大手美容室検索ポータルの景品表示法違反疑義・誇大広告に関しての質問

公開日: 相談日:2017年01月11日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

美容室向けのポータルサイトの仕様において、誇大広告の可能性があると言われております。
下記のような仕様なのですが景表法違反にあたる可能性はございますでしょうか?

------------
■美容室ポータルサイトの仕様
・美容室検索サイトにおいて、評価・予約件数に関わらず、支払った料金が多ければ多いほど「人気が高い」「おすすめの美容室」という表示がされる。
・支払った料金が低い場合は「人気がない」ということになる(ページの最下層に追いやられる)
・実質は広告費=人気順となっているが、ユーザー向けには「PR」「広告」という表示がないので、純粋にお金を払えば人気のサロンという称号が与えられている

■懸念されている点
・実質は「有償の広告」にも関わらず消費者向けには「人気のサロン」というお墨付きを与えている。
・口コミが劣悪な美容室もお金を払えば「人気がある」という位置に掲載することが可能である。
------------

不当な表示として景品表示法に抵触する可能性があると言われていますが、
抵触する可能性はございますでしょうか?
ご教授頂けると幸いです。よろしくお願い致します。

515095さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2017年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

弁護士回答数

-件見つかりました