医籍登録の欠格事由について

医籍登録の欠格事由について

医師法の4条3 罰金以上の刑に処せられた者に該当するかを確認したいと思っています。
10年ほど前に交通違反。罰金等を払い運転免許の取り消しを受けました。
その後の違反等はいっさいございません。犯罪歴は10年で消失すると聞いています。
処罰を受けた日にちや執行猶予がついていたかははっきりと覚えていないため心配で確認をしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
①欠格の対象になるのかを確認するにはどのような方法がございますか。
②本籍地に欠格事由証明を申請することで確認できますでしょうか。
③欠格事由の対象になった場合どういった手続きが必要ですか。


医師法
第4条
 次の各号のいずれかに該当する者には、免許を与えないことがある。
1.心身の障害により医師の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
2.麻薬、大麻又はあへんの中毒者
3.罰金以上の刑に処せられた者
4.前号に該当する者を除くほか、医事に関し犯罪又は不正の行為のあつた者
2017年11月19日 11時04分

みんなの回答

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6
ベストアンサー
ありがとう
 10年以上前の罰金前科は刑法34条の2の第1項後段により、5年経過していれば、欠格事由になりません。
 確認方法は、その罰金刑を扱った検察庁に、略式命令の謄本を請求することでわかります。

 本籍地の役所は犯罪人名簿を保管していますが、本人にも開示しませんし、5年以上前のものは記載されていません。
 

第三四条の二(刑の消滅)
1 禁錮以上の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せられないで十年を経過したときは、刑の言渡しは、効力を失う。罰金以下の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せられないで五年を経過したときも、同様とする。

2017年11月19日 11時35分

相談者
奥村先生
ご回答くださりありがとうございます。

私の場合は禁錮刑以上にあたるかもしれません。トラブルが有り2日間の拘留がございましたので。
①禁錮刑以上かどうかの確認は検察庁の略式命令の謄本で確認をする。
②その場合は5年ではなく10年の経過が必要で、10年未満なら厚生省への反省書の提出が必要。
③もし経過していれば、反省文の提出も不要と考えてよろしいのでしょうか。

医籍登録に遅れてしまいますと患者さんに十分な処置が出来なくなってしまいますので心配です。
禁固刑以上かどうかがはっきりしないので一度略式命令の抄本の手続きを問い合わせてみます。
個人でもできればいいですが、、、

2017年11月19日 12時33分

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6
ありがとう
> 禁固刑以上
の前科というのは、裁判所の法廷で裁判を受けて判決を受けていることになりますが、それも覚えてませんか?
 刑務所に入った記憶がないのであれば、執行猶予付きの刑だったということになりますがその前科は、執行猶予期間終了で消えることになりますので、医籍登録の欠格には該当しないことになります。

 あやふやな記憶に基づいて、あれこれ回答を受けても混乱するだけですので、前科の有無・時期を確認してから、もよりの弁護士に相談された方がいいと思います。



 

2017年11月19日 12時47分

相談者
奥村先生
ご回答ありがとうございます。
前科の有無と時期を確認して、弁護士に相談させていただきたいと思います。

2017年11月19日 13時00分

この投稿は、2017年11月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 「罰金以上の刑に処せられた者」は医師免許を与えられない可能性がある?どうやって調べるのか?

     医師法によれば、「罰金以上の刑に処せられた者」は医師免許を与えられない可能性があるようなのですが、そのような刑に処せられた事実を医師免許の発行主体(厚生労働省?)はどのように調べるのでしょう?  検察や裁判所に照会をかけ、答えさせるような権限があるのでしょうか? 医師法 第四条  次の各号のいずれかに該当する...

  • 健康食品等の誇大広告、軽犯罪法違反で摘発することは可能?

     健康食品等の誇大広告を、景品表示法違反ではなく、軽犯罪法違反で摘発することは可能なのでしょうか? 軽犯罪法 第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。 三十四  公衆に対して物を販売し、若しくは頒布し、又は役務を提供するにあたり、人を欺き、又は誤解させるような事実を挙げて広告をした者

  • 刑法第134条の秘密漏示罪、1項と2項に分ける必要とは?

    刑法第134条の秘密漏示罪を1項と2項に分ける必要性はあったのでしょうか? どちらの項にも該当する職が限定列挙されていますが、下記のように【】内に2項目の内容を入れてしまえば1項だけで全て説明できるように思うのですが、いかがでしょう? 改めたもの (秘密漏示) 第百三十四条  医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、...

  • 前科がある場合、医師免許は取得できないのでしょうか?

    つい先日、愚かなことに盗撮の現行犯で捕まり、迷惑行為防止条例違反として現在取調べを受けています。まだ刑は確定していませんが、おそらく罰金刑を受けるものと思われます。 私は現在医学部の学生で、今後国家試験を受験する予定です。 そこでお聞きしたいのですが、医師法によると、医師免許交付の相対的欠格事由に、罰金刑以上の...

  • 刑法第11条を改正せずに特別刑法で絞首刑以外の死刑を設けることはできる?

    刑法第11条を改正せずに、特別刑法で絞首刑以外の死刑を新たに設けることは制度上可能なのでしょうか? (死刑) 第十一条  死刑は、刑事施設内において、絞首して執行する。 2  死刑の言渡しを受けた者は、その執行に至るまで刑事施設に拘置する。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

医療問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

医療問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。