特定商法取引法違反に該当する場合はお金の返金は可能でしょうか。

公開日: 相談日:2020年10月14日
  • 1弁護士
  • 2回答

暗号資産の投資被害に遭いました。
今年の3月下旬ごろ友人(Aさんと称します)から「資産が3倍以上になる。これは確実」と言われ、
Aさんと2人で直接話しを聞きたいて伝えたのですが、セミナーに連れてかれました。
そのセミナー主催の会社はアービトラージというツール?のような物を売りにしているようです。
セミナー終了後、後日、またAさんと直接話しをするという機会を得て話を聞きました。
その時のメインの内容はアービトラージではなく、私が16万5千円払って入会すれば、
ボーナスが配当されて、その配当金の30%を私に分けるということでした。
だから入会しないかという勧誘でした。
しかし、10月現在、配当はされません。
現在Aさんに問合せをしても返信もありません。

Aさんの違反行為について
・明らかな勧誘の意思を伝えていない
・クーリングオフの説明をしていない
・ボーナスを渡していない
・誇大広告
・契約概要書面の規約違反(下記詳細)
会社の契約書面の禁止事項に
確実に儲かると断定的に相手に告げるなど、判断を誤らせる説明をすること。
と記載があります。

これらの違反行為を会社の上部に伝えればお金は取り戻すことは可能でしょうか。


964051さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都4位
    タッチして回答を見る

    > これらの違反行為を会社の上部に伝えればお金は取り戻すことは可能でしょうか。

    クーリングオフ期間内であれば、無条件に契約を撤回して、既払い金の返還を求めることができるでしょうし、Aさんが、その会社の社員だったり、その会社と契約関係にある勧誘員だったりするのであれば、Aさんの違反行為を会社へ伝えて、契約解除をして、既払い金の返還を求めることはできるでしょう。

  • 相談者 964051さん

    タッチして回答を見る

    迅速な対応ありがとうございます。

    クーリングオフの期限は切れています。
    Aさんは会社との関連はほとんどないかと思われます。
    会員登録と勧誘行為を行っている程度かと思われます。

    弁護士の先生に相談して書面を書いてもらうことは可能でしょうか。

  • 弁護士ランキング
    東京都4位
    タッチして回答を見る

    > 弁護士の先生に相談して書面を書いてもらうことは可能でしょうか。

    会社と関連がないAさんが何らかの違反行為をしたとしても、それを理由に会社との契約解除を主張することは難しいのではないかと思います。会社の違反行為や債務不履行を理由として契約解除を主張する必要があるでしょう。

  • 相談者 964051さん

    タッチして回答を見る

    具体的な提案ありがとうございます。

    参考にさせて頂きます。

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました