不動産投資に関連する債権回収のトラブル

ある法人が主体となって短期での不動産売買を行うということで、その売買取引を前提に資金を貸し付けました。その不動産は売り手も既に決まっている堅い案件であることを説明され、貸し付けた資金を期日通り返済するという金銭消費貸借契約書を結びました。その貸付に当り、司法書士の立会いの下、不動産を担保設定しておりましたが、期日になっても返済はなされず、更に調べてみたら、勝手に司法書士が勝手に担保設定を外していました。

このようなケースにおいて、その法人の資産は差押えはできるのかと思いますが、司法書士個人の資産を差し押さえることはできるのでしょうか?
もし可能な場合、留意すべきことがあれば、教えて下さい。
2013年06月04日 15時16分

みんなの回答

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
ありがとう
法人に対し貸付金があるので、
仮差押え等ができそうな財産があれば
すぐした方がよいと思います。

お話の通り、勝手に司法書士が担保を外したのであれば、
司法書士にも損害賠償請求ができるので
弁護士に相談依頼して、
損害賠償請求をしたらよい、
場合によっては仮差押えなども
した方がよいと思います。

2013年06月04日 15時24分

この投稿は、2013年06月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,808名の弁護士から、「金融・投資詐欺に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • <不動産売買>融資特約による契約解除と手付金返金

    不動産売買において、融資特約がついている場合、契約書には契約解除と共に手付金返金がうたわれています。 正当な理由なく売主が手付金を返金しない場合でも契約は解除となりますか? すなわち、手付金を返金せずとも契約解除、新たな買主と契約締結(決済)することは違法(二重契約)ではないのでしょうか?

  • 不動産売却時の買主の資金融資協力依頼

    家の販売を依頼している不動産会社から、買主の資金融資について協力を依頼されました。 今回、売買契約が成立し、手付金を受け取りました。買主も不動産会社を仲介しています。 契約書に署名押印時、相手側はいなく販売を依頼している不動産と私のみです。 この時、不動産担当者より、買主が銀行より家の手直しについて資金融資を検...

  • 不動産媒介契約後の担保設定

    3000万円の債務返済のために不動産を売却して返済することで債権者と合意し、支払期限は1年後として猶予をもらいました。 不動産売却に動き始めていて業者と一般媒介契約を締結しました。 債権者から、1年後に猶予するが、先になるので売却予定の不動産に抵当権設定を求められました。売却が決まれば抵当権抹消にはもちろん協力すると...

  • 不動産購入の際の手付金返還について。

    新築不動産を購入するため仲介不動産会社に手付金を預けました。契約の流れは土地を所有する第三者から仲介不動産会社が売買契約を結びその後私がその土地を購入するという流れでした。新築の場合は三回金銭消費貸借契約が必要とのことで第一回目の金消契約の前に諸事情で会社を辞めました。その事を不動産会社に連絡したところ、それで...

  • 不動産の購入契約締結・手付金を支払い後に物件が仮差押えされた場合の対応

    不動産の購入契約締結・手付金を支払い後、物件が仮差押えされました。 <状況> 決済日を迎える1週間前にこの事実を知らされ、売主仲介業者が債権者に取下げ交渉を行ったがこれに応じる気配はなく、売主の弁護士は破産する方向で動き出した。 破産の申し立ては、ちょうど契約期日頃になるとのことで、売主の弁護士から期日を猶予す...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。