらえると回答されました。

一体何が真実で何が間違いなのか、自己負担を避けることは出来ないのか?出来るだけ自己負担を抑えるために何が出来るのか、何が何だか分からず本当に困っています。

娘のために必死に働いて貯めた学費のための貯金を使うしかないと手紙で加害者に訴えましたが、それでも1円も払う気はない。納得できません。私は何も悪くないのに。

酒井先生のアドバイスは十分常識の範囲内で理解していますが、他に残された方法はありませんか?



2013年08月13日 09時58分

酒井 尚土
酒井 尚土 弁護士
ありがとう
書かれていることからしてお気持ちは察します。
ただ、交通事故サポート.comの「保険金は自賠責保険や任意保険から支払われますが、加害者が任意保険に未加入の場合や、被害者の損害額が契約をした任意保険の保険金額を上回る場合は、加害者が身銭で支払うことになります。」との記述は、要するに、賠償されるべき「損害額」を下回る保険金額の設定がされている場合や保険がついてない場合の話です。
自動車事故の対物損害賠償責任保険は通常、保険金額が無制限(又は高額)に設定されており、対物の「損害額」全額について保険金が支払われることになります。裁判等では、経済的全損の場合には、時価がその「損害額」全額であるとされ、その全額について保険金が支払われることとなるので、結局、保険金以上に、修理代との差額など法的には損害と認められない部分について、加害者側から賠償を受けることができないのです(もちろん加害者が自己負担について合意すれば別ですが、余り加害者側に自己負担を強く求めると、かえってその点について加害者扱いされることがあるので、ご注意下さい。)。
 物損の賠償額はかなり機械的に決定されてしまいますので、相談者の苦労、お気持ちなど、諸々の点を含めてある程度柔軟に算定される余地のある人身損害の慰謝料について、適正な額の賠償を求めていくことが得策なのではないでしょうか。

2013年08月15日 10時34分

相談者
酒井先生、何度も具体的に分かりやすく回答下さり、心より感謝申し上げます。
今まで物損事故として処理してきましたが、むち打ちが日々悪化していて、じっとしているのも辛い状況ですので、将来的にも不安なので人身事故に切り替える相談に警察に行き、明日、加害者と一緒に現場検証します。
人身事故に切り替えたことで多少は気持ちが治まります。

今後の作業として、弁護士特約を使って裁判を起こしても、和解になってしまったら弁護士費用は全額自己負担だというのは本当ですか?
それでしたら、余程の障害が残らない限りあまり意味がないように感じます。

先生のおっしゃる慰謝料はどのように請求できるのでしょうか?
肉体的、精神的に慰謝料をいただけるのなら請求したいです。

何度もすみません。本当に金銭面で困っているので、多少自分でお金を足してでも、修理にしようか、買い換えるかですら未だに悩んでいます。

巻き込まれてしまっただけであらゆる方面で様々な負担が出ているのに、加害者は保険に入っているからと知らんぷり。

生活に余裕などないのに。何故こんな仕打ちを受けなければならないのかと、加害者への思いは消えることはありません。

謝罪があったとしても誠意が感じられませんし。

やりばのない怒りをいつまでも引きづっても仕方ないのは分かりますが、車を乗れるようにするのにアルバイト数カ月分が消えてしまします。

子どもの学費のためのアルバイト代です。

自分の生活を守るために加害者に要求すると今度はこちらが加害者になってしまう。

世の中おかしいです。

どうにかならないのでしょうか?

泣き寝入りしたくても出来ない状況に追い込まれている人はどうしたらいいのですか?

