残ってしまった顔の傷について相手に慰謝料請求するのは可能でしょうか、

公開日: 相談日:2021年04月01日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
今お付き合いしている相手に
2020年6月に7cmと5cm(2本)

2020年9月 3cm程(病院には行ってません)
傷跡は消えています。

2020年10月 5cm
2021年2月頃に3~4cm程の引っかき傷を
顔(頬)に付けられ、病院に行きましたが傷跡は
治らないと言われました。
相手と寝ている時に引っかかれ、
お酒を飲んで酔っていてその際に引っかかれました。

相手から別れたいと言われ、
慰謝料治療費は払うと前々から言われていましたが、
改めて話し合いをすると
時効だから払う義務はない
と言われました
わざとした訳では無いと思いますが一生この傷と
生活するのは辛いです。人と会うのも怖くて引きこもりがちになってしまいました。

【質問1】
顔の傷について。時効などあるのでしょうか
もう治療費慰謝料を請求することは出来ないのでしょうか。

1013471さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのことと存じます。
    法的には、損害および加害者を知った時から3年間の経過により、慰謝料の請求権は時効により消滅します。

    現状では治療費を請求することはできる状態だと思います。
    ただ、相手がこれを支払わないのであれば、最終的には訴訟など法的手続によって回収をはかるほかありません。

    訴訟などの法的手続きにおいて、(1)相手方があなたの顔に故意または過失により傷をつけたこと、(2)現在残っている顔の傷がその時にできたものであること、を認めない場合は、あなたにおいてこれらの点を証明する必要があります。証明できなければ、裁判で慰謝料の支払いを認めてもらうことはできません。

    これらの点を認める内容の相手方のメールや、音声の録音などがあれば証拠になり得ると思います。法的な措置をとることを志向されるのであれば、早い段階で実際に弁護士に相談されることをお勧めいたします。

    早期に弁護士に相談することで、有効な証拠集めができる可能性が高まり、訴訟において有利となる可能性が高まるためです。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから