居酒屋でキャンセルすると、どのような刑罰が求められるのか

公開日: 相談日:2012年11月14日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

飲食店のキャンセル料について質問させていただきたいです。
私は繁華街で居酒屋を営んでおります。先日、10名様のご予約を当日になって一方的に電話でキャンセルを伝えられました。
その日は週末の繁忙日、その電話の前まではかなりのお客さまからのお問い合わせを頂いておりましたが、そのお客様のためにお断りし続けましが、当日の15時以降に電話でキャンセルを伝えられたので、その日は結局空席のまま居酒屋としてのゴールデンタイムを過ごしてしまいました。
こういう場合は泣き寝入りなんでしょうか?相手も高い弁護士費用を払って訴訟を起こしはしないだろうとタカをくくっているのでしょうか?
弁護士費用の負担も含めて教えていただければありがたいです。
下記に予約の流れをお伝えしますので参考にしていただけたらありがたいです。
1.予約時にキャンセルの不可を伝えた。その時コース料理と飲み放題の予約。
2.予約者の電話番号は番号表示でかくにんした。
3.当日のキャンセルの電話番号も同じ。キャンセルの電話を受けた人間から私に電話をかわった時には、電話が切れていた。
4.その後何度掛け直しても相手は出ないので、留守番電話にキャンセル料の請求のむねを伝えた。
5.途中で電話が切れているため、キャンセルが成立していないので、予約が受けれなかった。

こういうことが許されるのならば、電話予約というもの自体が意味をなさなくなるのではないでしょうか?
できれば、泣き寝入りはしたくはありません。
ご回答宜しくお願いします。

149887さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    相手の一方的な都合で契約の履行ができなかったといえますので、これによって被った損害については、合理的な範囲で損害賠償請求することが可能です。

    相手が電話にも出ないということですので、電話番号から契約者を割り出し、訴訟提起するという方法が考えられます。
    電話番号から契約者を割り出すためには、弁護士に依頼するなどの方法を取らないと難しいでしょう。
    回収のためのコストが大きくなってしまう可能性があります。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    請求できる損害賠償額は以下の規定によります。解除による仕入れの損害分などは、1項の通常の損害。
    その予約があったせいで、他のお客を断らざるを得なかったことは2項の損害として、相手が認識していたことまで立証しなければならないでしょう。

    第416条
    1.債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。
    2.特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、又は予見することができたときは、債権者は、その賠償を請求することができる。


    訴訟の価格は事務所次第ですが、安く見ても30万円を切ることは無いでしょう。
    店としての信用もありますし、残念ですが、今回は諦められた方が良いかと思います。

    ちなみに弁護士事務所でも、そのような方はまれに居ますが、当事務所では、「キャンセル連絡が無い場合は、2度と予約を受けない」「連絡があっても直前キャンセルであった場合は、他の事務処理や業務の無いときの9時~5時しか予約を受けない」と対応しております。

この投稿は、2012年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから