債務不履行の時効、小額訴訟について。また、残金264,250円を小額訴訟で請求できますでしょうか。

当方は中古自動車販売と修理板金を業務としている会社です。

H22年1月に、お客様の車両が0対100の車両追突事故に遭い、直後、お客様が加害者の契約する損害保険会社に、当社の連絡先を告げ、保険会社を通し、当方に修理の依頼をしてきました。

お客様から、修理や部品交換費用などは保険会社が支払うので、保険会社と話をすすめて修理してくれと言われていました。それで、こちらは車両を引き取りに行き、保険会社のアジャスターが当社の工場に来て、車両修理見積りをしました。当社は、それに従って、部品調達も済ませ、修理作業を完了し、H22年3月4日にFAXにて保険会社に合計430,500円を請求しました。

しかし、H22年3月12日に、保険会社から当社の口座には、陸送代金の26,250円だけが振り込まれていました。
保険会社に問うと、お客様が、3月6日に、保険会社の担当者に、陸送代金は当社の口座へ、修理代金は、自己の口座に振り込むよう依頼していて、当社へ送金されるはずであった残金404,250円を受け取っていました。

お客様と連絡が取れず、やっと連絡が取れたら、海外に行っているので帰国したら連絡するとのことでしたが、5月頃からその携帯電話は解約されていました。7月になっても連絡は来ず、車も当社の工場に放置されたままでした。

H22年7月に、保険会社を通し連絡をお願いするとあっさり回答が得られ、取り合えず現金140,000円支払い、8月末までに残金を支払うという約束で、修理済みの車を引き取りに来ました。残念ながらその際に念書等は残しておりません。結局残金は返されていません。

質問ですが、この場合、時効はいつになるのでしょうか。また、残金264,250円を小額訴訟で請求できますでしょうか。可能であった場合、相手の口座番号が分かっているので差し押さえする方法を教えてください。
2014年03月04日 20時30分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
>質問ですが、この場合、時効はいつになるのでしょうか。

通常は、14万円を支払ってから5年と考えられます。

>また、残金264,250円を小額訴訟で請求できますでしょうか。

できます。

>可能であった場合、相手の口座番号が分かっているので差し押さえする方法を教えてください。

勝訴判決が確定した後、債権差押命令申立を行います。
必要な書類等については、差押えで検索すれば大体出てきますし、裁判所に相談すれば教えてもらえます。

2014年03月05日 06時37分

この投稿は、2014年03月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 詐欺として扱われますか?

    当方は中古自動車販売と修理板金を業務としている会社です。 今年1月に、お客様の車両が0対100の車両追突事故に遭い、直後、お客様が加害者の契約する損害保険会社に、当社の連絡先を告げ、保険会社を通し、当方に修理の依頼をしてきました。 お客様から、修理や部品交換費用などは保険会社が支払うので、保険会社と話をすす...

  • お宝終身保険の内容確認、保険会社の虚偽説明を立証出来るか

    日本の保険会社に昭和64年ごろ終身生命保険に加入 死亡保障1200万 月額1万支払い 現在 累計保険料350万 積立配当金約27万 払済保険 払済保険金額約1180万 解約時受け取り額270万 契約した時に作成された、当時の利率で推移した場合の書類には 50歳から80歳満了確定年金として受け取る場合、年金基金充当...

  • 会社再生できますか?

    運送業ですが、保証協会付き融資約1億円 銀行プロパー約1500万 国金700万の借入があります。現在リスケ中です。ある企業との取引にて3年間で大赤字を計上し値上げ交渉の末今月末にて撤退になりました。会社全体売上月約2100万円(2月末) 赤字部門を除き、無駄を省くと営業利益として約800万~1000万/年のめ...

  • 社用事故の賠償額について

    運送会社に勤めています。 業務中に事故を起こしていまい、保険の対立からは5対5でした。 相手車両の修理費用で会社の方へ18万円位の請求があり、その内の7万5千円の負担を求められました。 会社の車は修理する程の外傷もありません。 任意保険には加入済ですけど、5対5の割合からは高額のような気がします。 昭和51年の...

  • 保険法第25条の請求権代位(自動車の物損交通事故)

    自動車物損で、私の過失が2、相手の過失が8、で話がまとまりつつあります。 私の車の修理代は150万円で、車両時価額が100万円。経済的全損ですが、自己負担が出ても修理希望です。 相手は対物保険で100×0.8=80万円支払ってくれるはずです 私は保険価額50万円の車両保険に加入しています。 自分の車両保険からの...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

詐欺被害・消費者被害に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

消費者被害のニュース

  1. ウガンダ「SNS税」に不満の声「大統領にも政...
  2. GLAY楽曲「無償提供」の誤解…結局、JASRACか...
  3. ヤフオク「転売目的」で入手したチケットの出...
  4. 部活のパワハラで学校や顧問に賠償命令…被害...
  5. 無線LAN「ただ乗り」無罪判決→総務省「違法の...
  6. 「白ナンバー」無許可霊柩車の業者書類送検…...
  7. 結婚相談所「必ずいい相手を紹介する」、解約...

活躍中の弁護士ランキング

詐欺被害・消費者被害の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。