登記簿上の住所が不完全?

会社の登記と、特定商取引法上の表記に関する質問です。
あるサイト運営会社の「特定商取引法上の表記」ページにおいて、会社の住所が「東京都S区E町xx」(xxは番地です)のように記載されていました。登記簿上もそうなっているので、この点だけ見ると問題はなさそうに見えます。
しかし、実際に地図で確かめてみると、このxxという番地の中には複数の建物が存在し、本来ならば「xx-yy」と表記すべきものであるように見えます(地図サイトなどでは実際にyy番地をさらに指定して検索できるようになっているようです)。となると登記簿上の住所が不完全、ということになるように素人には感じられるのですが、これは登記上、あるいは特定商取引法上、問題はないのでしょうか。
2011年11月23日 12時28分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
不備かもしれませんが、だからといって大きな責任を追及することはできないのではありませんか(怪しげではありますが)。

2011年11月23日 19時30分

相談者
不備ではあるが、せいぜい「この会社にはこのような不審点があります」という程度ということですね。即法律的に問題があるとまではいえない、ということでしょうか。まあこれ「だけ」をもって会社の不法性を追及するわけではないのですが、参考にさせていただきたいと思います(訴訟したときに裁判官に「この会社はおかしい」と思ってもらえるような要素の一つになればいい、ぐらいに考えることにします)。

2011年11月23日 22時47分

弁護士B
ベストアンサー
ありがとう
いつも登記簿をみている弁護士の立場から言わせていただきますと,指摘すべきではありません。

まず,その建物が周囲の建物より古い建物であれば,その記載は正しい可能性があります。加えて仮に意図的な間違いだったとしても,それが法的に問題になることではありません。

加えて,相手の不誠実さなどは,裁判官は判決の理由に使えないため,そのような主張に時間を裂くと,裁判官の心証を悪くします。

私は,そのような意味のないことは,指摘することすら控えるべきだと思います。むしろ,法的に意味のある主張に力を注いで下さい。

2011年11月28日 18時04分

この投稿は、2011年11月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 中国の登記に関して教えてください。

    中国の登記に関してご存じでしたら教えて下さい。 中国のAと言う会社に、当社の扱う工作機械を輸出します。 A社には第1工場と第2工場が有り、両工場とも1km圏内に有ります。 工作機械を輸出する前に、経済産業省に輸出許可のライセンス交付を受ける必要があるのですが、交付を受ける為に、A社の登記簿を経産省に提出する必要が有りま...

  • ホームページ上の会社所在地の記載と、登記簿謄本上の会社住所が異なる。違法か否か?

    前回、下記質問をしました。 https://www.bengo4.com/houmu/12/1253/b_498801/ Q 企業が契約する場合、登記簿上の会社所在地や実印登録していない押印でも契約は成立する? 質問抜粋 ネット上で知り合ったある企業と請負契約の交渉を詰めています ところが相手方のHP記載の住所では商業登記簿の登録がありません ネット検索で...

  • 登記簿謄本の間違い。何の罪?

    登記簿謄本の間違い。何の罪? ある取引先の信用調査の為、その会社の登記簿謄本を調べました。 ホームページ上には、「●●年●月●日より、本社移転しました」と記載があるのですが、 取り寄せた登記簿上の本社所在地と、その会社のホームページに記載されている本社所在地が異なります。 さらにホームページ上での会社移転日は...

  • 商業登記簿謄本のWEB公開

    自分とは関係のない法人の商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)を法務局から取り寄せ、それをスキャンし、WEB上に公開することは違法でしょうか? 謄本には代表取締役の住所も掲載されているので、気になります。

  • 「特定商取引法に基づく表示」においての相談です

    会社のWebサイトの「特定商取引法に基づく表示」において、 Q:「電話番号」の欄を、いたずら電話が絶えないために非公開とする事は、法律上、可なのでしょうか? 電話番号の欄には、「イタズラが絶えないため未記載」と記載されているんです。 Q:この場合は特に違反/禁止行為ではないんでしょうか? ちなみにその会社とい...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。