医療過誤の裁判について

医療過誤で示談交渉が上手くいかなかった場合、調停やADRに移行したとして、解決の期待値はかなり高くなりますか?それとも然程大きく変わる事はありませんか?
2019年08月03日 14時50分

みんなの回答

鈴木 晶
鈴木 晶 弁護士
ありがとう
事案がわからないので、一般論としてお伝えいたします。
調停やADRは、当事者だけではなく、第三者を交えての話し合いとなるので、当事者のみで行うよりも、比較的解決への期待値は高まります。
ただ、調停やADRの解決とは、「あくまでも話し合い」なので、相互にある程度譲歩する必要性は出てくる可能性はあります。

2019年08月03日 16時00分

相談者
回答ありがとうございます。

大体は最初の示談交渉で解決しない場合は、裁判という形の方が良いでしょうか?
それともう1つ、今回依頼した弁護士は調査した結果、責任追求が難しい場合はお断りします。という弁護士でしたが、十分見込みがあるという事でしたので、示談交渉をお願いしました。この場合、示談交渉である程度の結果は出してもらえるのでしょうか?一般論で構いません。ご回答お願い致します。

2019年08月03日 16時12分

鈴木 晶
鈴木 晶 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
相手方にも弁護士がついており、こちら側にも弁護士がついている場合、話し合いがまとまらなければ裁判ということも十分考えられます。
ADR手続きもお互いの合意がなければ基本的にはまとまらないものなので。
例えば、医療ミス自体があったこと自体に争いがあるのであれば、なかなか話し合いもまとまらないでしょう。一方、支払う額だけに争いがある場合は、比較的話がまとまりやすいとは思います。

示談交渉で話がまとまるか否かですが、それは相手方次第となります。
中には裁判を提起しない限り支払わない、という姿勢の相手方もいます。

裁判で勝訴見込みがあることが、必ずイコール示談で回収できるということにはなりません。

2019年08月03日 17時08分

芦塚 増美
芦塚 増美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県6 医療問題に注力する弁護士
ありがとう
調停やADRに移行しても、医療過誤は、解決しないです。
民事訴訟でないと、医療過誤は、解決しないです。
実務においても、調停やADRに移行の場合は、医療機関側の対応としては、過失を認めず、患者への損害賠償金の支払をしないです。
医療過誤は、民事訴訟でないと、解決しないです。
裁判では、別の医師から私的鑑定書を取り寄せます。これには医師への費用が必要です。裁判所も訴訟提起の段階から私的鑑定書を取り寄せるように裁判所のホームページで公開しています。医療裁判は、多額な費用が必要です。
医療機関も、その事情を把握していますから、調停やADRに移行の場合でも支払わないです。

2019年08月03日 19時12分

この投稿は、2019年08月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

別居中の医療費や子どもの学費は婚姻費用とは別に請求できる?

離婚に向けて別居した場合、通常の生活費以外にも医療費や、子どもと一緒に別居した場合は学費などの出費が発生します。では、これらの費用は婚姻費用...

未熟児や難病の子どもの医療費を援助してもらえる制度と必要な手続き

生まれた子が、未熟児だったり、難病にかかったりしていた場合、入院や治療などで高額な医療費が必要になる可能性があります。そうしたとき、医療費を...

この相談に近い法律相談

  • 医療過誤の示談交渉にあたって

    お世話になります。現在、医療過誤で示談交渉をしております。相手病院の弁護士とカルテや医師の診断書などのやり取りをし、過失を認め補償をする連絡が来ました。そして最終的な入院治療費や通院などの交通費の領収書の提出や、休業損害証明書の提出を求められ提出しました。現在は補償金額を計算して連絡しますと言われ待っています。...

  • 示談交渉

    医療過誤の慰謝料について先日質問させて頂き弁護士さんに相談された方がよいとアドバイスいただき、相談はしてみようと思っております。 重ねて質問ですが、全面的病院側の過失なので、示談ですませたいと考えてます。その場合、自分で交渉して納得いかない時に弁護士さんにお願いした方がよいのか、最初から弁護士さんにお願いした方がよいので...

  • 示談交渉前に他言したら交渉すらできませんか?

    示談契約の1つとして、他言しないこと とあると思いますが、示談交渉前に既に人に話してしまった場合、交渉すらできなくなるのでしょうか?

  • 医療過誤に際し、病院から文書をもらいましたが、交渉するにはどうしたらよいでしょうか

    家族の者が病院で手術しました。 2年後、別の病院で検査したところ、 手術の際にミスがあったことがわかりました。 そこで手術をした病院に再検査してもらったところ たしかにそうであることがわかり、病院から文書をもらいました。 補填金の提示と、文書取り交わしの条件の交渉には応じないこと、 交渉成立した場合には以後...

  • 医療機関への求説明交渉

    カルテの開示や証拠保全手続による入手、カルテの翻訳・検討、医学文献の収集・検討、協力してくれる医師への相談、 医療機関への求説明交渉などを経て、   ↑ これって、何を目的として、具体的にどのように行うのでしょうか? 当該医療事故の原因分析や検証、医療機関に法的責任を問い得るケースかどうかが判断できること...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

医療問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

医療問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。