未成年者の就労契約について一方の親が知らされていない状態で取り交わされたことへの対応について

公開日: 相談日:2014年04月20日
  • 1弁護士
  • 2回答

いつもお世話になります。

中学3年生になる娘が、ダンスの技量を買われてダンス教室の講師の所属するプロダクションに入り、講師たちに混ざって地方の催し物などでダンスをすることになりました。
オーディションがあり、合格したらほどなく「仕事」が入り、夜20時を超える練習や、ディナーショーでのダンスなどをやっています。

しかも、この「仕事」の労働報酬は一円もなく、逆に衣装や移動費用は自腹です。
この間の「仕事」は契約書の取り交わしのないまま行われていました。

就労契約をちゃんと取り交わそうと妻を説得し、プロダクションの社長に掛け合わせたところ(契約書を手に入れたら専門家に内容をチェックしていただき、当方にとっても納得のいく内容に書き換えるよう交渉するつもりでした。)、知らないうちに妻が勝手に契約書に判を押し、取り交わした契約書の控えもなにももらっていません。

私の知らない中で勝手に契約書に判を押して控えもない契約を無効だとして取り返す事は可能でしょうか。(親権者の片方が全く内容を知らされていない、娘の就労契約が合法なのかどうか)

娘自身はダンスを楽しんでおり、将来もダンスにかかわる仕事をしたいと思っているようなので、水を差すつもりはありませんが、違法な就労条件があれば是正しないといけないと思います。

是非アドバイス方よろしくお願いいたします。

246783さんの相談

回答タイムライン

  • 岡田 崇 弁護士

    注力分野
    詐欺被害・消費者被害
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    親権は父母の婚姻中は父母が共同して行うのが原則ですので(民法818条3項)、母が単独で契約をした場合、就労契約の取消等が可能になります。

    もっとも、母が父の名義も含めて共同で契約をした場合には、父の意思に反したときでも就労契約の効力が生じます(民法825条)。もっとも、相手方が父の意思に反していることを知っておれば別です(同条ただし書き)。

  • 岡田 崇 弁護士

    注力分野
    詐欺被害・消費者被害
    タッチして回答を見る

    なお、契約の詳細が分からないと何ともいえないのですが、仮に労働契約といえた場合、労働基準法58条が適用されることから、お子様本人が労働契約を締結する必要があります(親の同意(これも共同親権)は別途必要です)。また、お子様に不利であると認めたときは、親権者や行政官庁は契約を将来に向かって解除することができます。

  • 相談者 246783さん

    タッチして回答を見る

    追加の質問になってしまうのですが、催物での出し物の練習と称して土日や夜20時を超える時間帯の拘束を受けています。本人や妻は練習はあくまで練習で仕事ではないとバカを言っていますが(そんなこと言ってしまえば、セールスのための資料作りは仕事じゃない)、中学生女子に対してこの時間帯の拘束は違法ではないでしょうか。また、20時前としても飲酒の伴う席で未成年がダンスを踊ることはどうなのでしょう。

  • 相談者 246783さん

    タッチして回答を見る

    更に追加の質問です。
    今日23時現在家に帰る終電がなくなっているのに練習後の反省会と称して娘たちを拘束して何処かのファミリーレストランにいます。
    明日は平日。幸い創立記念日で学校は休みですが、普通なら学校がある日です。
    終電がなくなっているのでタクシーで帰らなければならず、たぶんそのタクシー代も出ないでしょう。隣の県とはいえ結構な距離と割増料金を取られる時間帯です。
    芸能界の労働基準法というのはどういう風に扱われているのかわかりませんが、まずこれは違法行為だと断罪できますか?
    断罪できるとするとどのようにすればいいでしょう。

この投稿は、2014年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました