1. 弁護士ドットコム
  2. 消費者被害
  3. 契約の解除・取消
  4. 中途解約・違約金
  5. 取引における不法行為、毎月引き落とされること自体を加害行為と主張できる?

公開日:

取引における不法行為、毎月引き落とされること自体を加害行為と主張できる?

2019年04月04日
取引における不法行為について質問します。

契約締結時に事業者の違反行為があったと主張して毎月支払った分の請求をする時、

損害は、毎月発生していると主張できるのすが、

侵害(加害行為)はいつと主張すべきなのでしょうか。

毎月金額を回収する行為(毎月引き落とし)自体を侵害行為・加害行為と主張できるでしょうか。

よろしくお願いいたします。
相談者(782923)の相談

みんなの回答

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県1
ありがとう
> 侵害(加害行為)はいつと主張すべきなのでしょうか。
:相談内容に「契約締結時に事業者の違反行為があったと主張して」との記載があります。ならば加害行為は当該違反行為になります。引き落としは行為の結果(損害)です。
が、不法行為の法律構成は緻密にやるべき事です。抽象的な質問と抽象的な回答では正しく伝わりません。訴訟提起を考えているなら面談の法律相談をしてください。

2019年04月04日 16時47分

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。