知的障害者の不動産売買契約を無効にしたい

平成21年10月。知能指数54の兄(当時58才)が兄の長女の意志で自宅を売却(780万)しましたが、兄は売却の事実を理解出来ないまま、署名捺印しています。売却代金は長女が受け取っています。自宅売却の事実を知らない兄は、何度も、売却された自宅に戻りましたので、兄を持て余した長女が知人に依頼して、兄はビジネス・ホテルに軟禁されました。
11月末になり、不動産業者が父を訪ね、売却された不動産の買戻しを勧めてきて、兄の消息も解らない状態でしたから、業者の言い値(1200万)で買い戻し、兄は、無事、自宅に帰宅しましたが、不動産売却代金は、兄の長女が返金しません。
事件後、2年経過しても解決出来ず、長女に対して、不当利得返還請求をして、裁判当日、裁判所に出向くと、既に、取り下げをしていました。兄に事情を聞くと、長女に待ち伏せされ、意味も解らず、裁判所に出向いたようです。
私は補助人で、裁判に関しては代理権を得ましたが、取り下げ無効は出来ません。不動産業者も兄の長女側の人で、証言、証拠も不十分です。
1200万の被害を被った高齢の父の希望としては、不動産契約の無効を訴えたいとの事です。
それが無理なら、兄の長女がした悪事を裁判で裁いた上で
長女を父親に対する不良行為で、兄の相続人から外し、相続人を兄の長男(34才)だけにしたいようです。
余命宣告されている父の為にも、早く、結論が出せる、裁判の訴えを教えて頂きたいと思います。
相談者(88963)からの相談
2011年11月07日 00時39分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
補助ではなく、後見にしてはどうでしょうか。
そうすれば訴訟をしても問題なく代理権が行使できると思うのですが。

取り下げ後は、再度訴訟ができますので、今度は長女が連絡しないようにして訴訟提起をする方法もあります。

長女を兄の相続人から外す行為は、兄にその判断能力があるといえなければできませんので、難しいと思います。

兄の長男が、兄の死亡時に長女と遺産分割において戦うべき問題だと思います。

なお、父親の財産を兄に与えないよう遺言を書いておけば、兄経由で長女に相続される財産が減少します。

2011年11月07日 07時02分

この投稿は、2011年11月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 不当利得返還請求

    中度の知的障害の兄が原告、妹の私は代理人です。被告は兄の長女ですが、兄を騙して連れ出し軟禁。兄の住居でもあった不動産を売却し、売却代金を自身のものにして兄に返金していません。売却された不動産は、業者の言い値で父が買い戻しましたが、500万も上乗せさせられた状態でした。証拠が乏しく、無策でしたが、せめて、兄の長女に...

  • 勝訴した裁判ですが、回収困難のため、今後の対策を教えてください。

    4年前に姪が不動産屋と共謀して、知的障害者の姪の父(私の兄)の不動産を900万円で売却して、売却した不動産が兄の住居でしたから父と私の預金で1200万円で買い戻した経緯があります。 不動産屋には500万搾取されましたが証拠が不十分で諦め、姪の取り分の700万円に対して裁判の結果、勝訴して弁護士に言われるまま100万円支払いました...

  • 取得時効を援用する場合の「占有開始時」

    私が現在占有している宅地の一部に、他人所有の土地がありました(最近、知りました)。 (1)1964年(昭和39年)、私の祖父が死亡して、私の父と私の祖母が共同相続人となって、私の祖母が死亡する1982年(昭和57年)までの計18年、占有を継続していました。 (2)1981年(昭和56年)、私の祖母が死亡して、私の父と私の父の弟が共同相続人...

  • 知的障害の兄が売却した不動産取引を無効にしたいです

    平成16年、成年後見制度を利用して、妹の私は、兄の補助人になっています。平成21年10月、兄は長女に騙される形で、生活をしていた不動産の売却をしました。不動産業者との取引では権利の無い長女が売主となり売却代金を受け取っています。 補助人では、兄が無能力者として認められる可能性は低いのでしょうか?もし、認められるのでし...

  • 認知症の父の財産保全方法を教えてください

    知的障害の兄(66才)が、90才で認知症の父(3億の不動産所有)の不動産を売却しようとしています。 兄の1年来の交際相手が、当初は兄の年金だけだったのが、先月は総額800万の農機具を25万で売却させたり、今度は父の財産目当ての為に動いています。 兄に判断能力は無く、財産管理も出来ません。 以前、兄が騙されて兄の自宅を売却し...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

弁護士検索へのリンク

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。