神経内科専門医である医師が専門医ではなく治療を行っていました。

公開日: 相談日:2016年09月15日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

父がリハビリ専門病院に入院してリハビリを行っています。

主治医は日本神経学会認定 神経内科専門医の資格があると病院の入口にも標榜しており、病院のwebにも記載がありました。

治療過程の説明や家族の意思を無視した対応が続き、容体悪化が酷く、医師の対応を不審に思い調べたら、神経内科専門医の資格を持っていない事が判明しました。その後、主治医を変更して精密検査を行ったところ容体悪化の原因が判明しましたが、手遅れで数カ月後に亡くなりました。

資格がないにも関わらず、虚偽の説明等をした場合、病院及び医師に法的責任は何もないのでしょうか。

1.専門医の資格があると虚偽の表示を行っていた。
 準委任契約において重大なる契約違反に該当しますでしょうか?
2.この場合、医師本人及び病院は刑法及び民法で追求できるのでしょうか。

普通に考えて詐欺に該当すると思うのですが、弁護士の先生の見解を教えて頂けないでしょうか。

485681さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1.専門医の資格があると虚偽の表示を行っていた。準委任契約において重大なる契約違反に該当しますでしょうか?

    重大なる契約違反となり得ると思いますが、お父様の容体が悪化したりしたことの責任追及のためには、専門医であるとの虚偽の表示を行なったことを主張するだけでは足りず、実際の治療が不適切だったことを主張立証する必要があります。

    2.この場合、医師本人及び病院は刑法及び民法で追求できるのでしょうか。

    医師でない者が医業をしたり、医師と紛らわしい名称を用いれば、罰則の対象となりますが、医師が専門医の資格を偽って医療行為をしただけでは、罰則の対象とはならず、また、実際に不適切な治療をして、損害を蒙らせたことの立証ができないと、民事上の損害賠償責任の追及も難しいと思います。

この投稿は、2016年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す