FX会社のアフィリエイトに関する海外と国内の違いはありますか?

公開日: 相談日:2020年04月26日
  • 1弁護士
  • 1回答

海外FX会社のアフィリエイトを自分のブログなどで行うと、媒介行為として違法になる恐れがあるとされています。一方、多くの国内のFX会社においてもアフィリエイトを行っている会社があります。
媒介という概念からすると海外FX会社でも国内のFX会社でも同じであると思いますが、海外FX会社を対象とした場合のみに違法性があるのでしょうか?また、その場合、国内のFX会社に違法性がない法的根拠を教えて頂けませんでしょうか。
よろしくお願い致します。

915308さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    FX取引(外国為替証拠金取引)は、金融商品取引法上のデリバティブ取引に該当するため、日本国内の居住者に対してFX取引を業として行うには金融商品取引業(第一種金融商品取引業)の登録が必要です。

    海外のFX業者のおそらく大部分は金商業登録なしに日本の居住者に対してFX取引を行っているものと推察されます。

    金商業登録していない海外のFX業者のアフィリエイトは違法な事業者のアフィリエイトということになります。

    *金融庁の下記のウェブサイトなどをご参照ください。

     「無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください」
     https://www.fsa.go.jp/ordinary/kanyu/20090731.html

     「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」
     https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/mutouroku.html


    他方、国内のFX業者の場合、金商業登録した上でFX取引を行っているはずです。

    また、国内のFX業者の場合、金融先物取引業協会(https://www.ffaj.or.jp/about/rules/)の会員になっているのが通常と思われます。
    金融先物取引業協会はアフィリエイト広告利用に関するガイドラインを定めています。
    金融先物取引業協会の会員になっている国内のFX業者はこのガイドラインを遵守してアフィリエイト広告を行っているはずです。


    なお、国内のFX業者の中にも、金商業登録しないでFX取引をしている業者があるかもしれません。

    国内のFX業者のアフィリエイトになることをご検討中であれば、そのFX業者が金商業登録をしているのかをまず金融庁のウェブサイト(https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kinyushohin.pdf)でご確認になってはいかがでしょうか。

この投稿は、2020年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから