整骨院での医療過誤(首の旋回)

2週間ほど前、整骨院で、首を旋回する施術を受けたところ、
右腕に力が入らず、痺れ、痛みが発生。悪寒や気持ち悪さ、全身のだるさが発生。

本日総合病院でMRI撮影をすると、首の頸椎部に白い影(恐らく液体とのこと)があり、神経を圧迫して右手に痺れが来ていることは間違いないとのこと。

厚生労働省で首の旋回の施術は禁止項目だそうです。
この場合の損害賠償請求や、相談できる窓口を教えて頂けましたら幸いです。
また、早い段階である今のうちに、行っておくべきこと(MRI画像の保存など)があればアドバイスをください。
2018年07月07日 14時47分

みんなの回答

芦塚 増美
芦塚 増美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県5 医療問題に注力する弁護士
ありがとう
頚椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は禁止です。
通院した期間の慰謝料や休業損害は請求できます。
通達もあり、弁護士に依頼しての裁判もありますが、弁護士会の紛争解決センターもあります。中立的な専門家が話し合いを斡旋します。
画像は撮影した病院でコピーを申請すれば可能と思われます。


医業類似行為に対する取扱いについて
平成三年六月二八日
厚生省健康政策局医事課長通知
(1) 禁忌対象疾患の認識
カイロプラクティック療法の対象とすることが適当でない疾患としては、一般には腫瘍性、出血性、感染性疾患、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患等とされているが、このほか徒手調整の手技によって症状を悪化しうる頻度の高い疾患、例えば、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、側彎症、二分脊椎症、脊椎すべり症などと明確な診断がなされているものについては、カイロプラクティック療法の対象とすることは適当ではないこと。

(2) 一部の危険な手技の禁止
カイロプラクティック療法の手技には様々なものがあり、中には危険な手技が含まれているが、とりわけ頚椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること。

(3) 適切な医療受療の遅延防止
長期間あるいは頻回のカイロプラクティック療法による施術によっても症状が増悪する場合はもとより、腰痛等の症状が軽減、消失しない場合には、滞在的に器質的疾患を有している可能性があるので、施術を中止して速やかに医療機関において精査を受けること。

(4) 誇大広告の規制
カイロプラクティック療法に関して行われている誇大広告、とりわけがんの治癒等医学的有効性をうたった広告については、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律第十二条の二第二項において準用する第七条第一項又は医療法第六十九条第一項に基づく規制の対象となるものであること。

2018年07月07日 16時01分

この投稿は、2018年07月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】接骨院や整骨院の施術費用を保険会社に支払ってもらえる?

交通事故で打撲やしびれなどの症状が出た場合は、病院での治療のほかに、接骨院や整骨院を利用したいと考える人もいるでしょう。交通事故のケガを治す...

この相談に近い法律相談

  • 6年前の義父の入院費

    5年前に義父が亡くなりました。 平成21年3月12日~平成21年11月17日までの間の入院費が未払いだと病院から手紙が届きました。 前回の入金、平成21年7月3日以降、入金されていないとも記載されています。 正直、6年前の事なので、私も主人も入金したかどうかさえも覚えてません。 請求金額も46万と高額です。 時効があるみたいですが、どの様...

  • 故意に嘘の診断を下した医師の責任

    十年以上前、うつ病で通信治療を始めました。 それ以来、精神科医には、 「病気と巧く付き合っていきましょう」 「薬を飲むのをやめないで下さい」 と言われていました。 こちらは、何度も 「いつ治りますか?』 と聞いていましたが、その度に 「いつとは答えられない」 と言われていました。 そうして、十年以上、医師の言わ...

  • C型肝炎訴訟について

    50歳男性です。2歳のころ外科手術で輸血をしたと親から聞かされておりました。 会社の健康診断で肝臓の数値が高いことが分かり、再検査の結果C型肝炎と診断されました。 30歳のころと、45歳にインターフェロン治療を受け、現在は陰性になっております。 C型肝炎訴訟に参加したいのですが、カルテはもちろん、当時治療をうけた病院...

  • 薬事法違反について。

    韓国の伝統茶オミジャ茶を現地で買い付けて、販売したいと考えています。オミジャ茶の販売は、薬事法に違反しますか?又、販売にあたり、届け出等必要でしょうか?回答宜しくお願い致します。

  • 人間ドックで検査ミス?

    当時37歳の主人が、県内でも指折りの「A総合病院」で2年前人間ドックを受けました。 全て異状なしの検査結果との事でした。 そして2年後の今年、他の健康診断センターにて人間ドックを受けたところ 『 胸部エコーにて「上行大動脈瘤」が見つかりました。「早急に再検査」 』 との通知が来たので慌てて2年前と同じ「A総合病院」で...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

医療問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

医療問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。