破産した会社からの債権回収について。(海外在住です)

コンサルティング契約をしていた合同会社が破産手続きを進めており、先日、先方の担当弁護士から受任通知を受け取りました。当方は、海外在住の個人コンサルタントで、個人として、先方とコンサル契約を結んでおりました。債権額は数十万円です。先方は、個人資産はあるようですが、会社としての資産は全くないようです。

1. 日本国内の破産手続きは、海外でも有効ですか?
2. 債権回収のために何かできることはありますか?あるいは、このような場合、ただ諦めるしかないのでしょうか?

2019年01月18日 07時10分

みんなの回答

辻 真也
辻 真也 弁護士
債権回収に注力する弁護士
ありがとう
お困りのことと思います。

>1. 日本国内の破産手続きは、海外でも有効ですか?
→破産手続き上、「債権者」として取り扱われる限りで有効です。
ご相談のケースでは、受任通知が届いたとのことですので、破産申立書にも「債権者」として記載されることになり、ご相談者が海外に在住していたとしても有効です。

>2. 債権回収のために何かできることはありますか?あるいは、このような場合、ただ諦めるしかないのでしょうか?
→大変残念ながら、破産手続きを取られた場合、手続き上の「配当」がある場合を除き、諦める他ないのは実情です。

ご参考になれば幸いです。

2019年01月31日 16時30分

この投稿は、2019年01月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】勤務先が倒産しそうな場合に未払いの給料を回収する方法

勤務先の会社の経営が悪化して倒産しそうな場合に、未払いとなっている給料を回収するにはどうすればよいのでしょうか。実際に倒産してしまった場合は...

この相談に近い法律相談

  • 会社倒産の債権回収について

    取引先の親会社が倒産し、それに伴い取引先も連鎖倒産しました。 代理人の弁護士に内容を聞いたところ、破産する裁判費用もなく、しばらくは何も出来ない状態ですとの事でした。倒産する1週間前に口座から現金を引出した証言を元社員より聞き出し、再度代理人の弁護士にその旨を話し、債権者へ分配もしくは、裁判費用に充てるようお願...

  • 倒産した会社からの債権回収方法

    取引先の会社が倒産してしまい、倒産した会社には約700万円の売掛金が残ってしまいました。倒産する寸前に取引先会社の専務からの提案で、急きょ外注費ではなく、身内の人間を雇用したという事にして給与所得で残っている売掛金を支払ってもらう事にしました。私や姉、妻や妻の友達の名前を借りて給与所得として売掛金を300万円ほど回収...

  • 自己破産したのに債権回収会社から手紙がきた

    記憶が曖昧なんですが約、8年〜10年に自己破産をして免責が降りたのですが先日中央債権回収会社から手紙がきたそうです。その当時の住まいには私は住んでおらず息子が開封した後私に連絡がありました。しんきん保証基金から委託されたとの事。金額が載っている下に、ただし平成16年7月9日付となっています。自己破産をしたのに何故今頃...

  • 倒産可能性の高い企業への債権回収について

    取引先(売掛先)の企業が、倒産するか否かの瀬戸際にあります。 但し、同社(取引先)は会計基準が歪で、当社の売掛金(同社にとってみれば買掛金)の一部が、簿外債務となっています。 同社が倒産した際、債権者集会の通知は来るのでしょうか? また、債権者集会の通知等も来ない可能性が有れば、「負債として計上しろ」と言った方...

  • 取引先倒産による債権回収について

    不動産会社を運営しています。昨年2月に1年間の契約期間でウェブ広告掲出契約を締結しました。相手方は株式会社ビルドネット(渋谷区道玄坂2丁目 代表者 田口和宏)という会社です。約70万円を銀行振込で支払いました。契約には「返金保証」が付いており、1年間の成果が契約時に定めた数値に達しない場合、その成果に応じて返金すると...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。