消費者被害。ネットワークビジネスについて。

この前、友人から突然連絡がきて「大事な話があるから地元のファミレスに来てほしい」と言われ「もしかしてネットワークビジネスの話?」と聞くと「違う。そんなの知らない。」と答えました。
会いに行ってみると「ごめん。本当はネットワークビジネスの話なんだ。お前と一緒にやりたいと思ってるから聞いてほしい」と言われました。
3時間くらい話を聞かされ「もしやる気があれば連絡してほしい」と言われて、その日は解散しました。

しかし特商法の連鎖販売取引では「勧誘目的であるならば勧誘目的である事を相手に伝えて了承を得なければならない」と決められいます。
それを友人に問い詰めると「勧誘ではなく説明が目的だったから問題ない」と言ってきました。
つまり、勧誘目的ではなくビジネスの内容を説明するのが目的だったから違反はしていないという事らしいです。

ここで質問が2つあります。
①説明目的であるならば相手に説明目的である事を伝えなくても合法なのでしょうか?
②「ネットワークビジネスの話ではない」と嘘をついて呼び出した事は問題ないのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

b4_1078さん
2019年04月12日 13時02分

みんなの回答

岡村 善郎
岡村 善郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 鹿児島県2
ベストアンサー
ありがとう
1)3時間くらいネットワークビジネスの話しが続いたのですね。
これが勧誘でなくて,他に勧誘行為があるでしょうか。

2)嘘をつかなければ,呼び出せないようなビジネスだということでしょう。
幸い,マルチ商法の知識がおありでしたから,巻き込まれずにすみましたが,この話が続けば,詐欺商法に巻き込まれかねないところでした。

2019年04月12日 14時30分

この投稿は、2019年04月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。