「※4月から翌年3月までの年間受講料」は通わなくなっても払う義務がありますか。

某声優養成所に通っている者です。
その養成所を退所したいと考えています。そして受講料は20万円を4分割で5万円ずつ、3ヶ月ごとに払っており、現在10万円分は支払っています。そして受講料手続きの契約書に「いかなる場合でも全額完納」の趣旨の文が書いてあったため、釈然としないながら、退所後も払う気でいました。しかし本日その養成所のホームページの受講料についてという欄を見ると1年で20万円の文字の下に小さく「※4月から翌年3月までの受講料となります」と書かれていました。ということは今まで通っていた分の受講料10万円はさておき、退所後、通わなくなった分の受講料、つまりは残りの10万円は払わなくてもよいのではないかと思ったのですが、どうなのでしょうか。
2019年07月06日 15時11分

みんなの回答

菅野 澄人
菅野 澄人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9
ありがとう
退所後の授業料10万円は支払わなければならないかについては,支払わなければならない可能性が高いです。

理由は,以下のとおりです。
1年分の授業料が20万円で,半年しか通わなかった場合には,残りの半年分は相談者は授業を受けていないし,養成所側は相談者に対して授業を行う必要がなくなったのであるか,残りの10万円というのは,返還義務があるとも思えます。

消費者契約法9条1項「当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 当該超える部分」と規定しているので,仮に,授業料全額を変換しないという「全額完納」の定めが同条項に違反し,無効になるのではないかという点が法律的な争いになります。

この点につき,裁判所は,大学についての判断ですが,4月に生徒が一斉に入学し年度の途中で生徒が入学することを想定していない学校においては,入学日以降の退学によって授業料の返還をしないとの定めは消費者契約法9条1項に違反しない,したがって,生徒は,未受講の授業料を含めて1年分の授業料全額を支払わなければならないとしています。

2019年07月06日 15時40分

相談者
お早い回答ありがとうございます。
ちなみに年度途中に入学はあります。(7月入所として新たに数名クラスに入ってくる場合もあります。)ですので、途中で生徒は増えますが、それでもだめなのでしょうか。
しつこく聞いてしまってすみません。

2019年07月06日 15時49分

菅野 澄人
菅野 澄人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9
ありがとう
年度の途中で入学がある場合には,最初の回答の裁判例のとおりの結論とはならないでしょう。

もっとも,生徒が退学することによって養成所に生ずる損害については,養成所が免れる義務を金銭評価した額と10万円を比べることになるかと思います。
例えば,講師と生徒がマンツーマンで学校の施設を使わない家庭教師のような場合には養成所が免れる義務は10万円程度となり,「全額完納」の定めの全部又は一部が無効となるでしょう。
一方,生徒が養成所の施設で講義を受講するという場合には,1人の生徒の退学によって養成所が免れる義務というのはほとんど無いでしょうから,「全額完納」の定めが有効となるでしょう。

2019年07月06日 16時35分

この投稿は、2019年07月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。