アフターケアを考慮しないインプラント治療の歯科医師に慰謝料請求が可能でしょうか?

今から7ヶ月前にインプラント治療をしました。
仕事の都合で、治療の1ヶ月後(今から6ヶ月前)に日本から海外へ引越しました。
最近になり歯肉に腫れ物が見つかり痛みがあるので、海外の歯科で検査をしたところ、医師からは以下のように告げられました。
--------
インプラントを入れた歯がぐらぐらしていて、そこにばい菌がたまり歯茎が腫れて痛んでいる。それを改善させる唯一の方法は、extractionという方法で、インプラントを外し、中にたまったばい菌を出し、ネジを入れなおし、インプラントをかぶせ直さないといけない。7ヶ月前に治療したはずのインプラントの歯が、Failure(失敗)だった。
--------

すぐに、7ヶ月前に治療した日本の歯科医師に連絡をとりました。担当医師からは「患者が医院に来てもらわない限り対処できかねない」とだけいわれ、自身の医療行為におけるミスを認めません。補足で「強いてあげるなら、消毒期間を通常なら最低でも1週間から2週間取り経過を見ながら治療を終了させるところ、出国に合わせてタイトなスケジュールで行ったことくらいでしょうか。」とだけいわれました。
納得がいかないので、医院の事務長様と相談しました。事務長様からは、「ばい菌の消失にはかなりの期間を要します。歯の根の治療の専門家が集まる学会(日本歯内療法学会といいます)でもこの感染根管治療における再発率(失敗率)は50-60%と発表されているようです。言い方を変えると成功率は40-50%ともいえます」といわれました。

納得できないのは、治療当時に患者が1ヶ月後に海外に引越すとわかっていながら「1回の治療で終わる」と患者に話をしてアフターケアのことを考慮せずに、また説明もせずに(成功率5割り以下の)治療に踏み切った担当医師の判断です。この医師の判断は、患者が治療後に抱えるリスクのことを考えているとは思えません。

患者は、7ヶ月前の失敗治療に約16万円を費やし、さらに失敗の補正の為に海外の歯科で約40万円の出費が予測されています。

患者は7ヶ月前は、海外引越しと仕事の環境変化の影響のストレスの中で治療をして、それに加えてこの診察結果を受け、現在精神的なダメージを受けています。

##質問##
7ヶ月前の失敗治療を行った医師に対して、慰謝料請求は可能なものがご意見を教授ねがいます。
2015年07月10日 18時06分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府3
ありがとう
確かに、ヒドイ扱いですね、
費用だけ取るためだけの治療のように感じてしまいます

説明義務違反で損害賠償請求も検討できうるものと。

2015年07月10日 23時01分

この投稿は、2015年07月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 交通事故のむちうちでの後遺症害認定について

    現在 脛椎捻挫 右手首捻挫 腰部捻挫 で8ヶ月間整形外科と整形外科の医師に許可をとり整骨院に通院していますが今月で症状固定になります。 整形外科は週に1~3回それ以外の日は整骨院にほぼ毎日通院しています。 通院している整形外科にはリハビリ施設がウォーターベッドのリハビリマシンしかなく受診をしたときには医師にそちらを使...

  • 5年前の交通事故による治療費の再度請求について 

    5年前交通事故(10:0)で被害にあい左膝半月板を痛めました。(亀裂があるといわれました)10ヶ月治療で終了 医師から100%治る事がないと言われました。 その後も痛みや腫れが出る事もありましたが、自費で整骨院に通い緩和ケアをしてきましたが 今回症状がひどくなり病医院に通い検査を(MRI)で半月板断裂と言われました。腫...

  • H20.8.27に仕事中、第三者行為にて怪我をしました。

    自分は作業枠の中でしゃがんで作業していました。搬入業者のドライバーが引いていた木造パレットに荷物を載せたハンドリフトが、左足膝に当たり、当初打撲傷でしたが、半年後crps左足膝下肢複合性局所疼痛症候群ジストロフィーと診断を受け、現在脊髄電気刺激埋め込み術の療法入院治療中ですが、今後の事が定まらないまま、今月31日に退...

  • 医療ミス&医療従事者の守秘義務違反

    アスピリン喘息です。昨年10月喘息発作で受診を繰り返し、重篤化、11月入院治療(親族に不幸が有った為完治前に退院)その後も発作が続き再度入院。この時前から予約してあった呼吸器内科医の診察を受けました。そこで、アスピリン喘息には、良くないステロイドが使われていたのが分かりました。その時点では、今後もこちらで治療を続けて...

  • 医療ミス

    地元の歯科医で今年の1月に歯の神経を抜いたのですが、その歯科医で治療中にリーマー(ファイル)という治療器具が折れたらしく、その折れた治療器具が未だにささったままです。 ところがその歯科医では、ずっとそれが原因で痛みが続いていたにもかかわらず、レントゲンもとらずに「日にちが経てば痛みはおさまる」といい続けながら何ヶ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

医療問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

医療問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。