民事訴訟で相手に情報を開示させる方法

 民事事件の被告になりました。目的は金銭債権数百万円で、原告は大きな組織です。訴訟前の直接の交渉歴等のデータを原告が持っており、これを全て開示させたいのです。そのためには、民事訴訟法または慣習上、どのような方法がありますでしょうか。

 現時点では、強制力を伴わない簡易な方法で、原告または裁判所に求めたいと思っています。

 ご回答よろしくお願いします。
b4_5fc0さん
2017年03月20日 22時26分

みんなの回答

湯本 良明
湯本 良明 弁護士
弁護士が同意2
ありがとう
まず、原告に文書を出すよう裁判上で文書送付嘱託を申し立てます。それでも出さない場合は、文書提出命令の申し立てをします。要件を満たす文書であると判断されれば、文書提出命令が出されます。
参考にしてみてください。

2017年03月20日 22時41分

b4_5fc0 さん (質問者)
今回、第三者でなく原告への文書提出を求めたいのですが、準備書面における求釈明や当事者照会は、適しませんでしょうか。

2017年03月20日 23時07分

湯本 良明
湯本 良明 弁護士
ありがとう
原告に求める場合であっても文書送付嘱託や文書提出命令の申し立ては可能です。求釈明などよりもこれらの手続を利用した方が裁判所主導で行われるため、効果的かと思います。

2017年03月21日 00時22分

b4_5fc0 さん (質問者)
 湯本、お返事ありがとうございます。

 さて、本件を横浜地裁の書記官に尋ねたところ、当事者間について文書送付嘱託を使わずに文書提出命令を使うのが通常と言われました。強制力がなくても相手方は書類を出してくると思います。また、それが出されないと紛争解決が進まないような書類です。

 書記官に助言に従って、送付嘱託ではなく、提出命令の申し立てを使った方が良いでしょうか。相手が当事者の場合、これらの違いは何でしょうか。提出命令の場合、審理に時間を要するでしょうか。

2017年03月21日 21時46分

湯本 良明
湯本 良明 弁護士
ありがとう
たしかに送付嘱託には強制力はないので、文書提出命令の要件を満たす文書なのであれば、初めから文書提出命令の申し立てを行った方がいいかもしれません。
文書提出命令の審理に要する時間については、文書の種類や性質によるとしか申し上げられません。

2017年03月22日 00時15分

この投稿は、2017年03月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 刑事訴訟での跳躍上告について

    刑事訴訟で跳躍上告をする状況とはどのようなものですか? 判例 http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~suga/hanrei/93-3.html

  • 少額訴訟からの控訴(上告?)

    現在、少額訴訟で怪我させられた事への損害賠償請求を司法書士さんと行っています。 相手方の虚言が酷く、それが嘘である事が 裁判所も解っているようです。相手方の準備書面 は、被告と原告を3回も混同した杜撰な物です。 しかし、私の怪我の立証が弱いので敗訴も あり得るそうです。 そんな判決が出たら、到底納得出来ないので ...

  • 民事訴訟の自白からの刑事訴訟について

    民事訴訟で自白した内容に明らかな犯罪が含まれていれば、自動的に刑事訴訟に持ち込めますか?

  • 刑事告訴の訴状に棄却された民事訴訟での相手方の答弁書を証拠として使いたい

    刑事告訴の訴状に,過去の,棄却された民事訴訟で得た相手方の答弁書を証拠資料として使うことは違法でしょうか。 違法でない場合,同答弁書のある民事事件の事件番号等も附すべきでしょうか。 なお,同相手方は,現在準備中の刑事事案の被告訴人です。 また,警察や検察に,民事敗訴のリベンジの刑事告訴と見做されるのは不利なの...

  • 小額訴訟から通常の民事訴訟へ

    退職金未払いの件で、小額訴訟を起こしました。後日、相手方の代理人の弁護士名で答弁書が裁判所に届き、通常の民事訴訟に移行することになりました。 そこで、以下に質問です。よろしくご教示の程お願い致します。 1.小額訴訟から通常の民事訴訟に移行させた相手方の考えられる意図はなんでしょうか? 2.小額訴訟から通常民事...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

債権回収のニュース

  1. 滞納されたNHK受信料「5年で時効」 最高裁判...

活躍中の弁護士ランキング

債権回収の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。