中学生、怪我のため松葉杖使用中でも、見学が認められず、理不尽な叱責と、無理に体育に参加させられます。

公開日: 相談日:2021年01月11日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

中一の娘が捻挫で、松葉杖を使い1ヶ月は足を地面に着かないようと、2ヶ月は運動禁止と、医師の指示があるなかでの、体育の教師の対応です。
担任へ電話連絡して、体育は1ヶ月は休みとお願いしました。ケガの翌日のみ見学し、翌々日からは、見学を希望すると、体育教師より何もできないのか?できることを探せと。大声で注意を受け、松葉杖を置いて守備だけ参加しました。足は、靭帯が2ヶ所部分断裂していて、1ヶ所は靭帯が延びている、程度の重い捻挫です。次からの体育も休んでいません。この時点で親は知りませんでした。その後も本人が体育の見学を申し出ても、教師からの言葉は
●ドクターストップなんて誰でもいえる。
●医者は偉いわけではない。病名怪我名なんて誰でもいえる。
●体育を休むなんて考えられない。
体育の度にみんなの前で言われています。整形外科の診察時に、ドクターに娘が体育してます。と伝えたのを聞いて、状況を親ははじめて知りました。ドクターから休むよう改めて指示。私が養護教諭に、怪我の状態、体育見学を改めて電話でお願いしましたところ●親から文句言われるのは俺だからなと、いわれたそうで体育は休まず続けています。

体育が得意な娘で、捻挫してもみんなよりも出来たくらいだよと元気に話していましたが通知表は3でした。娘はママの電話で先生が機嫌わるくしたからだよと。教室での保健の授業中には、一言も話をしていない娘に、「○○○○さん静かにしてください。」とフルネームで注意を受けることもありました。評定は問題にはしないつもりですが。
①親からの体育見学の連絡があっても、ドクターストップを認めず、体育をさせたこと。
②親が養護教諭に捻挫の状態を改めて連絡し、体育見学を希望したことを、親から文句を言われたと、子供にはなすこと。
③医師からの指示を信じない。診断を否定する
大柄な声の大きな40才代の男性教師です。
担任、養護教諭に頼んでも無理でした。
何もせず、この教師の嫌みや恫喝が終われば、娘はそのままでもいいと。私は来年度、娘の体育担当から外してもらることが希望です。逆恨みされて、娘への対応が悪くなるのが心配で、相談する場所をよく考えないといけないと思っています。

教師からの、娘への仕返しもこわく、これからの学校生活に支障がでないようにするには、どこへ相談するのがいいでしょうか?

986790さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > ①親からの体育見学の連絡があっても、ドクターストップを認めず、体育をさせたこと。
    > ②親が養護教諭に捻挫の状態を改めて連絡し、体育見学を希望したことを、親から文句を言われたと、子供にはなすこと。
    > ③医師からの指示を信じない。診断を否定する

    一種のパワハラになるでしょう。
    >
    > 何もせず、この教師の嫌みや恫喝が終われば、娘はそのままでもいいと。私は来年度、娘の体育担当から外してもらることが希望です。逆恨みされて、娘への対応が悪くなるのが心配で、相談する場所をよく考えないといけないと思っています。教師からの、娘への仕返しもこわく、これからの学校生活に支障がでないようにするには、どこへ相談するのがいいでしょうか?

    校長先生にいうべきです。逆恨みの可能性があることも合わせて伝えて下さい。

  • 相談者 986790さん

    タッチして回答を見る

    私の長文をお読み頂き、回答もありがとうございます。

    娘の捻挫の程度が重いので、
    学校では、敷地内まで車の送迎、校内エレベーターの使用許可(1ヶ月)をもらっていました。
    毎朝、職員玄関まで、親付き添いで、学年主任に迎えられて、鞄、荷物など、先生に持ってもらい、多くの先生の手助けを受けて登校していた中で、このようなことがおこっていました。

    この体育教師は、担任を持たずに体育のみ教えているのですが、年長の先生にも丁寧に話をせず、いつも怒鳴るような話し方をします。同じ市内にある前の学校では、自分の履い
    ていた上履きを投げてつけて、生徒の顔にケガをさせた事実があります。

    担任、養護教諭を通じての体育見学の話も無視されてしまうので、正直、学校へ言っても解決になるかは不安なのですが、

    診断書や、娘の体育参加の日、教師からの言葉など、まとめて校長先生に直接面談をしてきたいと思います。
    ありがとうございました。

この投稿は、2021年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから