賠償責任について。撮影費用は請求できますか?

損害賠償責任の有無について相談させていただきます。 撮影で起用するはずの商品が遅延のため、撮影がキャンセルになりそうな状態です。そこで先生方に質問がございます。 

注文した商品が期日まで届かず予定されていた撮影がキャンセルになった場合:

1.販売元に賠償請求ができますか?
2.請求ができる場合、どの程度相手方に費用を担保することを要求できますか?

ご回答のほどお願いいたします。
2019年08月21日 12時37分

みんなの回答

今村 幸次郎
今村 幸次郎 弁護士
詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1 販売元が契約で定めれた引き渡し日までに商品を引き渡さなかったことは、履行遅滞の債務不履行となりますので(民法415条)、原則として、販売元に対して、それによる損害の賠償を請求できます。
2 原則としてといったのは、販売元に故意または過失がないような場合、契約上免責条項がある場合(「商品の遅延について販売元は責任を負わない」などの条項が契約書上予め定められていることがある)、天災、不可抗力等による場合は除くということです。 
3 賠償を請求できる損害は、法律上、その履行遅滞によって、通常生じるといえる損害とされています(民法415条1項)。特別の事情によって生じた損害は、その事情を債務者(販売元)が予見しまたは予見できたといえる場合は、やはり賠償を請求できることになっています(同条2項)。
4 物の引き渡しの遅延による通常の損害とは、その遅れた期間商品を使えなかったことによる損害、代わりの物を仕入れなければならなかったことによる費用等となります。あなたの場合、その商品が撮影に使われる予定で、商品が間に合わなかったために撮影がキャンセルされたことによる損害も被るものと思われますが、それは、特別の事情にあたると考えられますので、販売元がそのことを予見し、または、予見できたといえる場合には、その損害(撮影準備に要した費用、撮影ができなかったことによる損失等)も賠償請求できることとなります。その商品を何のために使うか伝えてあったか、伝えなくても当然にわかっていたと言えるか等がポイントになりそうです。

2019年09月01日 08時27分

この投稿は、2019年08月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

内定が取り消された場合の対処法と不当な取消しと認められるための基準

内定は、会社が一方的に取り消すことができると考える人もいますが、そうではありません。取消しの理由が不合理なものであれば、内定取消しが無効にな...

この相談に近い法律相談

  • これはキャンセルできないのでしょうか?

    以前からホストクラブに通っていて指名しているホストに誕生日にシャンパンタワーをやってほしいと言われていました。 10ヶ月ほど前に言われた時はお金があったので出来ると言いましたが… 三ヶ月ほど前から状況が変わりやっぱり出来ないと断りました。 それにもかかわらずしつこく言われギリギリでキャンセルしようと思い承諾して...

  • キャンセルのキャンセル

    レンタルスタジオを2/7に借り、昨日利用者の一人がインフルエンザになりスタジオをキャンセルしました キャンセル画面には「キャンセル可能日は2/4まで」と書かれておりキャンセルしましたが 返金の連絡がないので調べてみると違うページに、7日前以降は100%キャンセル料がかかると書かれており キャンセル料がかかるなら残りの利用...

  • 取り消し

    19歳の時に親の承諾なしにバックを売った場合 取り消せると思いますが成人になってからその時得た金銭を 使ってしまったらもう取り消せなくなりますか? よろしくお願いします

  • 間違えて商品を注文。この商品はキャンセルできますでしょうか?

    私がもっと確かめてから、購入をすればよかったのですが……。楽天市場で電気器具を注文しました。ところがそれは、私の欲しい商品とは別ものでした。注文してから2時間後に間違いだとわかり、すぐ販売会社に電話したのですが、ただ留守番電話が営業時間ではない、というのを連呼するものでした。電話は無理だったので、購入のキャンセル...

  • 代引き発送商品の注文キャンセルについて

    宜しくお願い致します。 ネット販売業を営んでおります。 お客様から代引きの注文が入り、後ほどキャンセル依頼のメールが届きました。 注文手続きの中で、注文確定用のメールをお送りし、そのメールに記載のパスワードを注文画面に打ち込む事で注文完了となる仕組みで受注しております。 そのパスワード記載のメールに「ご注文後...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。