損害保険の保険証書 とパンフレットおよび担当者から受けた損害補償金額の食い違いのトラブル

保険会社と契約内容をめぐりトラブルになり、損保会社とのADRを扱う社団法人に以下の内容を相談すると「担当者の不法行為の疑いがあるがうちでは扱えない」「弁護士に相談を」といわれました

 自転車と歩行車の事故で歩行者は意識不明の重体 私は自転車に乗っていました。
 
 10数年住むアパートの火災保険(X社)の個人賠償特約で対応できる可能性があることを事故後初めて知り、X社の担当者に契約者である親と私ともに
・契約で自転車事故に対応ができるのか
・補償金額はいくらか
  と聞くと担当者から
・証書番号でご契約を確認した
・当該自転車事故にも対応ができる 
・補償金額は最大1億
・相手方とX社は示談交渉はしない
といわれ、証書と食い違っている旨、ずっと契約時から自動更新している旨も伝え確認しましたが、その後も「補償金額は最大1億」とつげ

「相手方には保険会社の力を借りてこちらに十分支払い能力がありご安心くださいと伝える」
「国保の第三者行為届を相手方出していただくようお願いをする」
などと相手方に伝えるよう私に言いました
 
 相手方はかなりこの願いに怒りを覚え「担当者から説明を聞きたい」と要望し相手方の代表者がX社担当者に「最大補償1億の補償と聞くがどういう内容か」と問うたとき、1億であることを否定せず相手方が最大補償1億であると誤認するような説明をし、相手方が届の任意保険の欄に最大1億と記載し市へ届を提出するなど、願いを受け入れました
 
 保険会社から内払により治療費が支払われ、半年近くたってから再度証書番号で担当者に確認したところ証書通り1000万であるといわれました。その間にも証書番号で担当者に確認を再度とったり、口頭で確認をしています。
確認する際「私の補償金額最大いくらか」と聞くと「1億です」と即答し、確認後「お客様は契約時から自動更新で当時のままで1000万円」とつげられました。
私が抗議をすると担当者は一転「1億といった覚えはない」といい、担当者の上司も「電話の録音を調べたが明言していない」との返答でした。 私は追加保険料を出し当初の説明の内容1億の契約で履行してほしいと要求しましたが断られました。

 以上の内容を相談しました
 本当にX社を不法行為に問い1億の補償内容の契約の要求等はできるのでしょうか
 長文になりましたが何卒お願いします
2015年12月16日 22時19分

みんなの回答

桑原 義浩
桑原 義浩 弁護士
詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士
ありがとう
保険会社の担当者の説明ミスということでの不法行為責任を追及するということでしょうか。
そうなると,裁判で行くと,そういう説明を受けたということを証明しなければなりません。
今でもそうですが,当然保険会社側はそんな説明はしていない,というでしょうから,
メモでも何かしら証拠が残っていないか,説明を聞いた人たちの記憶,などから証明していくことになりますね。
ここは,そう簡単ではないでしょうから,裁判で争いになることを覚悟しておいた方がいいように思います。

2015年12月24日 06時15分

相談者
ご回答いただきありがとうございます。またお礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
いただいたご回答でお聞きしたいですが、 メモは最初担当者からの電話ので1億と聞いたときに 自分でメモをのこしてあります・・・がこのメモにはメモを記した日づけが書いておらず,また書いてあったとしても、自分がたしかにその時に聞いたときのメモという証明はできるのでしょうか?
重ねてご回答お願い申し上げます

2015年12月28日 09時59分

桑原 義浩
桑原 義浩 弁護士
詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士
ありがとう
日付等もないと,なんともいえないところですが,少なくともそういった金額が出た,ということはうかがえる,ということになるでしょうか。
そのほか,パンフレット,契約内容説明などのその他の書類関係でどう記載されているか,
そういったことと総合的に判断されることになると思います。

2015年12月29日 21時35分

この投稿は、2015年12月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 過失相殺と賠償額について

    過失相殺と賠償額の関係について教えてください。 【事故の概要】 当方が自転車、相手がバイクの交差点付近の事故で保険会社から提示の過失割合は、当方40%、先方60%でした。 当方の被害者は私の身内であり、事故時はICUに入るほどの一命に関わる状況でした。頭蓋骨が一部陥没し、人工骨に移植が必要となった程で、言語障害等の様...

  • 生命保険の論文解釈について

    生命保険の論文解釈についてご教示ください 有斐閣発行の「生命保険新実務講座 7 法律」に以下のような論文があり、保険事故(死亡)が発生した場合の論文か否かでモメもめています。特に生命保険に詳しい弁護士様、ご教示よろしくお願いいたします。 「第9章 保険募集の取締に関する法律 3.2.4 告知義務違反を勧める行為の禁止(16...

  • 失業保険で失業手当相当の損害賠償請求が可能なのか?

    失業保険に損害を与えられた理由で労使の関係での紛争で裁判になった事例が数多く存在するようです。 法的にすでに失業手当の受給権が存在していないために、どんなに会社が雇用保険の加入手続きを怠っていたとしても、失業手当相当額の損害賠償は認められない (大阪地判平18・1・26労判912号51頁)。 事業主が雇用保険法上の手続き...

  • 契約者への約款通知義務は法的にないのでしょうか?(団体契約の場合)

    団体契約扱いで会社グループの代理店経由で大手損害保険会社と所得補償保険を契約しています。2005年の加入時は簡単なリーフを見て契約し、契約内容は保険会社より毎年約款に準ずる「保険金ご請求手続きに関するご案内(契約のあらまし記載)」が送られています。 約2年前から補償対象外の休職状態で、約1年前より補償対象の病気を...

  • 示談金についての質問

    任意保険に加入していますが、 被害者が示談金に納得しない場合は、足りない請求分は自分にきますか?対人対物無制限です。 民事裁判?をするのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。