歯科医師の医療過誤について・・

歯科医師過剰問題から歯科医師のモラルを疑う事件が多発しており歯科医師の医療過誤は常習者が多いのも現実問題です。

特に歯科医師には保険請求の偽装請求が多いのが現実でありコンビニの店舗数より多いようです。

弁護士ドットコムトピックスコラム6月5日に記載してありますが歯科医療電子カルテのデジタル化に消費者は賛成意見が多いのです。

ところが大阪歯科医師会にあっては反対派となっております。

この大阪歯科医師会の多くが大阪歯科大学が入会者に多く私たち消費者にとって(特に大阪)不利な点が多いです。

歯科医療電子カルテデジタル化に併い患者側の負担額も減ると思います。

一旦撮影したレントゲンを再び撮影する必要がなくなります。患者側がレントゲンの元を見て、此処を治療して欲しいと伝えれば済みます。

歯科医師はカルテを書いているのか?と何時も疑問に思います。

コンビニの店舗数より多いとするならコンビニより便利にしてほしいものです

コンビニ→日本語で便利の意ですが、歯科医師過剰問題となっているからこそ便利(コンビニ)にしてほしいものです

大阪歯科医師会の反対派は大阪歯科医師会の月刊誌に数多く記載が多いです。(大阪歯科医師会の月刊誌は大阪大学歯学部の歯科医師が見せてくれました)

大阪歯科医師会の多くが大阪歯科大学出身のために賛成多数決を挙手した場合に大阪歯科大学の意見がまかり通っている様子です

そこで質問です

歯科医療電子カルテデジタル化を大阪歯科医師会の意見ではなく患者側の意見が推奨され歯科医師治療の合理化を勧める良い方法は、ないでしょうか?






一要・弁護士資格所持者の方のみに解答願いますー
2013年06月11日 22時32分

みんなの回答

相談者
保険請求の偽装請求の予防策としてレシート発行を最近してますが、大阪歯科医師会は人件費がかかると反発してます。

2013年06月11日 22時35分

相談者
大阪歯科医師会の多くが大阪歯科大学出身者の根拠は、大阪歯科医師会の月刊誌と大阪大学歯学部附属病院から判定してます。

2013年06月11日 22時39分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
患者側の意見が推奨され

それで世論が動けば,可能性はあるのではないでしょうか。
一般的なコメントで恐縮です。

2013年06月12日 05時13分

相談者
おはようございます。
弁護士A様ありがとうございます。
私の行っている歯科医師は受付でデジタル化に反対の署名運動をしてます。
レントゲン写真を患者が所持し、若しくは、暗証番号で本人のものが見れればレントゲンの機械が歯科からなくなります。
カルテのデジタル化に併い患者側に理解し合っての治療法が選択されます。
患者のためにも、大阪歯科医師会に、ご理解願いたいです。

2013年06月12日 06時42分

この投稿は、2013年06月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 歯科医師過剰問題による歯科医師による医療過誤について・・

    歯科医師過剰問題を叫ばれて、かれこれ10年が経過しています。 歯科医師の場合は、ドクターハラスメントが最も多く、ギネスブックに患者数世界一の病となっている歯周病を治療すると言い、あの手、この手です。 内科の医師の投薬ミスは途中食い止めれますが、歯科医師の場合は、一旦歯を削った場合は修正不可能です。 今月から...

  • 歯科医師過剰問題で歯科医療過誤が右肩上がりと聞きますが・・・

    一台数億円するレントゲン機械、ワンセット数千万円の患者の歯を削る機械、テナント代金、広告費、歯科衛生士人件費、歯科医師の経営上に大問題がありふれています。 ここ最近では駅、地下鉄等に歯科医師の広告が非常に多いです。 私の先日行った歯科医師から手紙が届き再び来る旨の内容の葉書が届きました。 特に歯科医師過剰問題に...

  • 歯科医療ミスの証明について

    A歯科で医療ミスがあり、他院B歯科でそれが発覚した場合、更に他の医院C歯科でのセカンドオピニオンを受け、医療ミスの証明をした方が良いのでしょうか。 その場合、東京であればどのような機関、 またはドコの病院だと視て診断書を出してもらえますか? あとA歯科が大手だと、B医院は診断書を出すのを嫌がりました。他院とトラ...

  • 無資格者の医療行為について

    最近入職したクリニックでは、 ①医療脱毛やピーリングやイオン導入を無資格の人達が施術してますが、これは違法ですか? ②医師不在日には、医療コーディネーターという人が診察をしたり、レーザー照射してますがこれは大丈夫なんですか? ③医師不在日に、カルテには予め医師のサインがあり、看護師が医療行為をする事は、『...

  • 医療過誤による医療裁判

    私は遅発性ジストニアという精神科の薬の副作用でなった神経難病です。 口にきており、食べにくい喋りにくい、不随意運動がありマスクなしでは外出できません。 当時の精神科医が寝れないときに薬を14錠もだし一気に半分に減らした事で発病しました。 医師の医療過誤です。 ジストニアは希少難病で専門医が少なく遠方に3ヶ月に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

医療問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

医療問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。