エステの途中解約返金の交渉手段(内容証明の書き方、他交渉術)を教えて下さい。

公開日: 相談日:2015年09月24日
  • 2弁護士
  • 2回答

娘ができ婚で嫁ぎました。その前後に脱毛エステで100万円を支払っていて3回通った事をカミングアウトしました。5年も結婚前提でつきあった彼がいて、結婚費用を貯めていたかと思いきや、ビックリと同時に呆れましたが、本人もつわりも酷く、出産後にエステに通う事は出来ないし、育児や家事に追われて、エステどころでは無い事は想定できるのと、保証期間終了後にも継続可とあっても信用出来ません。
(内容証明郵便は書いたことがありますが、有力な文面等を出来ればご教授ください)
保証書(契約書とはなっていません)には下記の様に記載されています。

医療レーザー脱毛1年フリーパス期間保証書
1.保証期間
27年8月5日~28年8月4日

2.通院目安
2~3ケ月おきの通院(計13回まで)

2.代金の支払いについて
治療開始時に1年間保証の代金全額をお支払いいただきます。

3.支払代金の取り扱いについて
初回治療開始後はクリニックが認める相当な理由がない場合、支払済み代金の返金は致しません。

4.解約について
初回治療開始後の解約は基本的にお受けできません。ご本人様が亡くなられた場合、または交通事故、疾患による治療部位損傷で治療継続が不可能と医師が判断した場合に限り手続きを開始させていただきます。また上記理由による解約に至った場合は下記に記す治療基本料金に基き治療消化回数分を清算させていただきます。又、その際はキャンセル手数料として、契約金額の10%(上限20%)がかかりますのでご了承下さい。

5.妊娠時の対応について
医療レーザー脱毛は基本的に妊娠中でもお受けいただく事は出来ますが、万が一の場合、当院では責任を負いかねますので、妊娠が分かった時点でお申し出いただきますと最終治療日で保障期限消化を一時中止し、出産後に残期間を再開することができ、安心して脱毛をお受けいただけるシステムをとらせていただいております。但し、期間終了後のお申し出等、一部対応できない場合もありますので、ご注意ください。


どうぞ宜しくお願い申し上げます。

386575さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府4位
    タッチして回答を見る

     特定商取引法は、継続的にサービスを受ける契約のうち特定の業種については、8日以内であれば店舗での契約であっても無条件で契約の解除(クーリング・オフ)ができるとし、また8日間を過ぎても中途解約をすることができると規定しています。中途解約ができる業種に、エステティックサービスもあります。利用期間が1カ月以上かつ料金の総額が5万円以上の場合です。
     本件では、これに該当します。そこで、消費者の申し出によって一方的に中途解約が可能です。
     解約損料は、法律によってサービス利用前と利用後とでそれぞれ上限額が設けられています。サービスを受ける前に解約した場合は解約損料だけを、サービスが始まった後に解約した場合は、それまでに受けたサービスの料金にプラスして解約損料を支払うことになります。特定継続的役務契約の解約損料の上限額については、エステティックサービスの場合、サービス利用前:2万円、サービス利用後:未使用サービス料金の1割か2万円のいずれか低い額とされています。
     本件エステでは、これに反する定めをしているようですが、上記のように要求できます。
     消費者センターに相談したり、最寄りの弁護士に相談したりして下さい。

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    タッチして回答を見る

    医療脱毛はクーリングオフの適用を受けないため、指摘のような対応は難しいでしょう。

    ただし、解約は可能ですし、その場合、平均的損害を超える分の損害賠償の予定は無効となります(消費者契約法9条)。

    契約書等を持って消費生活センターに直接相談されることをお勧めします。

この投稿は、2015年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから