弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

債権回収

仮差押

読み方:かりさしおさえ

仮差押とは、債務者が財産を処分することによって金銭債権の強制執行ができなくなるおそれがあるとき又は強制執行が著しく困難となるおそれがある場合に、金銭債権の保全のため、執行目的の債務者の財産のうち債権額相当の財産を選択し、その財産の処分を禁止することにより、強制執行を確保するための手段を意味する。民事保全法で定められている。債権者が訴訟において確定判決を得て強制執行をするまでの間に、債務者によって財産が隠匿されることを防ぎ、強制執行の実効性を確保するために設けられた。

仮差押の要件としては、①「金銭支払いを目的とする請求権の存在(被保全債権の存在)」、②「強制執行をすることとができなくなるおそれ又は強制執行をするのに著しい困難を生ずるおそれがあること(保全の必要性)」となる(民事保全法20条1項)。

仮差押命令は債権特定の物について発せられ、仮差押が執行されると、目的物の処分禁止の効力が生じ、これに違反する債務者の行為は債権者に対抗できなくなる。すなわち、処分自体は処分相手には有効であるものの、その処分を債権者に対して主張できず債権者との関係では処分が無効となるという効果が生じる。

仮差押命令に対して、債務者は保全異議の申立てを裁判所に対してすることにより争うことができる(民事訴訟法26条)。

<仮差押に関連する用語>
供託、債権仮差押命令申立書、差押、本執行、保証金

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収を扱う弁護士を探す

法律用語検索

法律用語の検索ランキング

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...