結婚式のキャンセル料について(緊急事態宣言)

公開日: 相談日:2020年04月06日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

4月末に都内で少人数の結婚式を挙げる予定でしたが、本日コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が発表されました。
会場側に問い合わせたところ、宿泊やレストランは営業停止となるが、当日の開催は予定通り可能との回答がありました。
特例措置として、延期の場合は変更手数料は発生しないが、中止の場合は取消料が規約通り見積書の50%発生するとのことでした。
延期が難しいため、二人だけでの実施も考えましたが(当方らは地方在住)、ヘアメイク、司会の業者が当日予定通り来れることは恐らく難しく、会場側も実施が難しいと想定される中、規程通りのキャンセル料を支払うことに納得できません。
イベントの自粛などが求められておりますが、こういったケースの場合規程通りのキャンセル料を支払わなければならないのでしょうか?

909047さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都10位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのことと思います。

    ポイントは、
    >当日の開催は予定通り可能
    かどうかにあり、法的には、
    ・可能であればキャンセル料の支払いは必要
    ・不可能であればキャンセル料の支払いは不要
    と考えられます。

    なお、緊急事態宣言がなされても、交通手段は制限されませんので、
    >ヘアメイク、司会の業者が当日予定通り来れることは恐らく難しく
    といった事態は可能性が低いでしょう。

    他方、緊急事態宣言に伴い、一定の施設(床面積1000m2を超える施設)に対し使用制限要請がなされる可能性があります。

    そこで、緊急事態宣言とこれに伴う具体的措置が当該施設に適用されるかにつき状況を見ながら、会場側と協議することが考えられます。

    ご参考になれば幸いです。

この投稿は、2020年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから