海外FX業者のアフィリエイトプログラム

公開日: 相談日:2018年03月08日
  • 1弁護士
  • 1回答

海外FX業者のアフィリエイトプログラム(IB)をブログでリンクを載せたりバナーを載せることは金融商品取引法違反になるのでしょうか。
また、海外FX業者のアフィリエイトプログラムはどのようなことをしたら逮捕されるのですか。
宜しくお願い致します。

640457さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    関東財務局が作成した「海外に所在する無登録業者によるFX取引等の勧誘等に注意!」という書面によると、「「口座開設をサポートします」、「キャッシュバックリベートを提供します」いった内容のものを含め、アフィリエイト広告や雑誌等で海外無登録FX業者の広告をみかけることがありますが、こうした広告行為についても、店頭デリバティブ取引の媒介行為に該当し、金融商品取引法違反行為(無登録営業)に該当する可能性があります。」とされています。
    海外FX業者は日本で営業活動をすると日本法に抵触してしまうので、日本語のページを用意しながらも日本での勧誘はしていない旨の表示を出しています(顧客が自分の意思で海外に資産を持ち出して海外で取引をしているという形にしている)。
    しかしそれでは顧客が集まらないので、日本での勧誘をアフィリエイトに頼っているわけです。どこからが違法になるかの線引きは難しいですが、下手に関与すると広告行為や勧誘行為をしていると認定される可能性もあります。また、海外FX業者が投資金を持ち逃げした場合などに被害者から訴えられる危険性もあります。

この投稿は、2018年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから