弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

訴訟決定通知状が届きました

ネットワークビジネスの商品を購入し
その後トラブルがあり支払いを止めています。
クレジット会社から訴訟決定通知状というものが届きましたが今後どのような展開になりますか?
支払うつもりはありません
JAさんさん
2017年06月09日 17時54分

みんなの回答

山田 兼太郎
山田 兼太郎 弁護士
ありがとう
クレジット会社から訴訟提起がなされたのであれば、そのままにすると判決が出て、強制執行される可能性が出てきます。従って、なるべく早い段階で弁護士に相談されると良いと思います。

2017年06月10日 02時03分

JAさん さん (質問者)
回答ありがとうございます
時間的にはどれくらいの猶予がありますか?
20数万の金額で直ぐに訴訟など起こすのでしょうか?
ましてや販売方法(アップの人間)に問題があるので会社側に調査を依頼中です

2017年06月10日 04時56分

山田 兼太郎
山田 兼太郎 弁護士
ありがとう
時間的には、訴状等の書面に期日が書かれていると思いますので、それまでは余裕があると思います。20数万円であれば、少額訴訟が使えるので、訴訟を起こす場合もあると思います。
いずれにしても、弁護士に相談者様に届いた書面を見せて相談することをお勧めいたします。

2017年06月10日 20時15分

JAさん さん (質問者)
販売方法に問題があるため調査を依頼している事は、クレジット会社には関係のない話になりますか?
重ね重ねすみません。

2017年06月10日 20時20分

山田 兼太郎
山田 兼太郎 弁護士
ありがとう
販売方法に問題がある場合、クレジット会社に対して支払い停止の抗弁を主張出来る場合があります。従って全く関係のない話というわけではないと思います。
※支払い停止の抗弁とは、販売業者に問題が生じている場合に、クレジット会社に対して、その 問題を主張してクレジット会社からの支払を拒否する権利(割賦販売法30条の4、30条の5、3
 0条の6)をいいます。
ただ、クレジット会社としては、抗弁が主張されるまでは、請求を立ててくると思いますので、抗弁は相談者様が主張するしかありません。この主張が可能かどうかも含めて弁護士に相談した方が良いと思います。

2017年06月10日 20時35分

この投稿は、2017年06月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • ネットワークビジネス 副業 違反

    ネットワークビジネスは副業禁止の会社では違反になりますか?解雇されたりするのでしょうか?

  • オークション支払に応じない場合の小額訴訟

    先日、ネットオークションでダウンジャケットの新品を出品し落札されました。 オークション業者経由の決済方法で支払処理が完了した連絡があり商品を発送致しました。 後日、オークション業者から支払処理が当方の口座登録の相違でキャンセルになった旨メールが来ました。 落札者に別の決済方法を相談して下さいとの事。 落札者には...

  • 海外からの小額訴訟について

    弊社はカナダにある民間企業です。日本にオフィスはございません。 弊社サービスをカナダにて利用した顧客が、日本に帰国後、サービス内容に不満を持ち日本にて小額訴訟を起こすと脅し、サービス料の返金を求めております。 弊社は事前に定めているサービス約款に基づき一部返金を行いましたが、納得せず、全額返金を要求していま...

  • インターネットオークションにて商品を落札したが商品が届かない、返金を求めても応じない。

    11月15日にインターネットオークションにて18金ネックレスを 20万円で落札し支払い完了しましたが、商品が届きません、3日過ぎから催促の連絡するも連絡とれず、2週間後インターネットオークションに記載してある住所に内容証明を送りました、配達はされたみたいです、内容証明には返金に応じない場合には少額訴訟しますと伝えました。...

  • クーリングオフの法定書面の交付不備について

    クーリングオフ可能な8日間を経過していましたが、特定商取引法の法定書面の記載事項漏れがあったため、クーリングオフしましたが、業者がクーリングオフを認めていません。 そもそもクーリングオフ可能な期間に、一度クーリングオフを申し出ましたが、執拗な説得にあい、クーリングオフができなかったということも背景にあります。 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。