資産運用について。資産運用で公務員が株やFX取り引きすることは違法になるのですか?

資産運用で公務員が株やFX取り引きすることは違法になるのですか?
2014年05月13日 00時28分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ありがとう
>資産運用で公務員が株やFX取り引きすることは違法になるのですか?

禁止されているのは、兼業です。

通常、株やFX取引は兼業に該当しないため、違法とはなりません。

ただ、職務上知り得た情報を使って利益を上げたり、職務中に取引をする、取引をするあまり職務遂行に影響が出てなどの事情があると、処分を受ける可能性があります。

2014年05月13日 08時05分

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県2
ありがとう
副業禁止に該当するということでしょうか?

通常の範囲なら問題ないでしょう。

2014年05月13日 08時23分

相談者
ありがとうございます。
ちなみに利益があった場合は税金とかの申告はあるのですか?

2014年05月13日 20時26分

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県2
ありがとう
税金の申告はありますが、簡単にできるようになっています。

2014年05月14日 08時41分

相談者
ありがとうございます。勉強になりました。
20万以下なら申告はいらないと聞いたことありますが正しいのでしょうか?

2014年05月14日 08時46分

弁護士A
ありがとう
雑所得については、20万円以下であれば、申告の必要はないものと思います。

2014年06月08日 23時16分

この投稿は、2014年05月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 企業に雇用され資産運用することは出資法に反しますか?

    現在、自己資金で資産運用をしております。 そこで、お金を募って資産運用をすることは出資法などの規制によりできませんが、特定の会社又は組織に雇用される形で、その会社又は組織の資産を運用することは問題ないでしょうか? また、これを複数の会社又は組織に雇用(役員として)され、資産を運用することは脱法行為となるのでしょ...

  • 両親のための資産管理会社は金融証券取引法に基づく登録や届け出が必要か、相続税はどうなるか?

    家族の資産を管理するための資産管理会社の設立を考えています。 現在、両親の資産は銀行で販売されている投資信託などの形で運用しているのですが、この資金で資産管理会社を設立し、銀行に代わってわたしが運用できるようにする案を考えています。 運用方法は株式や債券、為替などの売買となると思うのですが、この場合、金融証...

  • 新会社設立→会社倒産。債権者的・法的に通用するかな?

    負債がかなりあり、のちに倒産を考えている法人です。 社員の1人を独立開業させ、今ある賃貸工場と設備を生かして 今後社員が活用できるようにしたいと思っています。 工具類・車両等も各社員に購入してもらい、しばらくの運転資金に回す予定です。 最終的に社長は、会社の倒産・個人破産を実行したいと考えます。 新会社も、倒産...

  • 会社の金融資産運用を、何の公的資格も持たない代表取締役個人にまかせても問題無いですか?

    株式会社を設立したばかりです。私は代表取締役で、唯一の取締役で、100%株主です。会社は資本金1千万円で、従業員は現在のところおりません。 さて、資本金のうち約8割の使途が未定ですので、その一部を金融資産の運用に充てようと思います。 しかし、設立したばかりの会社が証券会社に口座を解説するのはまず無理ですので、会社...

  • 資産管理会社の清算した場合の残余資産の取り扱いについて

    代表取締役1名のみの資産管理会社を清算することを考えています。 株主もその代表取締役のみです。 その会社の資産は現金と未上場企業の株式になるのですが、精算するにあたり支払う必要がある費用を保有している現金内でまかなえた場合、残りの現金と株式はその代表取締役に全て譲渡してしまって良いのでしょうか。 特に株式に取り...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。