本当に何度も申し訳ありませんが、必死なんです。
私は何一つ悪くない被害者なんです。
どうしても納得できません。

先生には感謝していますが、こんな質問ばかりしてしまい申し訳なく思いますが

自分と子どものために必死に生きてきました。

他人からの被害で数十万も自己負担する余裕なんてありません。

どうぞよろしくお願いいたします。





2013年08月15日 11時11分

酒井 尚土
酒井 尚土 弁護士
ありがとう
「和解になってしまったら弁護士費用は全額自己負担」になるということはあり得ず、和解の場合の弁護士報酬も弁護士費用保険金の支払対象となるものと思いますが、相談者が契約する保険会社に確認して下さい(なお、判決で弁護士費用が損害として認められ、相手方からその支払を受けた場合には、一部弁護士費用保険金が減額される場合があると思いますので保険会社に確認してみて下さい。)。個人的には弁護士費用特約があるならば、使用をお勧めしますが、自分の側の保険会社とご相談下さい。
 人身損害については、原則として、症状が固定した段階で損害額を積算し、加害者側に請求していくことになりますが、加害車両の自賠責保険に対して被害者請求という手続きをとることも考えられます。また、症状固定の前に、加害者側保険会社に対して内払いを求めたり、治療費については直接保険会社が病院に支払うよう求めることも一応考えられます(保険会社が応じるかどうかは分かりません。)。
 入通院の慰謝料の額は、一般的には、(入院期間と)通院期間に対応する形で、裁判所で認められる一応の基準が、赤い本(損害賠償額算定基準・日弁連交通事故相談センター東京支部)や青い本(交通事故損害額算定基準・日弁連交通事故相談センター)と呼ばれる本に載っており、例えば、赤い本では、むち打ち症で通院2月だと36万円、3月だと53万円とされています(保険会社はこれよりも低い基準を提示すると思います。また、自賠責保険では通院の実日数に比例する形になります。)。なお、後遺障害が発生した場合の慰謝料は別途算定されます。
 それから、物損について、念のため追記ですが、仮に、雇われる側の車の使用が大前提となっているアルバイトで、車がないために予定されていたアルバイト収入がなくなったというのであれば、人損としての休業損害(怪我や通院等のために働けなかった損害)ではなく、物損としての休車損害(営業車両が事故で使えなかったために失った営業損害)を請求できる場合があると思います(二重請求はできませんが。)。休車損害が認められうる期間は、経済的全損の場合は、原則的には、車の買換えに要する相当な期間とされています。なお、これらの損害はどの程度立証資料があるかによって結果が大きく変わってきます。
 なお、私の方での回答は以上とさせて頂きます。頑張って下さい。


2013年08月15日 13時44分

相談者
酒井先生、お忙しい中私のまとまりのない質問に細かく丁寧に回答いただき感謝しております。

出来る限り自分が納得できる形で
冷静に判断して行動していこうと思います。

先生のアドバイスを参考にして
これからの行動を整理していこうと思います。

本当にありがとうございました!
こういった場で回答が本当に得られるのか不安でしたが
酒井先生にコメントをいただけて本当に感謝しています。

時間をかけながら頭を整理できたことで
これから頑張っていけそうです。

これからの先生のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

2013年08月15日 15時16分

この投稿は、2013年08月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 後遺障害、休業保証またすぐに出せないって何で?

    少しレアでややこしいのですが… 仕事をいくつかしていました の事故…保険会社A 三年前に物損事故で頸椎、腰椎捻挫から来る痛み、目眩、右手の感覚麻痺等で治療していました通勤途中でしたので労災でした 次の事故により労災打ち切り後遺障害12級自賠責の後遺障害の請求をだしましたが症状固定で無いのですぐに出せないとの事 ...

  • 自動車単独事故での死亡診断に疑問

    本年 1月に亡くなった父の死亡診断書と任意自動車保険の支払不能通知について、皆さんの意見を聞かせて下さい。 父は深夜に単独事故で見つかり、救急搬送された病院で死亡が確認されましたが 死亡診断書には死因の覧で病死とされており 直接死因は心室細動との記載が有ります。 因みに 父は慢性腎不全で人工透析をうけていました...

  • 人身傷害保険

    交通事故加害者、過失10割(追突)。 妻帯者で、肩書きは有限会社代表取締役ですが、実際には収入が無く、妻の収入で生活しており、主夫をしています。 追突の衝撃でムチウチになり、一ヶ月通院しました。 主夫休業損害として、人身傷害保険から保険金は頂けるのでしょうか?

  • 自転車対歩行者の事故で、加害者に制裁を与えることは可能か

    ●事故の内容 2016年4月28日9時半ごろに、私が横断歩道を青で歩いていたところ、自転車に突っ込まれてケガを負いました。 警察にも現場に来てもらい、加害者は非を完全に認めています。 ●事故後 私は今回のはかなり危険な行為だと思うので、加害者がいくら謝ろうが罪に問いたいのですが、事故証明?等警察での手続きを進めると、私...

  • 交通事故の人身障害保険における後遺症の逸失利益について教えてください

    業務中に同僚の運転するレンタカーの助手席に乗っていて、第6頸椎椎弓骨折と左鎖骨骨折を受傷、鎖骨骨折のみ手術をしましたが一年を経て偽関節となり、後遺障害申請を被害者申請しようと思います。 ただ、保険会社からは同僚間災害なので、人身障害保険での対応になり、逸失利益は約款に基づき12級5号だと240万円が上限で、交渉には応...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。